当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

コピーライティングにおける【理系左脳派】と【文系右脳派】の違い

コピーライティングに必要なスキルを理解しよう

ビジネスでコピーライティングのスキルを活かすには、大きく2つのコピー作成スキルが必要です。

1つ目はヘッドコピーやサブヘッドコピー(見出しコピー)など、ブログタイトルやメルマガタイトルなどに使われる「キャッチコピー」を作るスキルです。

これに対して、もう1つはLPなどのボディコピーやブログ、メルマガなどの本文を書くスキルが必要です。

キャッチコピーは「キャッチーなコピー」を作ることが求められ、本文ではある程度「論理的な文章」を書く必要があります。

要するに、これらには異なるスキルやセンスが必要なのです。

コピーライティングのスキルを向上させるには、その原則を習得し、実践や経験を積むことが重要です。

反応を引き出すコピーは、適切に書かれたものです。

こうした原則は科学的に裏付けられており、それに基づいた文章を書くことがコピーライティングとされます。

しかし、一定の境界を超えると、オリジナリティが重要となります。

オリジナリティは個人の独自性であり、自らの文章を磨くことで表現できます。

このオリジナリティは、センスと関連しており、コピーライティングの2つのスキルにおいて得意不得意が現れることがあります。

 

コピーライティングにおけるキャッチーなコピーと論理的な文章の違い

要するに、コピーライティングには、キャッチーなコピーを作る才能と論理的な文章を書くスキルの両方が重要です。

一般的に、人はこの二つのスキルのどちらかに得意な傾向があります。

初めはどちらも苦手な人もいますが、基本を学んでいくと、必ずどちらかの才能が見つかるはずです。

しかし、一方のスキルに悩んでコピーが上手く書けない人もいます。

その違いの大きなポイントは、キャッチーなコピーは直感的にイメージが広がるフレーズを使い、インパクトや感覚を重視するのに対し、論理的な文章は分かりやすく伝えることを重視し、「読み手を納得させる論理構成」が重要です。

だから、コピーを書く際のポイントや思考法は異なるため、得意不得意も出てくるのです。

右脳派と左脳派、理系と文系など、人は様々な分類がありますが、これらは個人の持つ特性によるものです。

右脳派は感性やイメージに長けているアナログ思考型であり、左脳派は言語や論理に長けているデジタル思考型と言われています。

コピーライティングの理論は、論理的なものが中心であるため、私たちは理系の論理的なコピーライターであると言えます。

そのため、科学的で論理的に理論を構築し、多くの人に伝えることが大切だと考えています。

一方、直感や感覚に頼った右脳派や文系寄りのコピーライターは、自分の理論を整理するのが難しい場合があります。

 

コピーライティングにおける男女差と得意分野・苦手分野の関連性

実は、自称コピーライターである人の中には、感覚でコピーを書いているタイプが多いように感じられませんか。

そのような方々は、いざコピーライティングのスキルを体系的に学習しても、多くは既存の理論を受け売りしたり、まとまりのない内容になることがよくあります。

男性は本来理系や左脳型の方が多く、一方で女性は文系や右脳派の方が多いと言われています。

そして、女性の方がキャッチーなコピーを生み出す傾向があるようです。

逆に、理系を専攻している有名大学の男性参加者もいますが、彼らは論理的な文章を書くのに長けていても、キャッチーなコピーを作ることに苦労することが多いようです。

要するに、理論派と感覚派、左脳型と右脳型の違いが文章やコピー作成における得意不得意に影響を与えるのです。

ネットビジネスにおいては、両方のスキルをバランスよく持ち合わせる必要がありますので、まずは「苦手な方のスキル」を克服していくことが重要です。

そして、それぞれの得手不得手を自覚することからスタートしましょう。

LPなどで反応が得られない場合、キャッチーなコピー力が足りない可能性がありますし、メルマガ登録率は高いが売上に繋がらない場合、論理的な文章力が不足しているかもしれません。

自らの弱点を認識することで、どこを改善すれば良いか見えてくるものです。

全てのことはまず「自分自身を知ること」から始まるのです。

 

コピーライティングスキルを向上させるためには、キャッチーな表現と論理的な文章を使い分けることが大切

コピーライティングにおいて、自分の得意な方と苦手な方を自覚することは非常に重要です。

多くの人がキャッチーなコピーを作ることに長けている一方で、論理的な文章を作るのが苦手だったり、逆もまた然りです。

キャッチーなコピーは、読者の心をつかんで興味を引くために効果的です。

しかし、ただ興味を引くだけでなく、説得力のある文章を書くためには論理的な展開が必要不可欠です。

ですから、自分がどちらに向いているのかを確認し、必要に応じて両方のスキルをバランスよく磨いていくことが重要です。

キャッチーなコピーで読者の興味を引いた後に、論理的な文章でその興味を掘り下げていくことで、より効果的な文章を生み出すことができるでしょう。

つまり、コピーライティングスキルを向上させるためには、どちらのスキルも大切であり、それぞれの得意不得意を認識してバランスよく活用することが肝要と言えるのです。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP