【読者が理解できる言葉、用語】効果的なブログ記事の書き方

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【読者が理解できる言葉、用語】効果的なブログ記事の書き方

ブログ記事に適切な言葉を使用する重要性

ブログ記事を書く際には、読者が理解できる言葉や専門用語を選択することが大切です。

誰もが理解できる言葉を使わない限り、一部の読者が内容を理解できなくなる可能性があります。

そのため、記事を書く際には、以下の点に留意する必要があります。

1. 「分からない言葉」を使わないようにすること

2. 読者が理解できない場合に配慮した表現を用いること

記事内で使用する言葉や用語が読者にとって未知のものである場合、内容が理解しにくくなります。

読者が「何を言っているのかわからない」と感じると、記事の意図が十分に伝わらない可能性があります。

そのため、わかりやすい表現や説明を心掛けることが重要です。

文章を読んだ訪問者が、「内容が理解できない」「説明がわかりにくい」と感じるのは、文章そのものが複雑であるか、使用されている言葉や用語が理解できない場合です。

文章の構成や表現方法はスキルでカバーできますが、未知の言葉や用語を多用している場合には、記事全体が読み手にとって理解しづらいものとなってしまいます。

したがって、ブログ記事を書く際には、読者が理解しやすい言葉遣いに気を配ることが重要です。

記事を通じて伝えたいメッセージを正しく届けるためには、読者がスムーズに理解できる表現を心掛けましょう。

 

記事執筆における用語選択の注意点

記事を書く際に気を付けることは、一般的ではなく専門的な言葉、ネット用語、そして若者の言葉を避けるということです。

これらの言葉を使うと、読者の中には意味が分からないと感じる人が出てきます。

その結果、文章がわかりにくい印象を与える可能性があります。

読者が理解できない言葉や専門用語が増えるほど、記事全体が読まれなくなる可能性もあります。

専門用語やネット用語、若者言葉の使用には慎重を期す必要があります。

ただ、実際の文章作成において、ネット用語や若者の言葉を使う必要性はほとんどありません。

これらの言葉は使わない方が無難です。

それでも、これらの言葉を使う場合は、その言葉を理解できるネットユーザーや若者をターゲットに設定する必要があります。

そのような特定の読者層を対象にする場合以外では、基本的にはこれらの言葉を避けるべきです。

テーマが特定の人々に偏っていない限り、これらの言葉を使用するメリットはほとんどないはずです。

したがって、ネット用語や若者言葉の使用はできる限り避けることが重要です。

 

専門用語を使う記事の書き方

専門用語を使う場合、その用語を理解できる人をターゲットにしましょう。

一方で、その用語を理解できない人にも記事を読みやすくするための配慮が必要です。

そのため、専門用語を使う際にはできるだけ補足を入れて説明し、専門用語が分からない人向けの解説記事も併せて作成すると良いでしょう。

こうすることで、専門用語が分かる人にもわかりやすい記事になり、また、専門用語が分からない人にとっても有益な学習の機会になります。

その結果、ターゲットの幅が広がり、訪問者の満足度も向上することが期待できます。

 

専門用語の解説について

ページの最初に配置されるコピーを「ヘッドコピー」と呼びます。

それに続く文章全体を指す「ボディコピー」では、一般的に「QUESTの法則」と呼ばれる構成パターンに則って記述されます。

この法則については、関連する記事で詳しく説明されていますので、初めて耳にする場合は、ぜひ参考にしてください。

【コピーライティングの法則】QUEST、AIDMA、PASONAの法則とは?

https://soshikika.com/writing/copywriting-rules-quest-aidma-pasona/

セールスレターやライティングに関する専門用語である「ヘッドコピー」「ボディコピー」「QUESTの法則」といった用語が当たり前のように登場する文章では、これらの言葉の意味を既に理解していることが前提となっています。

一般的な人々にとってはなじみの薄い表現なので、ライティングに関する知識がない人にとっては、非常に理解しにくい文章となってしまうでしょう。

それに対し、説明や補足が加えられた文章では、細かな専門用語の理解がない読者でも、説明文を通じて一定の意味を理解できるようになっています。

また、「QUESTの法則」に関しては、簡単な補足文だけでは不十分なため、詳細な説明が必要な場合には、解説記事へのリンクが提供されています。

このような形式を取ることで、専門用語に精通している読者はそのまま記事を読み進めることができ、用語の詳細を知りたいという読者は専門記事に移動することができます。

こうした構成により、訪問者の理解度や興味に合わせた記事やブログを作成することが可能となります。

 

記事の読みやすさを考慮した記事作成のポイント

記事をできるだけ多くの人にアピールするためには、ネット用語や若者言葉など、認知度に個人差のある言葉や用語を避けることが大切です。

また、専門的な用語を使う際には、その用語が理解できない人にもわかりやすく補足説明を入れることが重要です。

具体的には、記事の中で補足説明を交えるか、理解できない人向けに解説記事へのリンクを設けるなど、配慮を加えながら記事を構築していくのがベストなやり方です。

是非、これらのポイントを参考にしてみてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP