【ブログ、メルマガ】情報発信で稼ぐための必須ポイント

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【ブログ、メルマガ】情報発信で稼ぐための必須ポイント

情報発信の成功のために欠かせないポイントとは?

ブログやメルマガなどを使った情報発信では、成功するためには以下の2つの要素が不可欠です。

それは、価値のある情報とオリジナリティのある情報を発信することです。

このポイントはビジネス目的や営利目的で情報発信を行う際に特に重要な要素であり、これらを提供しなければ成功することは難しいでしょう。

情報発信を行う際には、まず「ターゲット」と「テーマ(ジャンル)」を明確にし、「どのような情報をどのような人に提供するか」という方向性を決める必要があります。

この方向性を定めるための視点やポイントについて、ブログやメルマガに関する講座で詳しく解説してきました。

興味がある方や情報発信を行っている方、そしてSNSを通じて情報発信をしている方にも役立つ内容となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

【ブログのテーマ、ターゲット、コンセプト】の決め方とポイント

https://soshikika.com/writing/how-to-choose-blog-theme-target-concept-and-points/

【ブログのターゲット、テーマ】の絞り方と最適化

https://soshikika.com/writing/narrow-optimize-target-theme-blog/

【ライバルの多さ】ブログで成功するための競合分析のポイント

https://soshikika.com/writing/rival-analysis-points-for-blogging-success/

 

ブログを始める際の情報発信の方向性を考えるポイント

ブログを始める際に、最初に決めなければならないのがテーマやターゲット、そしてコンセプトです。

テーマやターゲットをどのように設定するかは大切なポイントです。

テーマやターゲットを広げるか狭めるかは、よく検討する必要があります。

競合やライバルの存在も考慮し、自分に適した情報発信の方向性を見つけていくことも悩ましい問題です。

情報発信を開始する段階で、多くの人が直面するのは、価値のある情報やオリジナリティをどうやって提供すべきかということです。

この点でつまずいてしまうことは珍しくありません。

しかし、テーマを定めたらそれに沿った情報を発信していくこと自体は難しいことではありませんし、誰にでもできるでしょう。

しかし、営利目的として情報発信を続ける場合、読者に価値を提供し、オリジナリティのある情報を発信する必要があります。

薄い価値の情報や普遍的な情報ばかりを提供しても、読者は魅力を感じません。

そのようなブログやメルマガではファンやリピーターを獲得することが難しいでしょう。

したがって、読者に真に価値ある情報を提供し、オリジナリティを打ち出すことが必要です。

実際、価値のある情報やオリジナリティをどう提供すべきかという点は、意外と難しい問題ではありません。

十分な意識を持ち、問題を解決するための取り組みをすることで、自然に成功へと導いていくことができるでしょう。

 

情報発信における重要な意識ポイント

情報を発信する際に重要なのは、既存の文章や情報源をまねたり、模倣したりすることを避け、自分独自の言葉や表現でコンテンツを作成することです。

例えば、ブログやメルマガで情報をシェアする場合には、これらの考え方を当たり前の前提として持っていることが重要です。

これらの意識ポイントをしっかりと持つことで、あなたが発信する情報は普通ではなく、「他にはない価値とオリジナリティ」を持ったものになるでしょう。

現代は情報が手軽に入手できる時代であり、多くの人が精査されたわかりやすい情報を求めています。

また、インターネットや書籍などから得られる情報が、全てのユーザーによく知られているわけではないことも事実です。

例えば、「ブログの作り方」「SEO対策の基本」「コピーライティングの基礎」などのテーマにおいても、ユーザー間での知識差が大きく、初心者向けの情報であっても、その情報に価値を見出す人が少なからずいます。

そのため、インターネットを通じた情報発信は、その情報に価値を見出す人々をターゲットにして、彼らに価値のある情報を提供することで、お互いに利益を得ることができます。

要するに、相手が価値を感じる情報を提供することで、情報発信を通じたビジネスが成り立つということです。

 

情報発信における情報源の重要性

それでは、情報を発信する際に欠かせない「情報源」とは何でしょうか。

本やインターネット検索などから情報を集めて発信することは、それ自体に問題はありません。

この方法で情報を提供することで、情報を求める人々に価値ある情報を提供することができます。

しかし、大切なのは以下の2つの意識ポイントです。

一つ目は、他の文章や情報源をまねるようなコンテンツや文章を作らないこと。

二つ目は、自分自身の言葉や文章でコンテンツを作成していくことです。

例えば、他のサイトや本に書かれている情報を、自分のブログやメールマガジンで発信する場合、その情報を単純にまねて発信する行為は著作権上も問題がありますし、あなた自身が発信しているとは言えません。

あなたが運営するブログやあなたが発信するメルマガは、あくまでもあなた自身が情報提供するメディアであり、それによってこそ「価値」が生まれるのです。

つまり、既存の文章や情報源をまねずに、あくまでもその情報を元に自分自身の言葉や文章でコンテンツを作成していくことが必要です。

実際にこれを実践できれば、あなたのブログやメールマガジンで発信される情報は、他のどのブログやメルマガとも異なる「あなた自身の言葉で情報を発信するメディア」になるでしょう。

これこそが真の「オリジナリティ」なのです。

情報発信におけるオリジナリティの重要性

情報を発信する際、自分の言葉や文章で独自性を出すことはとても重要です。

たとえ同じテーマで同じ情報を扱っていても、自分なりの言葉や表現で作成したコンテンツは他者とは異なるものになります。

言葉選びや切り口、視点、キャラ設定など、文章全体の要素が組み合わさって独自性が生まれます。

たとえ競合他社やライバルが存在し、その実績や知名度に圧倒されるような場面でも、心配は不要です。

自分の独自性に耳を傾け、共感してくれる人は必ずいます。

自信を持って情報発信を続けましょう。

 

あなたの個性を活かした情報発信について

つまり、他の人たちよりも実績や知名度が格段に高い方々の中で、 あなたの情報を意識的に利用してくださっている人たちが実際に多く存在しているのです。

つまり、どんな分野であなたが情報を共有しようとしても、 その分野で著名な人が存在していても、全ての人がその人の情報だけに頼るわけではありません。

人と情報にも、それぞれの相性や感覚が存在し、 これは全く同じです。

少なくとも、あなたが学んだ情報を、 あなたの解釈や言葉で表現し、それを発信すれば、それは完全にあなただけのオリジナルな情報になります。

そして、このことを常に意識し続ければ、 あなた独自の色合いがますます強調されるでしょう。

そのような独自性が表れることで、 あなたの言葉が反応する読者が必ず現れるでしょう。

もしそれがコピーライティングであれば、 私の言葉に反応しない人でも、あなたの言葉に興味を持つ人がたくさん存在するということです。

それは、人々がそれぞれ独自の視点や感性を持っているからです。

そのため、ブログやメールマガジンを通じて情報を発信する際、 他の誰にも真似できないあなただけの「価値」や「オリジナリティ」を提供することが重要です。

従来の文章や情報を模倣するのではなく、 自分自身の言葉や表現でコンテンツを作成することが大切です。

このような基本的な意識を徹底することで、 自然と独自性が生まれると言えます。

 

情報発信における「価値」と「オリジナリティ」について考える

多くの人が、自分自身が発信する情報における「価値」と「オリジナリティ」をやや難しく捉えている傾向があります。

しかし、この考え方を単純化してみると、「当たり前の意識」をしっかりと持って情報を発信し、それを徹底してコンテンツに落とし込んでいくだけで良いのです。

そして、そのようなコンテンツを多くの人に届けることができれば、自然と「結果」がついてくるはずです。

ブログやメルマガなどの情報発信の場においても、この意識は非常に重要です。

これはまさに「当たり前」と言える意識であり、疎かにしてはならないポイントでもあります。

情報を発信する際には、このポイントをしっかりと意識して取り組むようにしましょう。

 

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP