【反応が取れる文章を書く為に】コピーライターが避けるべきポイント

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【反応が取れる文章を書く為に】コピーライターが避けるべきポイント

コピー作成における成功のポイント

僕は、皆さんの書いたコピーや文章を添削しています。

新たにコピーライティングの勉強を始めた人やある程度経験のある方々がいますが、皆さんが共通して犯してしまう誤りがあります。

つまり、皆さんがなんとなく同じような「反応を損なうコピー」を書いてしまう傾向があるのです。

その間違いに焦点を当てて、「書いてはいけないコピー」について4つ取り上げてみたいと思います。

最初に取り上げるのは、「北風コピー」です。

「一流のコピーライターを目指すなら、
北風のようなコピーでは無く太陽のようなコピーを書きましょう」

「太陽のようなコピー」を書くことが一流のコピーライターであることを示しています。

「コピーライターとして成功するためには、北風のような意地悪で圧倒的なコピーではなく、太陽のように温かく魅力的なコピーを書くことが重要である」ということです。

要するに、「北風コピー」は読者に強要するようなコピーを指しています。

読者に積極的に商品を押し付ける、大げさで煽るような表現が使われる文章がこれに該当します。

こうしたコピーを書いてしまう人は、コピーライティングに関して実績がある方々でも多いです。

しかも、これが故意でなく無意識に行われることが多いのです。

熱心にコピーを書くことに没頭しすぎて、読者の気持ちや感情を見失い、強引な内容になりがちです。

しかしながら、このようなコピーは反応を損なってしまいます。

 

コピーにおけるテンションの使い方について

コピーを書く際には、読み手の気持ちや感情を考慮しながら、彼らが望んでいる情報や知りたいことを的確に伝えていくことが大切です。

一つ一つの言葉や主張を結びつけ、自分の意図する方向に導いていくことで、高い反応を引き出すことができます。

そのためには、無闇にテンションが高い表現や「!」を多用するような文章は避けるべきです。

過度にテンションの高い文章は、一部の場面を除いて一般的に効果的ではありません。

あまりにもテンションが高いと、読み手に押し付けがましく感じさせてしまい、逆効果になることがあります。

特に商品を宣伝する際やテンションを上げて訴える際には、相手の感情を考えて適切な表現を使う必要があります。

テンションの高い文章は、自身の理念や思いを伝える際には有効です。

しかし、常に強調されたテンションによって読者が疲れてしまう場面もあるため、使いどころを考えて適切に活用することが肝要です。

読者の気持ちに寄り添った表現や相手を思いやる姿勢を大切にし、適度なテンションで文章を構築していくことが重要です。

 

文調と文章の一貫性の重要性

文章を書く際には、文調との一貫性を大切にすることが必要です。

ブログやメールマガジンなど、同じコンテンツであれば特に一貫性を保つべきです。

僭越ながら、これはごく当然のことと思われるかもしれませんが、実際に文章を読んでみると、一貫性のない表現や文体が目立つことが少なくありません。

たとえば、敬語から友達口調に急激に変わったり、断定的な表現が敬語に変わったりする例が挙げられます。

このような変化が自然な流れで行われているのであれば問題ありませんが、不自然な切り替えが行われていることが多いのも事実です。

長らく丁寧語で進んできた文章が、突如として「である」という断定的な表現に変わると、何か違和感を覚えるのではないでしょうか。

このような"違和感"を感じる文章は、読者に大きな不快感を与え、理解を妨げる恐れがあるため、注意が必要です。

自らが執筆した文章を丁寧に再読することで、違和感を自覚することができるでしょう。

また、他者とのコミュニケーションにおいても同様の一貫性を心掛けることで、相手に対する敬意や理解が生まれるでしょう。

 

メッセージを個別向けにする重要性

メッセージが1対1の関係を想定していないと、全体に向けた印象を与えてしまう可能性があります。

「〇〇のような人はいないでしょう。」

といった表現は、そのような印象を与えるポイントです。

読者が自らに対して書かれたメッセージであると感じるためには、文章が個別に向けられたものであることを示す必要があります。

他者全般を対象とするような、冷たい表現や抽象的な表現を用いると、読者は自分に向けられたメッセージとは感じず、文章に対する集中力や関心を保つことが難しくなります。

したがって、メッセージを効果的に訴求するためには、読者に親近感を与えるような1対1の状況をイメージしながら文章を構築することが重要です。

例えば、アドバイスをする際には、「その手間と労力を惜しむような人はいないでしょう。」

といった言い回しは避けるべきです。

北風コピーや過剰なテンション、統一されていない口調や他人行儀なメッセージなども、読者の関心を引き付ける上で避けるべきポイントです。

このような意識を持って、「書いてはいけないコピー、文章」を抑制することで、メッセージの効果的な訴求力を高めることができます。

特に、無自覚なままそうした文章を作成してしまうことがあるため、自らの文章を客観的に見つめ直し、読者に対して適切にアプローチできるよう心掛けることが肝要です。

 

文章の品質向上のためのポイントとそのチェック方法

もしも自身で執筆した文章の品質を向上させたいと考えるなら、一度その文章をザッと流し読みするのではなく、じっくりと、フラットな目線や俯瞰的な視点から丹念に読み返してみてください。

そうすることで、上記で挙げたポイントについて違和感を感じることができるはずです。

この違和感こそが、反応を下げている部分です。

もしも気になる箇所や改善の余地がある箇所があれば、即座に修正することが賢明です。

また、今後文章を書く際には、意識してこれらのポイントに気を配るように心がけてください。

さらに、執筆した文章をしっかりと読み返すことも重要だと考えます。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP