【効果的な文章】作成のための常用漢字、ひらく漢字の使い分け

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【効果的な文章】作成のための常用漢字、ひらく漢字の使い分け

文章の漢字とひらがなの使い分けについて

文章を書く際には、漢字やひらがなの使い分けが非常に重要です。

漢字が多すぎると文章が読みにくくなり、逆にひらがなばかりだとそれもまた読みづらいとされています。

では、適切なレベルで漢字を使用するにはどの程度が適切なのでしょうか。

ここでは、文章全体の視認性や印象を考えた上での漢字とひらがなの使い分けについて解説していきます。

特に、ブログ記事やメールマガジンなど、多くの人が読むことを想定した文章を対象にしています。

文章の前提や目的によっても、漢字とひらがなの使い分けは変わってきます。

しかし、どんな文章でも共通して言えるのは、読みやすさと理解しやすさを意識することが大前提です。

これを怠ると、良い文章になることは難しいでしょう。

漢字には「常用漢字」というものがあり、法令文や公用文、新聞などで使われる漢字は基本的に常用漢字に限られています。

そのため、常用漢字に含まれる漢字は多くの人が読み慣れていると言えます。

 

文章作成における漢字の使用について

文章を書く際、ネット上などでよく目にする文章は、基本的に「常用漢字」の範囲内の漢字で構成されています。

つまり、 一般的には、常用漢字に含まれる漢字を使い、含まれていない漢字は使わないというのが一つのルールとなっているわけです。

常用漢字は、 漢字の中でも日常的に使用されるものがリストアップされたものであり、 常用漢字に含まれていない漢字を使った文章が必ずしも誤りとは限りません。

同様に、常用漢字をひらがなで表記することも間違いではありません。

実際、 常用漢字には、ひらがなで表記されるべきとされている漢字もあり、 これらの「ひらく漢字」は一般的に、ひらがなにすることで文章が読みやすくなると言われています。

ただし、 法令文や公用文のように、全ての文章がスムーズに読まれることが前提となっている文書とは異なり、 ブログなどの文章にはこの前提は当てはまりません。

文章全体がスムーズに読まれることを重視するならば、「認知度の高い漢字を適度に使用する」といった視点で、 常用漢字やひらく漢字を考慮することが、読者のストレスを軽減する手助けになると考えられます。

 

文章表現の配慮と読み手の反応について

この時点でブログやメルマガなどで使われる文章において配慮が必要な点として、読者が途中で読むのを止めてしまう可能性や、文章全体を流し読みする可能性について考慮する必要があるということが挙げられます。

さらに、 読者の反応にも注意を払う必要があります。

そのため、ブログやメルマガなどで文章を書く際には、文章の読みやすさや読者の反応に焦点を当てることが重要です。

具体的には、文章の理解しやすさと反応を考慮するために、漢字とひらがなの使い分けに細心の注意を払って文章を作成する必要があります。

漢字にはその漢字自体に意味が含まれており、ほとんどの読者は漢字を認識するだけでその意味も理解できる場合がほとんどです。

ですから、読者が漢字を認識した時点で、その漢字に込められた意味や印象を伝えることが可能となります。

たとえそれが常用漢字やひらがなに置き換えられる漢字であっても、読者がその漢字から受け取る認識や印象を重視する場合、意図的に漢字を用いることが効果的となることもあります。

たとえば、以下の文章例を比べてみましょう。

「なぜ、あなたは文章を書くことに苦手意識を持っている人が多いのか。」

「何故、あなたは文章を書く事に苦手意識を持っている人が多いのか。」

「何故、あなたは文章を書くことに苦手意識を持っている人が多いのか。」

この例文の中で、「何故(なぜ)」や「書く事(書くこと)」といった箇所は、一般的にひらがなに置き換えられる漢字です。

 

文章の読みやすさと漢字の使い分けについて

このような「1行だけの文章」を見た場合、大きな違いがないように感じるかもしれませんが、 一般的に言われる「読みやすさ」や「漢字の使用を避ける」という観点から考えると、 「なぜ、あなたは文章を書くことに苦手意識を持っている人が多いのか。」

という「ひらがなを使った文章」が適しているとされます。

しかし、ブログやメールマガジンなどの文章では、 読者が文を全体的に読み流す傾向があるため、「なぜ」を「何故」と表現することで、その2文字だけでもすぐに意味を理解させ、印象を与えることができます。

したがって、このような短文では、「なぜ」という表現には「何故」という漢字を使うことが多いですが、 「書くこと」については「こと」が一つの語でなく「書く事」として表現し、 読者が解釈しやすいと考えられます。

したがって、漢字を使う割合が多い場合は、「書くこと」を表現する際にも漢字を使います。

つまり、この3つの例文の中で言えば、「何故、あなたは文章を書くことに苦手意識を持っている人が多いのか。」

という表現が適しています。

漢字とひらがなは、「読みやすさ」と「印象」を考慮して使い分けるべきです。

常用漢字やひらがなに縛られる必要はなく、 特にブログやメールマガジンなどの文章では、 漢字の使用方法が文章全体の「印象」に影響するため、 読者の「反応」や文章の「読みやすさ」を考える際に、漢字とひらがなの使い分けに注力すべきです。

 

コピーライティングにおける漢字の使い分けについて

コピーライティングとは、商品やサービスを宣伝・広告する際に、効果的な文言や表現を作成する技術のことです。

その際、漢字の使い分けも重要なポイントとなります。

一般的に、"常用漢字"と"ひらく漢字"の使い分けがあります。

"常用漢字"は日本で広く使われていて、公的な文書や報道、広告などで使用されることが多い漢字です。

一方、"ひらく漢字"は漢字の中でも一般的にあまり使われない、専門的な分野や古典などで使用される漢字です。

コピーライティングにおいては、ターゲット層や表現のニュアンスによって、これらの漢字を使い分けることで、より効果的な表現が可能となります。

常用漢字の方が一般的でわかりやすい場合には、それを選択することで広告のメッセージが伝わりやすくなります。

逆に、専門的な分野や高級感をアピールしたい場合には、ひらく漢字を積極的に活用することで、より効果的な訴求が可能となります。

漢字の使い分けは、広告の効果や印象を左右する重要な要素となりますので、注意して選択することが求められます。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP