【アクセス解析】ブログにおける効果的な活用法とポイント

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【アクセス解析】ブログにおける効果的な活用法とポイント

ブログ運営者に向けたアクセス解析の重要性と具体的な活用法

ブログを運営する上で欠かせない「アクセス解析」について、効果的な活用法やポイントを丁寧に解説します。

ブログを書く人の中には、そもそも何かの情報商材などでブログを始める方も多いでしょう。

そのため、情報商材には必ずと言っていいほどアクセス解析の導入が推奨されています。

しかし、導入はしていても、その解析結果を具体的に活用している人は実際にはかなりの少数派だと考えられます。

なぜなら、アクセス解析の結果を適切に分析していれば、そのブログは成功を収める可能性が高いからです。

しかし、現実には、ブログを書くアフィリエイターのほぼ9割が成果を出せずに苦しんでいると言われています。

言い換えれば、アクセス解析の結果を活用していないことが、ブログ運営の成果につながらない主な要因といえるでしょう。

 

効果的な方法でアクセス解析を行うためのポイント

アクセス解析を行う際には、毎日または定期的にウェブサイトのアクセス数を確認し、その推移を把握することが重要です。

ただアクセス数だけを追うのではなく、訪問者がどのような経路でアクセスしてきたのか、検索エンジンからのアクセスがどれくらいか、どのようなキーワードでアクセスがあったのかなどもチェックする必要があります。

これらの情報を見て「参考」にすることが一般的なアクセス解析の方法だと言えます。

ただし、単純に現状を把握するだけでは、大きな変化をもたらすことは難しいでしょう。

アクセス解析にはもっと効果的な使い方があります。

何よりも重要なのは、ウェブサイトの主な目的となるページへの誘導数や誘導率を把握することです。

特に、読者リストの収集(オプトイン)をウェブサイトの主な目的としている場合は、そのオプトインページへの誘導数を重点的に把握する必要があります。

全体のアクセス数に対して、主要ページへの誘導数や誘導率を計測し、それが適切な範囲内にあるかどうかを確認することが重要です。

一般的に、全体のアクセス数に対して約20~30%の誘導率が目安とされています。

例えば、1日に100人の訪問があるサイトでは、20~30人が主要ページに誘導されることが理想的です。

このように、アクセス解析を通じて、ウェブサイトの目標達成に有効な方向に進むためには、主要ページへの誘導数や誘導率を重点的に分析し、適切な改善策を講じることが肝要です。

 

SEO対策の視点から考える、低い誘導率の可能性とその解決策

誘導率が低い場合、以下のような可能性が考えられます。

1.ブログ内の導線が悪いため、読者が次の記事に進みにくい

2.アクセスの入口となる記事が魅力に欠ける

3.見込み客を呼び込む戦略が不十分

 

具体的な改善方法として考えられること

「1」は、根本的な誘導の仕組みが不十分なケースです。

次に読ませたい記事への導線や、目的のページへの誘導方法がきちんと設定されているかを確認しましょう。

誘導がうまくいっていない場合、改善が必要です。

「2」の場合、訪問者が最初の記事を読み終えた後に、他の記事を読む意欲を持ってもらう必要があります。

記事の質や内容を向上させ、訪問者が興味を持って他の記事を読みたいと思うようにすることが重要です。

「3」の場合、検索エンジンからのアクセスを例にとると、どういったキーワード検索でアクセスが来ているかを分析することで、客層を把握できます。

意図しないキーワードでアクセスが来ている場合は、キーワード戦略の見直しが必要です。

 

アクセス数とオプトイン率を考える

また、アクセス数と並行して、オプトイン率も重要です。

具体的には、オプトインページのアクセス数に対して、読者登録(オプトイン)をしてもらえる比率を計測します。

通常は5〜10%が目安とされます。

無料オファーであるため、この数字を維持したいところです。

オプトイン率が著しく低い場合は、原因が明確であり、改善が必要です。

 

効果的なオプトインページの作り方について

オプトインページが魅力的でないということは、そのページの質を改善する必要があります。

一般的に、全体のアクセス数に対して20〜30%のページ誘導率と、その中から5〜10%程度のオプトイン率を目指す場合、ブログ全体のアクセス数に対するオプトイン率が1〜3%程度であっても、それほど悪い数字ではありません。

特に、無料メールマガジンへのオプトイン率としては、検索エンジンなどからのアクセスだけを対象とする場合、この程度の数字が一般的です。

実際に、毎日200〜300のアクセスを集めると、毎日2〜10人の読者を獲得できる計算になります。

1ヶ月で60〜300人の読者数になりますので、1リストあたりの平均客単価が約5000円のメルマガであれば、この段階で毎月30〜150万円を生み出すことができます。

ここで言及した数字はあくまでも「目安」ですが、アクセス解析の結果をどう活用するかについて、具体的な方法をお伝えできたと思います。

ブログであっても、サイトであっても、そのメディアには何らかの「目的」があるはずですので、その目的に基づいた解析を行うべきです。

例えば、オプトイン(読者登録)を目的とするブログであれば、まずオプトインページへの誘導数や誘導率を解析することで、改善すべき点や向上すべき点が見えてきます。

アクセスを集めているキーワードが問題なのか、最初の記事が問題なのか、それともオプトインページが問題なのか。

これらの弱点を補うことで、数字は改善されていきます。

大切なのは、それらを着実に積み重ねていくことです。

 

データだけでなく、その先にある意味を見逃さないようにしましょう

毎日のアクセス数のデータをただ見るだけでは、具体的な行動や改善につながる情報は得られません。

データを取得した後は、その背後に潜む意味や示唆に注目し、具体的なアクションにつなげていくことが重要です。

データをただ見るだけでなく、その背景や文脈を読み取り、意味を把握することでより効果的な判断や戦略が立てられます。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP