【伝え方のポイント】アドルフ・ヒトラーに学ぶ動画マーケティングとコピーライティング

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【伝え方のポイント】アドルフ・ヒトラーに学ぶ動画マーケティングとコピーライティング

洗脳演説における激しいジェスチャーと視覚への訴えかけ

現在の情報業界での動画マーケティングにも、洗脳演説の手法と共通する点が多く見られます。

これらはナチスやヒトラーの演説に見られるポイントに基づいています。

まず、激しいジェスチャーや動きを取り入れて、視覚に訴えかけることが重要です。

なぜなら、ジェスチャーは演説者のモチベーションや熱意を表現し、聴衆に臨場感を与えるからです。

身体を動かすことで演説の質や印象が大きく異なり、演説者の熱意やモチベーションが伝わりやすくなります。

その結果、言動や表情などが強調され、聴衆にも同様の感情が伝わるのです。

 

ジェスチャーを活用した演説と心理学的な効果

ジェスチャーを使って演説を行うことが有効な理由の一つは、心理学的にも説明できます。

同じことを何度も繰り返すことで、その主張を聴衆の「意識」に深く刻み込む効果があります。

これはコピーライティングや演説などにおいても効果的な手法です。

同じ主張を繰り返すことには以下のような意義があります。

・主張への理解を深めやすくなる

・繰り返し主張を聞くことで潜在的にその主張を受け入れやすくなる

したがって、演説で自分の主張を理解してもらうためには、繰り返して確実に理解させることが必要です。

同じ主張を何度も繰り返すことで、行動心理学の「単純接触効果」が働き、主張を受け入れやすくなる効果も期待できます。

これはコピーライティングやDM、メール教育などでも同様の効果があります。

演説においても、誰にでもわかりやすい言葉で主張を述べることが重要です。

なぜなら、人は理解できることに共感するからです。

したがって、大衆の支持を得るためには、誰もが理解できる言葉で、分かりやすい演説を行う必要があります。

たとえ学者や専門家であっても、一般人が理解できない演説や論文は大衆に受け入れられないことがあります。

ヒトラーの洗脳演説も、この原則に則って行われたと言われています。

演説では、徐々に力をつけて情熱的な演説になることも重要です。

これは前述のように、同じ主張を何度も繰り返す効果と関連があります。

聴衆の理解が深まるにつれて、より力強く同じ主張を繰り返し行っていく演説方法です。

 

演説やコピーライティングにおける情報の伝え方について

初めに受け手が理解することを前提に、分かりやすく説明し、徐々に理解を深めていく技術があります。

これは演説だけでなくコピーライティングにも応用できます。

たとえばヒトラーの演説を見ると、無理にドイツ語を理解しなくても、その情熱が伝わってきます。

演説を行うのは、多くの人が仕事後の疲れを残す時間帯に意図的に行われることが多く、これは洗脳やマインドコントロールの基本でもあります。

脳や身体が疲れている時は深い思考を避けがちで、外部からの情報を受け入れやすくなります。

ヒトラーもこの心理を利用し、労働者たちが疲れている時間帯に演説を行っていたと言われています。

このように、人々の不安や危機感を煽る手法はセールスレターでも用いられ、不安を解消する提案があると、受け入れやすくなる傾向があります。

 

ヒトラーの演説術における戦略と成功要因

当時のドイツは経済的に不安定であり、ヒトラーはこの現状を利用して大衆の不安や危機感を煽りました。

その際、彼は他に先駆けて不安や危機感を認識させることに成功し、その演説は大衆を洗脳する大きな要因となったと言えます。

ヒトラーは国民を優れた人種であると強調し、自己肯定感を与えることで共感と信頼を得ていました。

さらに、演説を多くの人に聞かせるために大衆を集めることに重点を置き、そのプロモーション効果を最大限に活用していました。

このような戦略が功を奏し、ヒトラーは支持を広げていき、最終的に独裁者としての地位を確立することができたと言えます。

 

ステルスマーケティングの罠:洗脳的な動画マーケティングの危険性

近年のマーケティング手法において、多くの人が支持しているかのような演出を用いた「ステルスマーケティング」は大きな注目を集めています。

この手法は、視聴者に対して商品やサービスを巧妙にアプローチし、無意識のうちに購買意欲を刺激することを目的としています。

特に、ヒトラーの洗脳演説から学ぶ動画マーケティングでは、その実践例やポイントを解説することで、マーケターだけでなく消費者も多くの教訓を得ることができます。

動画マーケティングにおいては、さまざまなポイントを押さえることが重要であり、消費者としてその洗脳的な要素に気をつけることも肝要です。

現在、情報商材業界では、一部の情報販売業者が動画マーケティングを過度に活用し、質の低い商品を巧妙に宣伝・販売するケースも見られます。

特に高額な塾や教材に関しては、その洗脳性を悪用したマーケティングが行われており、消費者が不当な価格を支払う結果となっています。

だからこそ、消費者は動画マーケティングにおいて慎重になり、商品やサービスの質や実績を見極める必要があります。

熱意や演説に惑わされることなく、客観的な視点でマーケティングを判断し、自己を保護する意識が求められています。

消費者が慎重に情報を吟味することで、情報業界全体の信頼性向上に寄与することができるでしょう。

 

動画コンテンツにおける洗脳を防ぐための一つの防衛策

もしも自分が注意をしっかり払える自信がないのであれば、その動画を見ないことを選択するのも一つの有効な手段です。

例えば、新興宗教の集会にわざわざ出席する必要があるかと言われれば、多くの人は行きたくないと思うでしょう。

同じように、情報業界において広まる動画コンテンツを見ないようにすることも同様です。

なぜなら、動画による演説やプレゼンテーションには、視聴者の潜在意識に訴えかけ、その主張を受け入れ、共感し、納得させる力があるからです。

後で騙されてからでは手遅れかもしれません。

このような洗脳的な要素がある動画コンテンツには用心することが肝要です。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP