当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【マーケティング心理学】「買ってほしい」という言葉の効果的な活用法について

商品を購入してくださいと言っても購入してくれない理由について

今回は商品を買ってもらうための心理学的アプローチについてお話ししたいと思います。

商品を買ってほしいと思っている方が、単刀直入に「買ってください」と言っても、なかなか購入してくれない、という状況についてです。

マーケティングにおいて、このテーマは非常に重要な部分の一つです。

皆様も「最近、この話を聞かないな」と感じているかもしれませんが、これは非常に重要な話題なのです。

結論から申し上げますと、「買ってください」と強要するのは逆効果なのです。

つまり、押し売りのようなスタイルで商品を紹介しても、購入してくれるお客様はあまりいらっしゃいません。

なぜなら、信頼関係がまだ構築されていないからです。

例えば、電気量販店に足を運んだ際、店員から突然「すみませんが、エアコンを買ってください」と言われても、普通は購入することはありませんよね?というのは、「エアコンを欲しいと思っていないからです。

もし、自らがカメラ購入を検討している時に、店員が親切に接してくると、また少し違います。

例えば、「カメラを探しているんですか?」と声をかけられると、話を聞く意欲も湧いてきます。

しかし、そのまま店員から「このカメラがおすすめです」と押し付けられても、なかなか即決で購入することは難しいですよね。

これは、お客様がその商品や店員に対して信頼を築いていない場合によく見られる反応です。

つまり、信頼関係の構築や情報不足が、商品を購入しない理由に繋がるのです。

 

相手の心を掴むために大切なこと

マーケティングは、商品を売ることだけではなく、相手の心を理解して信頼を築くことも重要な要素です。

例えば、相手がなぜカメラを買おうとしているのか、その背景や欲求を知ることが重要です。

商品の営業はさておき、まずはお客様の立場に立って話を聞き、共感することが大切です。

おばあちゃんの例を挙げると、彼女が散歩が嫌いな理由や、家族との関係がうまくいっていない理由を知ることで、彼女の潜在的な欲求や悩みを理解することができます。

そしてその欲求に寄り添い、解決策を提案することで、お客様の心をつかむことができます。

商品を売るためには、まずは相手の心を掴むことが重要なのです。

 

第三者効果説とは?

ちょっと違う視点から、同じことを伝えると相手にとってより信憑性が高くなる現象を指す心理学用語です。

具体的には、自分よりも他人の評価や言葉の方が、相手にとってはより説得力があるというアイディアです。

この効果を使って、自分の意見や提案を効果的に伝えることができます。

例えば、健康を気にかけているおばあちゃんに散歩の良さを伝える際に、他の人の成功体験や声を取り入れることで、おばあちゃんの心により深く響く可能性があります。

ウィンザー効果と呼ばれるこの心理学現象は、商品の口コミや人間関係においても応用されています。

他者の視点からの肯定的な評価や言葉は、自己評価や自己肯定感に影響を与えることが知られています。

そのため、おばあちゃんが自分を含めた他の人から、散歩の効果を聞くことで、より前向きな気持ちや行動へと導かれる可能性があるのです。

 

感情を大切に!感情に訴えかけるマーケティング技術の一例

言葉のパワーを使って、おばあちゃんに良い未来をイメージさせたとのことです。

数々のマーケティング手法の中で、感情を重視し、相手の心に響くよう工夫するのがFABテクニックです。

今回の事例でも、商品の機能や性能よりも、具体的なシチュエーションに置き換えて語ることで、相手の感情に訴えかけました。

カメラの性能やピクセル数、ISO感度などの技術的な面よりも、「結婚式での美しい写真」「走る子どもの姿を鮮やかに」「思い出に残る写真」など、日常生活に密着した語り方が効果的なのです。

マーケティングでは、「人は感情で決定し、論理で補強する」という理論があります。

ですから、商品やサービスを提供する際には、まずは相手の感情を揺さぶることが必要とされています。

おばあちゃんに対しては、「散歩をすることで素晴らしい未来が待っている」「家族との関係が良好になる」という期待感を与えることで、実際に散歩を始め、良好な関係を築いたという成果が得られました。

感情を呼び起こし、心を動かすことで、人は行動を起こすというのが、このマーケティングの一効果なのです。

 

マーケティングの力を活かして人を説得する

本当にこの仕事をやってて良かったな、マーケティングを覚えてマジで良かったなと感じました。

なぜなら、マーケティングには人の心を動かす力があり、それが求められているということがわかったからです。

自分の行動や言葉でたくさんの人を幸せにできる可能性があることを知るだけでも本当に嬉しいですし、その力を日常生活で活かし、相手から喜びの声を聞けたこともとても嬉しい経験でした。

今まで学んできた知識やスキルを他の人々と共有し、広めていきたいという想いが強くなりました。

そのためにも、今回この話をさせていただくことにしました。

マーケティングを活用する際には、「買って」と言っても相手が本当に購入してくれる保証はありません。

相手の心に響く言葉やアプローチで情報を提供し、異なる視点から伝えることが重要です。

需要のリサーチやウィンザー効果、FABテクニックなどの手法を使うことがポイントです。

この手法は広範囲に応用可能であり、例えば家族が「海外に行きたくない」と言った場合でも、需要のリサーチやウィンザー効果、FABテクニックを駆使することで、その選択肢を検討してくれる可能性が高まります。

感情的なアプローチから始め、最終的に論理的な説明を加えることで相手を説得することが重要です。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP