【ブログのトップページ】カスタマイズのポイントと掲載方法

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【ブログのトップページ】カスタマイズのポイントと掲載方法

ブログのトップページにおけるカスタマイズの重要性

実は、ブログをカスタマイズする際、最も見落とされがちな場所が、ブログのトップページです。

ブログのトップページとは、ブログのドメインを直接入力した時に表示されるページのことです。

例えば、あるブログでは、トップページにはブログの趣旨を伝えるメッセージやコンテンツのリンクが配置されています。

しかし、一部のブログでは、トップページに最新の記事が自動的に表示されるような仕組みや、商品バナーやメルマガの登録フォームが配置されている場合もあります。

また、特定のテンプレートを使用している場合、新しい記事の一覧情報が表示されるようになっていることもあります。

ブログのトップページに配置するコンテンツは、ブログごとに異なる傾向があり、意図的にカスタマイズしている場合もあれば、初期設定のまま放置している場合もあります。

実は、トップページのカスタマイズを行っていないブログが意外にも多いのが現状です。

しかし、トップページの構成をどうするかやどのようにカスタマイズするかが、ブログ運営の効果に大きく影響を与えることが多いため、この点についてはあまり注意が払われていないと言えます。

ブログを運営する際には、トップページの設計にも細心の注意を払い、訪問者にとって魅力的で分かりやすいページにすることが重要です。

 

ブログのトップページには何をカスタマイズして掲載すべきか

今回は、稼げるブログのトップページにおけるカスタマイズに焦点を当てた講座を行いたいと思います。

ブログのトップページは、主に何度も訪れるリピーターをターゲットとした構成になる必要があります。

新規訪問者向けの自己紹介文は不適切であり、代わりにトップページにはリピーターが見たい情報を提示するべきです。

そのような新規訪問者向けの情報は、「はじめにお読みください」や運営者プロフィールなどのページに設けるのが適切です。

 

トップページの訪問者に対するカスタマイズのポイント

トップページは、何度もアクセスしてくるリピーターに焦点を当てるべきです。

そのためには、以下のような構成が重要です。

1. リアルタイムに表示される情報: ユーザーが何度も訪れる際に、その時点で最新の情報が表示されるようにします。

2. 最新の投稿記事を表示: 最新のコンテンツが常に目に入るように配置します。

3. 最新の投稿情報の一覧を表示: 記事の一覧が見やすく表示されることで、ユーザーが興味を持ちやすくなります。

トップページをリピーターにとって使いやすいものにすることで、彼らが常に最新情報やお気に入りのコンテンツにアクセスしやすくなります。

また、多くの無料ブログプラットフォームでは、初期状態から最新記事がトップページに表示される設定になっているため、特にカスタマイズしなくても問題ありません。

メルマガの誘導に関しては、トップページを利用することも一つの考えですが、既に登録済みのユーザーに向けた誘導は効果が薄い場合があります。

そのため、他のアプローチを検討することも重要です。

 

メルマガへの誘導を効果的に行うためには

メルマガの登録者にとって、冗長な誘導文や冒頭に大きなバナーやフォームを配置するのは、少々「不親切」かもしれません。

そのため、ブログのトップページでメルマガ登録を促す場合は、 セクション内に控えめなリンクや場所を取らない程度のフォームを配置することが望ましいです。

こうしたメルマガへの誘導文やリンクを含むブログのトップページは、 常に訪れるリピーターにとって有益な構成であるべきです。

一方で、新規訪問者だけを対象にした情報を掲載したり、既存の登録者を無視したりするような構成は、 トップページの効果的な利用とは言えません。

もしもこのようなトップページを持っている場合は、すぐにカスタマイズして改善することをお勧めします。

以上が、ブログのトップページにおけるメルマガ誘導についてのアドバイスでした。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP