【コピーライティングの法則】QUEST、AIDMA、PASONAの法則とは?

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【コピーライティングの法則】QUEST、AIDMA、PASONAの法則とは?

コピーライティングの法則について

コピーライティングやセールスレターの世界では、人間の心理に訴えかける効果的な文章を書くための法則が存在します。

代表的なものとして、QUEST法則、AIDMA法則、PASONA法則などがあります。

多くのブログや情報サイトでは、これらの法則が最初に取り上げられることが一般的ですが、僕はあえてその考え方に異を唱えます。

コピーライティングを学ぶ上で、最初にこれらの法則を覚え込むことは適切ではないと考えています。

なぜなら、僕が提供する情報は単にコピーライティングの技術だけでなく、より深く学びを追求するためのものだからです。

言い換えれば、「即効性のある反応を得るコピーを書く」ことが目的ではないのです。

これらの法則は、あくまで成果を出すための手段であり、結果や効果に過ぎないと考えています。

特定の法則に頼りすぎずに、ただただその法則に沿ってコピーを作ることがスキルアップにつながるとは限りません。

したがって、このブログを初めて訪れた方やこの記事を読んでいる方は、この内容を単なる知識として受け止めることをお勧めします。

 

コピーライティングの基本的な捉え方

普段から同じ構造や型にとらわれて文章を書くことがありますが、この癖がついてしまうと、本質的なコピーライティングのスキルが向上せず、決まりきったコピーしか書けなくなってしまいます。

実は重要なのは、ただその型に当てはめるだけではなく、なぜその型が効果的なのかという部分の理屈をしっかりと理解することです。

そこで、今日はAIDMA、QUEST、PASONAの3つの大原則について、「理論」の理解や「裏付け」という視点から考えてみましょう。

前置きが長くなりましたが、これから本題に入ります。

まず、QUESTの法則、AIDMAの法則、PASONAの法則について、それぞれの意味する型をざっと列挙していきます。

【QUESTの法則】

・Qualify = 宣言(約束)

・Understand = 理解を示し共感を得る

・Educate = 教育する

・Stimulate = 刺激を与え興奮させる

・Transition = 行動を促す

 

【AIDMAの法則】

・Attention = 注意、注目を集める

・Interest = 関心、興味を引き出す

・Desire = 欲求を引き出す

・Memory = 記憶(過去)から未来への期待値を上げる

・Action = 行動させる

 

【PASONAの法則】

・Problem = 問題を提示する

・Agitation = 問題点の根拠、理由を示す

・Solution = 問題点の解決策を提案する

・Narrow down = 限定性、緊急性を与える

・Action = 行動させる

このように、それぞれの法則は独自の意味やステップを持っており、コピーライティングにおいてどのように活用されるか、しっかりと理解していきましょう。

 

セールスレターにおけるAIDMAとQUESTの法則の違い

セールスレターや情報商材の制作において、問題点の解決策を提案するためには、限定性や緊急性を与え、読者に行動を促す必要があります。

こうした流れは一般的にAIDMAの法則やQUESTの法則に基づいています。

これらの法則は、興味を引き、信頼を築き、行動に移すという人間心理の流れを取り入れており、セールスの成功につながる重要な要素となっています。

AIDMAの法則とQUESTの法則は、同じ基本的な心理の流れに沿っていますが、それぞれの違いがあります。

一番の違いは、セールスレターにおける「ヘッドコピー」の部分に現れています。

QUESTの法則では、「Qualify」つまり「宣言や約束をする」という手法が用いられます。

ヘッドコピーには、「私はあなたにこのようなことを約束できます」「この手紙を読むことであなたはこうなれます」といった具体的な宣言が含まれます。

一方、AIDMAの法則のヘッドコピーは、「とにかく注意を引いて注目させる」という目的を持ちます。

ここでは、読者の興味を引くために、特に注目を集める工夫がされます。

ただし、この注目を集める手法にも、約束や宣言といった要素が組み込まれている場合があります。

QUESTの法則における「Qualify」が、AIDMAの法則における「Attention」に相当する部分と言えるでしょう。

このように、AIDMAとQUESTの法則は、同じ心理の流れを基盤としながらも、それぞれ独自のアプローチや強調点を持っているため、セールスレターや情報商材の制作において使い分けることが重要です。

 

マーケティング手法の比較:AIDMAの法則とQUESTの法則の適切な活用方法

マーケティング戦略において、コピーにおける入口部分は非常に重要です。

AIDMAの法則は、広い視野でその部分を規定しています。

この法則では、ますます注意を引き付け注目させることを目指し、続いて興味を惹きつけていく流れが重要視されます。

一方、QUESTの法則は、宣言や約束を入口として商品理解を示し、共感を得る流れに繋がります。

つまり、AIDMAの法則は注目を集める段階から始まり、興味や関心を引き出す流れを設計する一方、QUESTの法則は、宣言や約束に重点を置いた興味を引く手法を取り入れます。

これにより、QUESTの法則は一定のターゲット層にフォーカスしたコピーに適しており、そのターゲットに興味を引きたい場合に効果を発揮します。

一方、AIDMAの法則は、広範囲の人々にコピーを見せたい場合や幅広い層に興味を持ってもらいたい場合に有益です。

言い換えれば、直截な宣言や約束で興味を引くQUESTの法則は、ある一定のアクセス数や属性リストに商品を販売する際に有用であると言えます。

 

AIDMAの法則を活用した効果的なコピーの作成方法

AIDMAの法則は、「Attention(注意を引く)→Interest(興味を持たせる)→Desire(欲求を喚起する)→Memory(記憶に残る)→Action(行動に移す)」という流れに基づいています。

AIDMAの法則を活用する際には、対象とする人々の興味や関心、ニーズに合わせて適切なアプローチを取ることが重要です。

異なる要素を組み合わせて、効果的なコピーを作成することで、より多くの人にメッセージを伝えることができます。

 

コピーライティングの法則について

コピーライティングの世界では、様々な法則や理論が存在します。

その中でも一般的に知られているのが、AIDMAの法則やQUESTの法則などです。

そこで、ご紹介したいのがPASONAの法則です。

PASONAの法則は「Problem(問題を提示する)」「Agitation(問題点の根拠、理由を示す)」というステップで構成されています。

これらの要素を用いることで、読者の関心を引きつけ、課題を共有し、その解決策として提案を行うことが可能になります。

PASONAの法則は、問題提起から問題を深く考えさせ、最終的に解決策を提示するという流れで構成されています。

これによって、読者が共感しやすくなり、より効果的なコピーを作成することができます。

 

セールスレターの構成法について

解決策を提案することを"Solution"とし、具体的に問題点を特定し、それを解決する方法を示すことを指します。

"Narrow down"は、与えられた問題やテーマを限定し、緊急性をアピールすることです。

そして、"Action"は、読者に行動を促すことを表します。

AIDMAの法則やQUESTの法則とは異なり、PASONAの法則は、セールスレター作成において注意すべきポイントが異なります。

この手法は、相手の悩みや問題に焦点を当て、その解決策を提案することで、セールスを行う手法です。

PASONAの法則が有効なのは、対象者が自身の悩みや問題に気づいており、それが深刻な場合です。

一般的には、コンプレックスや医療系のコピーなど、深刻な悩みを抱える人々に訴える際に効果を発揮します。

DRMにおけるメールマガジンやブログ記事などでは、効果的な手法として利用されることがあります。

一方で、AIDMAの法則やQUESTの法則は、短い記事やメルマガには適しておらず、売り込みが強調されることがあり、読者に不愉快な印象を与える可能性があるため、注意が必要です。

 

情報発信における法則の使い分けのポイント

情報発信の際には、PASONAの法則を意識すると、ブログ記事やメールマガジンで率直な問題提起から話を展開しやすくなります。

この法則を使うことで、情報商材のレビュー記事などをそっけない売り込みになりすぎずに書くことができるでしょう。

売り込み色を抑えたい場面ではPASONAの法則は有効ですが、セールスレターには適さないかもしれません。

逆に、AIDMAやQUESTの法則に当てはまるブログやメールマガジンを書いている方は、アプローチを変える必要があるかもしれません。

 

マーケティングの法則について

このブログでは、僕自身がこれらの法則を詳しく取り上げており、自信を持ってご紹介しております。

他のブログとは異なり、一般の通説ではなく、独自の視点から解説している点も特徴です。

冒頭でも述べましたように、これらの法則の理論的構築が非常に重要であることを理解していただけたのではないでしょうか。

具体的に言いますと、QUESTの法則はマーケティングにおいて、明確なターゲットを持つセールスレターに効果的です。

AIDMAの法則は初心者でも比較的簡単にコピーを作成することができ、幅広いターゲットを対象としたセールスレターに有効ですが、切り口によっては難易度が高いため上級者向けです。

そしてPASONAの法則は、売り込みの色合いが控えめなため、ブログ記事やメールマガジンに適しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回もお楽しみに。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP