当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【文才と文章力の違い】コピーライティングでの重要なスキルとは?

文才と文章力の違い。

コピーライティングに必要なのは・・・ 文才と文章力は、文章を書く際に必要な能力ですが、その違いは一体何でしょうか。

文才は、生まれつき文章を巧みに書く才能を指します。

一方、文章力は、努力によって培うことができる上手い文章を書く能力を指します。

このように、文才は才能、文章力は努力によって磨かれる能力と言えるでしょう。

それでは、この文才や文章力がコピーライティングに必要なのかについて考えてみましょう。

 

文章を書く力には感覚と論理の要素が含まれる

文章を書くとき、大切な能力には、感覚と論理の両方が必要です。

感覚とは、言葉選びや表現力など芸術的な要素を指し、天性のセンスによって発展します。

一方、論理力や文章構成力などは、努力によって向上させることができる要素です。

感覚と論理の差によって、文章力と文才の違いが生まれます。

文章力が問われる場面では、例えば小説のストーリー展開や論理的な説得が必要です。

一方で、文才が試される場面では、一つ一つの言葉選びや表現の洗練が重要となります。

しかし、コピーライティングの世界では、文章の目的や役割を果たすことが重要視されるため、感覚的な文才よりも論理的な文章力が求められることがあります。

ウェブを中心に活動するライターは、集客や共感、信頼構築といった目的を達成するために、論理的な文章構成が不可欠です。

つまり、言葉選びのセンスよりも、論理的な文章力がより重要視されることが多いのです。

感覚と論理、どちらが重要かという議論は、文章を書く際に両方の要素をバランスよく活用することにあります。

 

キャッチフレーズを作るには、文才よりも「文章力」が重要?

もしもテレビ広告などで「キャッチフレーズ」を考えなければならないとしたら、言葉選びのセンスや文才が不可欠だと思います。

短い文章(コピー)で視聴者の興味を引く場合や、印象的なフレーズを作成する場合、言葉選びのセンスが重要です。

しかしながら、企業向けのイメージ広告用のコピーを作成して生計を立てているコピーライターは極めて少ないです。

その中でも、収入的な面で言えば、実際のところ、それほど高収入とは言えないかもしれません。

一方で、ウェブライティング専門のライターの方が収入面で上回っていることも事実です。

ウェブを中心にセールスやアフィリエイトを行う場合において、コピーライティングスキルとして必要なのは、「文章力」であり、「文才」ではありません。

感覚(センス)よりも、後天的に磨いていくことができる論理的思考や構成力が重要です。

これは、誰もが努力次第で身につけることが可能です。

もしも一流企業のキャッチフレーズを書くようなライターや文学賞を目指す場合には、文才や秀逸な言葉選び、表現力が必要です。

しかし、これはある程度は才能が必要な分野であり、努力によっても磨くことが難しいかもしれません。

現実的に、この分野は芽が出ない可能性もあるということを認識しておくべきです。

 

文章を書くのは才能が必要なのか?

文章を書くことは、才能が必要なのか、という疑問を持っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、僕が長年取り組んでいるライティングの世界では、実際には努力次第でどうにでもなる可能性があると考えます。

ですから、「自分には文章の才能(文才)が無いから・・・」と諦めずに、ぜひ努力を継続してみてください。

文章を書く際に求められるのは、少なくとも「文才(センス)」だけではないということです。

僕自身も文才があるとは思っておらず、確信を持って努力を重ねてきました。

ですので、あなたがそう感じているのであれば、一緒に励まし合いながら頑張っていきましょう。

文章を書くことで何かを伝えようとする意志や情熱があるのであれば、それが最も大切なことなのです。


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP