【引用と著作権】コピーライティングにおける重要なルール

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【引用と著作権】コピーライティングにおける重要なルール

引用と著作権の基本ルールについて

最近、ブログやメールマガジンのコンテンツ作成に関して、「引用」と「著作権」の問題について多くの相談を受けます。

例えば、「情報商材の評価をどこまで公表していいか?」や、「詳細過ぎると著作権侵害になるのか?」などがよくあるご質問です。

このような質問に対する「答え」として、著作権法における「引用」に関する法的定義が実質的な指針となることが多いです。

まず、「著作権」とは、法的には著作者に与えられる財産権であり、著作者が作品を独占的に利用できる権利を指します。

要するに、著作権は作品に対して与えられるもので、情報商材の場合、音声、動画、文章などがそれに該当します。

重要なのは、この著作権は作品そのものに対して生じるものであり、「内容(ノウハウ)」そのものには生じないということです。

例えば、動画教材には映像自体に著作権があり、音声教材には音声自体に著作権があり、文章を中心としたコンテンツ教材には文章自体に著作権があります。

しかし、その内容(ノウハウ)には権利が生じないのです。

ですから、そのノウハウを自分の知識として吸収し、独自の表現でブログやメールマガジンに書いても、著作権侵害にはなりません。

 

情報商材や書籍を元にした記事を書く際の法的規制について

例えば、もし「おいしい卵焼きの作り方」という情報を得るための本を手に入れて、 それを参考にして初めておいしい卵焼きを作る方法を身につけたとしますが、 その時点で得た情報はあくまで「自分の知識」に過ぎません。

このような知識を元に、ブログやメルマガなどで自分の言葉で表現する場合、 法的には権利侵害にはなりません。

ただし、他の人の情報を自分のものとして振る舞い、 オリジナルであるかのように発信すると、 それを知っている人や著者から批判を受ける可能性があります。

しかし、法的には著作権侵害にはあたらず、 処罰を受けることはありません。

ただし、敬意を示すために元の情報源を明らかにし、 「この本(情報商材)で学んだ内容です」という表記をすることは、 一般的な礼儀として重要でしょう。

それを強制されることはなく、個人の自由ですが、 自己判断によるモラルの問題でもあります。

要するに、情報商材を元にした記事やレビューを書く場合、 自分なりに表現し、 全てをオリジナルのものにしている限り、 著作権の侵害にはならないと考えてください。

その際には、 全く同じ内容を使わず、自身の言葉で表現することが重要です。

 

情報商材のマニュアルを引用する際の注意点

もし、情報商材のマニュアルに書かれた文章や動画、音声をそのまま掲載してしまうと、著作権を侵害する可能性があります。

これは、そのような作品には著作権が存在しているからです。

しかし、マニュアル内の文章を引用することで、合法的に情報を記事に掲載することができます。

引用は、権利者に無断で行われるものであり、著作権法(日本では著作権法第32条)で認められた合法な行為です。

したがって、権利者は引用を拒否することができません。

引用は法律で認められた行為であるため、ほとんどの書籍や情報商材に適用されるものです。

引用を行う際には、本や情報商材の著者や権利者の許可を取る必要はありません。

引用のルールを守れば、合法的にブログやメルマガなどに情報商材や書籍の文章を転載することができます。

ウィキペディアの情報を引用した場合も、この引用のルールに従っています。

引用のルールにはいくつか法律的な条文がありますが、基本的には以下の点を押さえておくことが重要です。

1.引用する必要性や妥当性があること。

2.引用した部分が明確にわかるようにすること。

 

引用と著作権のルールを守ることの重要性

文章を引用する際には、引用部分の割合が過度に高くならないように気をつける必要があります。

また、引用元の情報は明確であることが重要です。

引用する際には、その引用元の文章を明確に示す必要があります。

この記事では、ウィキペディアの一文を引用していますが、この引用は「引用」の説明のために行われており、その理由が説明されています。

引用部分をはっきりと示すために、括弧です。

これらのルールを守れば、引用は合法的な方法となり、書籍や商材からの文章を転載することも可能になります。

要するに、情報商材や書籍の文章をそのままブログやメルマガに転載する場合は、引用のルールを守ることが重要です。

書籍やテキストベースの情報商材においては、文章自体に著作権が存在するため、引用を使用して転載することが必要です。

また、自らの文章として発信する際には、法的に問題のない行為であると言えます。

 

ブログコンテンツの転載について

教材やブログのコンテンツを引用したいというご質問をいただくことがありますが、僕のブログの一部を転載したい場合、「引用」のルールを守れば、個別に許可を取る必要はありません。

一方、僕のブログで学んだことを記事にすることについては、法的には無断で行っても問題ありません。

ただし、ブログからの学びを記事にする際には、その情報が僕のブログから得られたものであることを明記し、できれば僕のブログを引用元として紹介していただけると、僕自身としてはありがたいです(笑)。

今後のコンテンツ作成などの参考にしていただけると幸いです。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP