【コピーライティング】興味と疑問の境界線を解説

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【コピーライティング】興味と疑問の境界線を解説

コピーライティングにおける心理:興味と疑問の違いについて

コピーライティングとは、広告や文章を書く際に使われるスキルのことです。

読者の心理を引き出していくことが重要であり、その中でも特に重要なのが「興味」という心理です。

読者が興味を持たなければ、その広告や文章の目的を果たすことはできません。

例えば、読者にメールアドレスを教えてもらったり(オプトイン)、商品やサービスを購入してもらったり(成約)するためには、ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)のプロセスを通る必要があります。

しかし、それぞれの段階で読者の興味を引き出さなければ、行動を促すこともできません。

オプトインの興味はメールマガジンやオファーに対するものであり、成約の興味は商品やサービスに対するものです。

これらの興味がなければ、行動を引き出すことは難しいのです。

コピーライティングのスキルの中には、読者の興味を引き出すことが重要視されています。

読者自身から興味を引き出せるかどうかが、広告や文章の反応に大きな影響を与えます。

今回はコピーライティングにおける心理の1つである「興味」と「疑問」の違いや境界線に焦点を当てて、それぞれの違いや捉え方について講座していきたいと思います。

興味と疑問の境界線について、興味は「知りたい」「気になる」という心理であり、一方疑問は「どうして?」「何故?」という心理に当たります。

これらは見た目では似ているように見えますが、厳密には全く異なるものなのです。

 

コピーライティングにおける反応の要点

コピーライティングにおいて、反応を引き出すためには、興味と疑問を明確に区別することが重要です。

興味を引くことと疑問を抱かせることは同じではないというのが基本的な前提です。

疑問は不透明で不可解な点に対して湧き上がるものであり、その心理的な側面は否定的なものです。

疑問が多くなると、文章やコピーから期待する反応が得られなくなります。

一方、興味は、メッセージや主張に対する前向きな好奇心から生まれるものです。

読者が自分にとって得るメリットやベネフィットをイメージできる場合に興味が生まれます。

つまり、疑問と興味の違いは、読者が自身の利益をイメージできるかどうか、そしてその利益を前向きに捉えられるかどうかにかかっています。

利益やメリットをイメージできず、前向きに捉えられない場合、読者は疑問や疑惑を持ちます。

一方、利益やメリットを明確に理解し、前向きに捉えられる場合、読者は興味を持つ傾向にあります。

 

コピーにおけるプラスイメージと捉え方の問題

コピーライターやアフィリエイター、ブロガーなどがよく陥る落とし穴が、プラスイメージやその捉え方に関する誤解です。

多くの場合、彼らは自身の主観でプラスイメージを捉えがちで、読者目線を置き忘れてしまいます。

例えば、「1日4分で月収108万円を稼ぐ方法」といったコピーは、興味を引くために効果的だと考えられがちですが、実際には読者は疑問や疑念を抱くことが多いでしょう。

このようなコピーに騙され、すぐに信じ込んでしまうのは、楽観的な思考が特徴の一部の低レベルな人々に限られます。

一般の知識や常識を持つ人であれば、このようなコピーだけで現実味のあるプラスイメージを描くことはまずありません。

コピーライティングの際には、読者の心理や視点を踏まえた、客観的かつ誠実なアプローチが求められるのです。

 

疑問や疑念を解消し、リストの質を高めるための戦略

「なぜ1日4分で108万円も稼げるのか」といった疑問や不信感を持つ人が多い中、それに対し詳細や具体的な根拠を示すことが必要となります。

このような疑問や不信感を晴らさなければ、その人がさらなる興味を持つことはありません。

したがって、教材などを売り込む場合では、疑問や疑念を解消しないままでは、興味を引き、成約を取ることはできないと言えます。

ただし、オプトインの場合、無料の提供などを通じて疑問や疑念を解消し、メールアドレスを入力してもらうことでリストを作成することは可能かもしれません。

しかしそれは単に疑問や不信感を解消するためであり、オプトインへの意欲や意識が高いとは言えません。

つまり、高品質かつ積極的なリストを集めたい場合は、オファー段階で疑問や疑念を取り除き、前向きな興味を引き出すことが不可欠です。

 

効果的なコピーライティングのポイント

皆さんは、「1日わずか4分の投資で月108万円を稼ぐ方法を知りたくありませんか?」といったキャッチコピーに惹かれた際に、商品を購入していただくための成約や質の高い見込み客リストを獲得するには、なぜ1日4分で108万円を稼ぐことができるのか、そしてどのようにそれが可能なのかといった疑問や不安をできるだけ解消していく必要があります。

読者側が、「1日わずか4分で月に108万円を稼げるかもしれない!」という前向きなイメージを構築できれば、「具体的な方法を知りたい!」や「詳しい手法を学びたい!」といった成約や質の高いリストづくりに繋がる好奇心を引き出すことができるのです。

疑問や不安を解消することが、「興味」に繋がる鍵となります。

したがって、商品の販売レターやランディングページ(LP)などでは、「なぜそうなのか?」といった疑問をすべて解決することが重要であり、それによって反応を引き上げることが可能となります。

疑問や不安などは、可能な限り積極的な「興味」へと変換するよう努めてください。

加えて、「そのオファーを受け入れると全てが解決する」というイメージを明確に提示することが重要です。

要素としては、なぜやどうしてといった具体的な説明を省くべきではなく、その疑問解消が始まる手がかりとなる部分を取り上げ、疑念を払拭するイメージを描き、読者を熱狂させる状態に持っていくことで、興味を引き出すことが必要です。

 

コンテンツの改善で反応を高めよう

もしも、現在お使いの営業文書やランディングページ、商品を紹介するブログ記事などで、「なぜこの商品を買うべきか?」という疑問をそのままにしていたり、「疑問を解消する具体的な説明が不足している」と感じる部分があるようであれば、その点を改善するだけでも、読者の反応が驚くほど向上する可能性があります。

一度、厳しい目で疑問点をチェックし、読者の関心を引きつけるための工夫をしてみることをお勧めします。

今回は、コピーライティングの観点から、読者の「興味」と「疑問」の境界線についてお話ししました。

ぜひ、参考にしてみてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP