【ブログとメルマガ】情報の重複:利点と欠点について考える

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【ブログとメルマガ】情報の重複:利点と欠点について考える

ブログとメールマガジンで情報を重複させるメリットとデメリット

僕の受講生からよく寄せられる質問の1つに、「ブログとメールマガジンの内容を重複させても問題ないのか」というものがあります。

ブログやメールマガジンを運営している方々は、多くが明確な答えを求める傾向にあるようですので、今日はブログとメルマガで同じ情報を提供することのメリットとデメリットについて詳しくお話ししたいと思います。

もしも、ブログとメールマガジンで同じ内容を提供すべきか、それとも異なる内容を提供すべきかについて議論をされている場合、決定的な答えを出す際に考慮すべきポイントは、ブログとメールマガジンのコンテンツが重複することによるデメリットと、それを実行することで運営者が得られるメリットを比較検討することだと考えます。

まず、ブログとメールマガジンの内容が重複することで生じるデメリットを考えてみましょう。

例えば、ブログを読んで興味を持った読者が実際にメールマガジンに登録し、その後同じ内容の情報を受け取ることになると、メールマガジンの付加価値が低下し、読者の満足度が損なわれる可能性があります。

このような点が、情報の重複がもたらす潜在的なデメリットと言えるでしょう。

一方で、このようなデメリットに対して考えられる「メリット」としては、ブログで公開した記事をそのままメールマガジンでも活用できることから、原稿を別々に作成する手間と労力を削減できる点が挙げられます。

 

ブログとメルマガのコンテンツの違いによる集客力やブランド力の増強

通常、メールマガジンでのみ公開される予定だった原稿がブログに掲載されることで、ブログのコンテンツが充実することがあります。

この場合、メルマガで公開される内容をそのままブログにアップすることで、ブログの記事数が増えることになります。

例えば、メールマガジン用に100通の原稿を作成した場合、これを全てブログに転載すれば、100記事分のコンテンツが追加されます。

各記事が検索エンジンでヒットする可能性もあり、100記事で1日平均100アクセスを獲得した場合、年間で36,500アクセスの集客効果が期待できます(この数値は一例であり、実際にはこれ以上の効果が得られる可能性もあります)。

また、メールマガジン向けに作成された原稿であれば、内容も十分なものとなっているはずであり、読者が運営者に興味を持ち、メルマガの購読という形でブランドに繋がり、ましてや売上にもつながる可能性も考えられます。

逆に、これらの原稿がメルマガ専用のものとしてアップされず、ブログに公開されない場合は、これらのメリットを享受することができなくなります。

このように、ブログとメルマガのコンテンツの使い分けによる利点や欠点を検討する際には、メールマガジンでしか得られない効果についても考慮することが重要です。

例えば、ブログやメールマガジンで共通のコンテンツが過剰になることによって、読者の満足度が低下する可能性もあるため、こうした点について考慮することが求められます。

 

ブログとメルマガの内容を重複させる際に考慮すべき視点

この場合、ブログとメルマガで同じ内容を提供することには、いくつかの欠点が考えられますが、読者が100人集まったとしても、全員が同じ反応を示すとは限りません。

例えば、ブログに300記事のコンテンツが投稿されており、そのうち100記事がメルマガでも配信されている場合、その「メールマガジンで配信される記事」だけを的確に100記事読んだ上でメルマガに登録する読者の割合はどれくらいでしょうか。

極端に言えば、300記事全てを細部まで読んでからメルマガに登録する人の割合は1%程度だと考えられます。

実際、僕のブログでは多くの読者が登録していますが、100記事や200記事全てをしっかり読んでいる読者はまずいません。

通常、数記事を読んで興味を持った読者が登録します。

また、全ての記事を読んだ読者がいた場合、その読者は既に信頼を築いてくれていると考えられます。

おそらく、その読者は必要な教材があれば喜んで購入してくれる可能性が高いでしょう。

それ以外の場合は、全記事を読むようなことは期待できないため、メルマガでさらに教育する必要はないでしょう。

要するに、メルマガの主な目的は信頼を構築し、提供する教材を売ることなので、その目的をブログで達成できるならば、それ以上のことはありません。

 

情報発信の重要性

100記事や200記事ものブログを読んだ際、読者が全ての内容をハッキリと覚えている可能性はどれほどあるでしょうか。

仮に同様の内容のメルマガが届いても、それが非常に有益で高品質な原稿である場合、何度読んでも新たな気づきがある可能性があります。

情報提供者としては、何度読んでも有益で価値を感じさせる原稿を作成することが大切です。

このような場合には、そのデメリットに対して以下のような補足事項が考えられます。

・実際にメルマガで届く記事がブログで既に目にしている記事と同様である可能性は、記事数が増加するにつれて低くなる。

・もしも読者がブログの全記事を十分に読んでいる場合、その時点でその人はブログだけでも十分な教育を受けている状態にある。

・真に価値ある高品質な原稿を書いている場合、一度読んだ記事でも新たな気づきがあり、情報提供者としてはそのような原稿を量産する必要がある。

上記を踏まえると、このようなデメリットは実質的なものというよりも、記事数や原稿の品質を向上させることで回避できる可能性が高いです。

したがって、メリットとデメリットを総括し、僕自身はブログとメルマガの原稿を分ける必要性は感じず、どちらでも同じ原稿を使用しています。

メリットやデメリットの理論だけでなく、読者に積極的に原稿を読んでほしいという思いがあるため、できるだけ多くの人に閲覧してもらいたいと考えています。

そのため、必要に応じてのみ「メルマガのみ」の原稿を作成しており、両者に同じ内容を提供しています。

 

ブログとメールマガジンのコンテンツを重複させる際のメリットとデメリットについて

個人的な見解を交えながら、ブログとメールマガジンのコンテンツを同じ内容で提供する場合の利点や欠点について、詳しく説明します。

まず、メールマガジンだけで提供される情報が存在しないとは言えない現実があることを指摘します。

ブログとメールマガジンには、大きな役割や特性の違いがあります。

ブログは読者が待つ側におり、一般公開されて読まれることを意図しています。

一方、メールマガジンでは情報をお好みの「順序」で提供することができます。

この「順序」と「タイミング」を自由に調整できるのは、ブログにはないメリットです。

この自由さこそが、情報の価値を引き出すために必要であり、多くの原稿を執筆すれば自ずと表れるものです。

このような「順序」と「タイミング」を考慮することで、情報が意味を持つような形で読者に届けることができます。

僕は、このような情報(記事)に関してはブログでは公開せず、メールマガジンだけで提供しています。

ブログとメールマガジンで差をつけるとすれば、それが両者でコンテンツを分ける基準となるでしょう。

ただし、同じ情報を両方のメディアで提供する場合でも、訪問者が自由に記事を選択できるブログと、配信者が順番やタイミングを選択できるメールマガジンとでは、効果が大きく異なります。

そのため、僕の見解としては、ブログとメールマガジンで原稿を強制的に分ける必要はなく、丹精込めて作成した原稿は、メールマガジンだけでなくブログのコンテンツとしても積極的に活用することが、メリットとして大きいと考えています。

以上が、僕なりの視点からのブログとメールマガジンでコンテンツを重複させる際のメリットとデメリットについての結論です。

ぜひ参考にしてみてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP