【ダイレクトレスポンスマーケティング】に適した商品選びのポイント

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【ダイレクトレスポンスマーケティング】に適した商品選びのポイント

DRM、メールマガジンで販売するのに向いた商品と向かない商品

DRM(Direct Response Marketing)やメールマガジンを利用して販売促進を行っている方々の多くが、情報商材に特化している傾向があります。

情報商材を自ら販売する人や他者の情報商材をアフィリエイトする人、いわゆるインフォプレナーやアフィリエイターがこれに該当します。

これらの中には、DRMやメールマガジンを使って情報商材を市場に送り届けるために、それらの手法を実践し、情報商材の販促に取り組んでいる人がいます。

しかし、DRMという手法を「ネット上で情報商材を売るためのマーケティング」と捉える人や、メールマガジンを「情報商材のアフィリエイト」と捉える人も少なくありません。

逆に言えば、これは必ずしも正確な解釈ではなく、むしろDRMやメルマガといったメディアの持つ潜在的な可能性や本質を見誤っている結果かもしれません。

そこで、今回はDRMやメールマガジンを介した販促やアフィリエイトに最適な商品とそうでない商品について考えてみたいと思います。

情報商材においては、DRMを活用して商品の販売促進を行う人やメルマガを使って情報商材をアフィリエイトする人が多数存在し、僕自身もこのブログを通じて読者を集め、メールマガジンを通じて自身の教材などを販促しています。

したがって、DRMやメールマガジンといったメディアにおいて、情報商材の販促やアフィリエイトには適していると言えます。

 

DRMやメルマガアフィリエイトが使える商品の条件について詳しく解説します

情報商材を販売する際にDRMやメルマガアフィリエイトを活用するのは一般的ですが、これらの手法は情報商材だけでなく、さまざまな商品やサービスにも応用できる可能性があります。

実際、「DRM」や「メルマガ」を通じて絶対的に売れない商品やサービスはほとんどありません。

具体的な商品の形態があるものであれ、情報商材のような無形のものであれ、またサービスであれば、「DRMやメルマガで売れないものはない」と言えるでしょう。

ただし、これらの手法を使って効果的にプロモーションを行うためには、以下のような視点が重要です。

・高額な商品やサービス

・クロージング(取引の決断を促すアプローチ)

・教育的な要素が含まれる商品やサービス

これらはDRMやメルマガアフィリエイトに適した商品と言える一方で、以下のような商品は適していません。

・ 価格が安い商品

・クロージングが不要な商品

・教育が不要な商品

つまり、DRMやメルマガアフィリエイトに適しているかどうかは、価格帯、クロージングの必要性、教育の必要性という要素で判断されます。

特にDRMやメルマガを活用する場合には、リスト(読者)を獲得するプロセスが不可欠であり、リストに対して信頼関係やブランディングを築くためには教育的なアプローチが求められます。

 

商品の価格によって必要な販促方法が異なる

商品の価格が高額な場合、消費者は購入するかどうかを検討する際に多くの懸念や不安を抱くことがあります。

そのため、高価な商品を販促する際には、適切なクロージング(契約締結)が不可欠です。

一方、価格が安い商品の場合、消費者の不安や懸念は少なくなる傾向があります。

そのため、安価な商品ではクロージングの必要性が低く、シンプルな販促方法で効果的に販売できることがあります。

価格が安い商品の場合、ブログやウェブサイトなどのインターネット上のメディアを活用して、ダイレクトな販促を行ったり、商品の販売ページへ誘導するバナー広告などを利用して直接的なアフィリエイトを展開することが適しています。

これに対し、高額な商品やクロージングが必要な商品を販促する場合には、DRMやメールマーケティングが有効であると言えます。

商品の価格帯によって、適切な販促方法が異なるため、ウェブ上のメディアを活用した販促が適しているかどうかは、商品の価格や販促の手法によって異なります。

価格が高い商品やクロージングが必要な商品の販促では、DRMやメールマーケティングを活用することで効果的な営業が可能となります。

 

ウェブ上の販促における商品の適性

商品の特性や需要の程度次第で、ウェブ上での販促が適しているかどうかが変わります。

例えば、既に広く認知されている商品や、ニッチ市場で需要が明確な商品は、直接的な販促が効果的です。

このような商品は、購入意欲が高いユーザーがネットで情報を探している場合が多く、DRMやメルマガなどを利用した販促は必要ありません。

これらの商品は、すでに購入意向があるターゲットに対してメルマガを送るなどのアプローチは不要です。

段階を踏んで商品を売り込む必要もなく、ユーザーに商品の特徴や重要性を教育する必要もありません。

このような商品は、自社サイトやブログを通じての販促、アフィリエイトが適しています。

価格設定やクロージングの必要性、商品に関する教育の必要性などの観点から、高額な商品、クロージングが必要な商品、教育が必要な商品は、DRMやメルマガに適しており、情報商材がこれに該当します。

ただし、情報商材の場合はこれらの条件が整っているため、DRMやメルマガを利用した販促が適しているというわけです。

しかしこの場合、情報商材だけでなく、上記の条件に合致する商品は、DRMやメルマガを利用した販促に適しています。

一方、ウェブ上で効果的な販促やアフィリエイトが適している商品は、一般的にDRMやメルマガには向いていません。

 

商品やサービスの選定に際しての視点と考え方

もしもあなたが、販売や販促を行いたい商品やサービスを選ぶ際に悩んでいるのであれば、まずは商品の価格やクロージングの必要性、教育の必要性などを考慮することが重要です。

例えば、価格が安い低額な商品であれば、販売が比較的容易な場合があります。

これは、価格が安いため競合他社と比較しても魅力的に感じられやすく、消費者の購買意欲を喚起しやすい傾向があります。

また、クロージングの必要がない商品とは、消費者がその商品を購入する決断をするまでの過程で営業マンなどが積極的に働きかける必要がない商品のことを指します。

これは、消費者が自発的に商品を購入する場合が多く、販売プロセスが短縮されることがあります。

さらに、教育の必要がない商品とは、消費者がその商品やサービスの利用方法や特長を熟知している必要がない商品のことを指します。

このような商品は、消費者自身が十分な情報を持っており、追加の説明や教育が必要ない場合があります。

したがって、商品やサービスを選定する際には、これらの要素を考慮し、現在扱っている商品がどちらの条件に該当するかを見極めることが重要です。

そして、その結果に基づいて、ウェブ上のメディアを主体としたビジネス展開や、DRMやメルマガを活用したビジネス展開など、適切な販促方法を選択することがお勧めされます。

以上、DRMやメルマガアフィリエイトに適した商品や、適さない商品を考える際の視点やアプローチについてでした。

ぜひ、参考にしてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP