【脱線】を活かした文章術と構成テクニックの秘訣

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【脱線】を活かした文章術と構成テクニックの秘訣

話の脱線が訪問者を逃がしてしまう理由

普段の会話や文章で、話が途中で脱線してしまうことがあります。

これは、話の内容がまとまっておらず、テーマが一貫していないためです。

文章も同様で、話があちこちに飛んでいく「脱線」は珍しいことではありません。

特に、ブログの記事などで話が脱線すると、訪問者を逃がしてしまうことがよくあります。

つまり、読者が途中で興味を失い、ページを閉じてしまうということです。

ブログ記事を読んでいる人は、一貫した情報や内容を求めていることが多いため、書かれている内容に関連性が欠けていると、興味を持って読み続けることが難しくなります。

そのため、ブログの記事を書く際には、読者のニーズに合った情報を提供することが重要です。

特定のキーワードで検索してきた読者は、そのキーワードに関連する情報を求めていることがほとんどです。

したがって、本質的でない話題に脱線すると、読者は興味を失い、ページを閉じる可能性が高まります。

記事の内容が読者のニーズと逆方向に進むと、読者は理解できないと感じることがあります。

 

コミュニケーションにおける話の脱線について

さて、お話が逸れていくことや、興味を引くために意図的に話を逸らすことは、決して悪いことではありません。

普段、友人や家族との会話を楽しんでいる時、話題が途中で変わっていくことはよくある光景ですよね。

実際、面白い話というのは、適切なタイミングや方法で話が展開されることであり、聴く側に楽しさをもたらします。

ただし、ただの逸脱やつじつまの合わない話は、聴く側にストレスを与える可能性があります。

しかし、上手に話を展開させ、興味を引きつけることができる人は、コミュニケーション能力が高いと言えます。

このスキルは、文章やブログの記事を書く際にも活用でき、読者が引き込まれるような脱線話はむしろプラスに働きます。

SEO対策の観点からも、読者を長くブログ内に留めることが重要であり、興味深く展開される話はファンやリピーターを増やす上で有効です。

要するに、話の逸脱は、適切なタイミングや方法で活用することで、文章の魅力を高めるテクニックとなります。

文章を書く際には、いかに読者のニーズに合った内容を提供し、つじつまを合わせながらも興味を引く展開を心がけることが肝要です。

 

記事の流れを壊さずに、話を脱線させるテクニックを解説します

したがって、記事の流れを崩さずに脱線するためのテクニックとして、以下の方法が考えられます。

1. 読者のニーズを考慮した上で、話を脱線させる:話題や流れの中で、読者の興味を別の方向に導き、適切なタイミングで話題を切り替える方法です。

読者が脱線話に興味を持てば、記事を続けて読んでくれるはずです。

2. 脱線話の導入部分だけを提示し、別記事に分岐させる:記事の途中で脱線話の魅力を伝え、その興味を引かれた読者だけを別の記事に誘導する方法です。

興味のある読者が記事に飛びつき、そうでない読者は元の記事を続けて読むことができます。

 

ブログ記事における「追伸」の活用方法について

ブログ記事を書く際、読者のニーズに合った内容を提供することが重要です。

記事の主題をきちんと伝えた後、興味を持った読者に対してさらに情報を提供するために「追伸」を活用することが効果的です。

追伸では、元々の記事の趣旨に沿った話を伝えた後、本文を補足する形で話題を展開することができます。

しかし、追伸が長くなりすぎると、元々の記事の主題がわかりにくくなってしまいます。

このような場合には、追伸内で興味を引いて別の記事に誘導するテクニックを組み合わせることで、効果的に読者の興味を引きつけることができます。

以上が、ブログ記事における「追伸」の活用方法についてのポイントです。

追伸を使う際には、読者のニーズに合致する情報を提供し、メインの記事の流れを崩さないように注意することが重要です。

ぜひ、これらの構成テクニックを活用しながら、読者に価値あるコンテンツを提供してみてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP