【リピーター向けのブログ記事】書いてはいけない理由と効果的な執筆方法

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【リピーター向けのブログ記事】書いてはいけない理由と効果的な執筆方法

ブログ記事を新規読者に向けて書くべき理由

ブログ記事を書く際には、なぜリピーターに向けて書いてはいけないのか、そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

しかし、ブログの記事は基本的に新規読者を想定して書くべきです。

つまり、記事全体がリピーターだけをターゲットとするような内容であってはいけないのです。

この理由の一つとして、ブログに投稿される記事はすべて検索エンジンで検索された際にヒットする可能性があるため、常に新規の読者が訪れることを前提に考えるべきです。

そのため、リピーターに向けて書かれた記事は新規読者の関心を引き下げる可能性があります。

つまり、ブログ記事は常に新規読者が目にすることを前提に、内容を構築していく必要があるということなのです。

通常、「先日お伝えした通り...」「以前にも述べた通り...」「前回の記事で述べたように...」など、リピーターを前提としているような表現は、新規の読者や前回の記事を読んでいない人にとっては情報が不足していると感じられるかもしれません。

 

効果的なブログ記事の執筆方法

たいていの場合、このような文体で書かれた記事は、すでに前提となる記事を読んでいる読者が、その内容を理解できるようになっています。

しかし、ブログを訪れる多くの読者は、そのような特定の記事を読んだ人間ではありません。

実際、ブログの訪問者や読者の大部分は、前回の記事などに触れたことがないという現実があります。

そのため、ブログを更新する際には、毎回新たな読者も意識する必要があります。

従って、どの記事でも「初めて訪れる読者」を意識して、一部は以前の記事を読んでいない読者もいることを前提にして、文章を構成することが重要です。

たとえば、「先日の記事で述べたように…」、「これは以前の投稿で言及した内容ですが…」、「前回の記事でも解説した通りです」といった表現を使うことで、先行記事を読んでいない読者にも適切に内容を伝えることができます。

さらに、より詳細な情報を求める読者を考慮し、「前回の記事」とリンクするなどして、関連記事へ誘導することで、すべての読者を適切に考慮した記事構成となります。

 

ブログ記事の執筆において考慮すべき点

ブログ記事を書く際には、新規訪問者や特定の記事を読んでいない訪問者を対象にしていることを前提として考える必要があります。

全ての訪問者がリピーターであるとか、全ての記事を読んでいるという前提で執筆すべきではありません。

実際にはそのような状況の訪問者はほんの一握りであるため、すべての記事が初めて読まれる可能性を捨ててしまうわけにはいきません。

もしも特定の記事を読んだ人だけを対象にして情報を提供する場合、それはブログではなくメルマガが適しています。

ブログ記事は基本的に全ての記事が初めて読まれる可能性を考慮しなければならないため、特定の情報を提供する際には、その順序を意識した形で情報を届けることが求められます。

そのような場合、情報提供の順序を自由に決められるメルマガが適しているのです。

こうした考え方に基づいて、ブログとメールマガジンの使い分けや違いについて解説した記事がありますので、参考にするとよいでしょう。

【ブログとメールマガジン】の違いと使い分けのポイント

https://soshikika.com/writing/blog-vs-email-newsletter-difference-and-usage-tips/

今回の講座では、稼げるブログの作り方において、リピーターに向けた記事を書けない理由に触れてきました。

もしも自身のブログでリピーターを主なターゲットとしている記事がある場合は、その記事には特に配慮が必要です。

リピーターにだけ向けた記事は、多くの訪問者の反応を低下させる可能性があるからです。

この点を踏まえて、記事執筆に取り組んでいただけると幸いです。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP