【ダイレクトレスポンスマーケティング】リスト教育の重要性

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【ダイレクトレスポンスマーケティング】リスト教育の重要性

ダイレクトレスポンスマーケティングの本質的なステップ - リスト教育

ダイレクトレスポンスマーケティングにおける本質的な取り組み方をご説明いたします。

このマーケティング手法は、一連のステップに分かれますが、その中でも特に重要なのが「リスト教育」の段階と言えるでしょう。

最初のステップとしては、集客とリストの収集があります。

しかし、それだけでは十分ではありません。

次に重要なのが、収集したリストを教育することです。

実際には、このステップがうまく実践できている人は決して多くありません。

しかしそれを実践できる人たちは、成功を収めることが多いです。

リストを増やすことや集客を行うことは、一定の壁が存在しますが、それらをクリアしても、リストを適切に教育できなければ意味がありません。

無理に商品を売りつけることは容易ですが、本当に大切なのは、リスト教育の段階です。

初めのステップ「リストを集める」から次のステップ「リストを教育する」に進むことができても、その後のステップ「リストに売る」は非常に難しいものです。

しかし、リストの教育ができれば、その先のステップもスムーズに進めることができるでしょう。

リストの教育が成功すれば、商品は自然に売れるようになります。

ダイレクトレスポンスマーケティングの真髄は、リストの教育にあると考えられます。

実際に、リストの教育は、リストを収集する段階である「オプトイン」から始まっています。

しかしその段階ですら適切に行われていないケースも多いのが現状です。

教育ができない原因の一つは、教育の必要性を理解していないことです。

また、リストを集めるとすぐに売り込みを始める人たちもいますが、この手法は成功しません。

売り込む前に、必ず教育のステップを組み込むことが重要です。

リストを取得した段階で行ってはいけないのが、ただちに売り込みを行うことです。

 

メールマガジンに登録した理由は何か

このメールアドレスが登録されたメールマガジンには、なぜその所有者が登録したのでしょうか。

通常、メールマガジンの魅力を感じ、興味を持ったからでしょう。

多くの場合、紹介ページや発行者に惹かれ、興味を持った結果、登録してくれることが予想されます。

また、無料のコンテンツを受け取るために、魅力的なLPから登録した可能性も考えられます。

いずれにせよ、登録する際には何らかの興味や関心があるはずです。

商品を購入させるためにすぐにメールアドレスを登録したわけではないでしょう。

もちろん、ビジネス上、リストを作成する際には売り込みも重要ですが、それは後で行うべきことです。

ますます重要なのは、最初に信頼関係を築くことです。

そのためには、まず相手が望む情報を提供する必要があります。

相手が求めていない情報や興味のない情報を提供しても、初期段階では相手はあなたの話に興味を持つ理由はありません。

相手が求める情報以外には、相手の注意を引く理由がないというわけです。

信頼関係が築かれていない限り、発信者が主体となりメッセージを発信し、そこから少しずつ信頼を築かなければなりません。

こうして徐々に相手の考えに共感してもらえれば、「発行者が提供したい情報」が自然に「相手が欲しい情報」になります。

言い換えれば、商品を販売することは後の段階に回すべきです。

一定の状況を整えるには、それに適した時間が必要です。

戦略的には、適切なタイミングで商品の紹介を行う流れを取るべきですが、いずれにせよ、オプトイン直後の段階ではまだ早いと言えます。

したがって、大切なのは、まずは相手が欲しい情報や興味を持っている情報、すなわち相手にとって有益な情報を提供し、読者との信頼関係を築くことが必要です。

 

メールマガジンやLPのコピーを活用してターゲットを絞り込もう

さて、相手に伝えるべき情報を明確にするためには、オプトインを得るためのメールマガジンの紹介ページやLPのコピーが大いに役立ちます。

具体的には、「このメールマガジンに登録すべき人はどんな人か」「このメールマガジンを読むべき人はどんな人か」といった点を明確にしておくことが重要です。

明確なターゲットを設定し、そのターゲットに該当する人や類似した人がメールマガジンに登録するようになります。

ターゲットが明確になれば、その人たちが求める情報や興味が明確になりますので、まずはそのような話題から情報提供を行っていきましょう。

こうした価値のある情報提供こそが、信頼関係を築き上げるポイントとなります。

価値ある情報の提供は、確かに簡単なことではありませんが、実は誰もが日常的に行っているものなのです。

信頼関係は理解から生まれるものであり、どんな人でも理解者が存在するはずです。

家族や恋人など、身近な人々が理解者であり、共感者であることが多いでしょう。

ビジネスの世界でも、成功している人々は多くの人々に対してこのスキルを持っています。

特にネットビジネスでは、インターネットを通じてこのスキルを活かすことができます。

メール、動画、X(旧Twitter)、Facebookなど、様々な媒体を通じて情報を提供し、共感を生むことが重要なのです。

 

ビジネス成功の秘訣:インターネットを活用したコミュニケーションの重要性

時に、自分の本質とは異なる姿を演じたり、事実と異なる情報を発信しても、多くの理解者や共感者を集めることができれば、ビジネスは成功する可能性があります。

嘘が原因で信頼を失うこともあるかもしれませんが、何にせよ他者との理解や共感を築くことが、ビジネス成功につながることは間違いありません。

このプロセスは、小規模なスケールで起こることで、誰もが日常的に行っているかもしれません。

具体的には、自身の信者を増やす方法として、文章を通じて考えや意見を伝えるスキルが必要です。

これがコピーライティングです。

ダイレクトレスポンスマーケティングの段階として、「リストの教育」としていますが、その本質は他者に自分を理解してもらい、信頼を築くことに他なりません。

高飛車に振る舞ったり、有益な情報を提供して敬意を得ることだけを考えると、多くの人はこのプロセスを難しく捉えがちです。

しかし、少なくともメールマガジンに登録してきた人たちは、発信される情報に興味を持っているため、自らメールアドレスを提供しているのです。

したがって、残りはその人々とのコミュニケーションを楽しむことです。

メールマガジンは、一度に100人、1000人、10000人に向けてメッセージを発信できるので、集まったフォロワーに対して楽しい話をすることで盛り上げることが重要です。

最初は1人や2人かもしれませんが、人間関係や人脈づくりはそうしたプロセスから始まるものなのです。

 

理解者を増やすビジネス成功のためのコツ

ビジネスを成功させるためには、まずは一人の理解者を得ることが重要です。

例えば、メールマガジンの読者が一人でも、その一人に自分のメッセージがしっかりと伝わるようになれば、それはすでに素晴らしい人間関係の構築です。

ただし、注意しなければならないのは、その読者は何か情報を必要としてメールマガジンに登録したということです。

日常的な会話やおしゃべりだけではなく、読者が求めている情報を提供することが重要です。

そのポイントを意識して、上から目線にならずに、わかりやすく情報を提供していくことが大切です。

言い換えると、読者にとっては異性からのナンパのようなものです。

しかし、そのコミュニケーションが相手にとってつまらないものであれば、当然関係は途切れてしまいます。

誰しも、自分の好みの相手から声をかけられるとテンションが上がります。

会話を楽しく弾ませ、相手が喜ぶテーマを提供することが大切です。

自分のブログやオプトインの段階でテーマが明確であれば、相手に喜ばれる情報も決まっています。

重要なのは、そのテーマをどのように広げていくかです。

メールマガジンは時間をかけて作成することができるので、継続して魅力的な情報を提供することが可能です。

時間をかけて情報を提供し、それが読者に愛されることで、結果的にビジネスが成功につながっていきます。

自分なりに真剣に取り組んだ記事を提供することで、満足感や達成感を感じることができます。

あなたもこのようなアプローチで情報を発信していきましょう。

これが、リスト教育の真髄であると考えられます。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP