【メルマガの配信時間】効果的な時間帯とは

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【メルマガの配信時間】効果的な時間帯とは

メルマガの配信時間について詳しく解説します

最近、メルマガの配信時間に関するご質問をよくいただくので、今日はそのテーマについて詳しくお話ししたいと思います。

メルマガを配信する際にどのような時間帯が最も読者に「読まれる」のか、ということについてです。

インターネットで調べても、様々な情報が出てきて混乱してしまうこともあるかもしれませんが、一緒に考えていきましょう。

メルマガの配信時間は重要なポイントの一つです。

一見コピーライティングとは関係がないように思えるかもしれませんが、実は密接に関連しています。

特に、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の観点から見ると、配信時間は重要な要素の一つです。

ただし、実際のところ、メールマガジンを正しくターゲットに向けたものとして運用する場合、配信時間が開封率に大きな影響を与えるわけではありません。

具体的には、DRMを前提とするメールマガジンの場合、配信時間が反応(開封率)に与える影響はそれほど大きくないということです。

ただし、もしもそのメールマガジンがスパムメールに近いような無差別な読者に配信されるような広告的なメルマガである場合、配信時間が開封率に一定の影響を与える可能性はあります。

 

メールマガジンの配信時間における重要性

メールマガジンを配信する際に、受け手である読者の意識やメールマガジンの捉え方によって、配信時間が大きな影響を受けることがあります。

例えば、特定の時間帯にメールが届くと開封するが、別の時間帯には開封しないといった基準でメールを読むかどうかを判断する人は少ないでしょう。

メールが誰から送られてきたかが、開封基準となることが一般的です。

友人や仕事関係者からのメールは、いつ送られてきても確実に開封し読むものでしょう。

こうした中で、DRMを前提としたメールマガジンは、読者が必ず開封し読む状況を作ることが重要です。

読者にとって内容が役立つものや、信頼できる差出人からのメールは、必ず読まれると考えられます。

そのため、配信時間が開封率に大きな影響を与えるようでは、まだまだ改善の余地があると言えます。

DRMを前提とするメールマガジンは、配信時間よりも読者が開封し読む状況を整えることが本質であり、目指すべき方向であると言えるのです。

 

メールマガジンの効果的な配信時間について

皆さんも日常生活でメールを受信する際、そのメールが誰から送られてきたかを見て、開封するかどうかを判断することがあると思います。

特に価値を感じるメールマガジンであれば、受信時刻や配信時刻に関わらず、必ず開封して購読するでしょう。

メールマガジンの配信時間は、発行者が事前に設定するものであり、読者がメールボックスにメールを受け取る時刻を指定するものではありません。

一般的に、メールマガジンを購読している読者の大半は、フリーメールやメールソフトを使用しており、定期的にメールを確認しています。

また、スマートフォンなどでリアルタイムにメールを受け取り、開封する読者は比較的少ないと言えます。

したがって、メールマガジンの発行者が何時に配信を行おうとも、多くの読者はそのタイミングでメールを受信しているわけではありません。

現在の状況を考えると、読者がメールをチェックする時間帯は様々であり、特定の時間帯に多くの読者がメールを確認しているといった傾向はほとんど見られません。

それぞれの読者が自身の習慣や生活リズムに合わせて確認しているため、効果的な配信時間を探すことは難しいかもしれません。

 

メールマガジンの開封率向上について

リアルタイムにメールをチェックしている状況であっても、 興味を持たせる発行者からのメルマガでなければ、 届いても読む人は少ないです。

逆に、魅力的な発行者からのメルマガであれば、 届いてから数時間後でも、 きちんと読まれる可能性があります。

言ってみれば、メルマガの開封率は、 配信時間に関わらず、「読者がどれだけそのブランドを認識しているか」が最も重要だと言えます。

もし、そのメルマガがスパムメールに近く、「誰にでも送りつける広告メール」であれば、 ブランド構築という観点からは期待できないため、 開封率を上げるためにはリアルタイムでメールを送るしかありません。

スパムのようなメールは、 後から見つけられる可能性がほぼゼロなのです。

しかし、DRMを前提としたメルマガであれば、 開封率は配信時間ではなく、 ブランド構築を重視して引き上げていくべきです。

それが、メルマガ発行者としてふさわしいスタンスだと考えます。

DRMを前提としたメルマガなら、 LPやオファーを通じて読者を集めているはずなので、 新規読者は、メルマガに登録する前に「このメルマガを読みたい」という意欲を持っているでしょう。

 

メールマガジンの価値提供と関係構築の重要性

読者が積極的に登録してくる段階では、まずはメールマガジンを通じてしっかりとした価値を提供することが不可欠です。

読者が「このメールマガジンは役に立つ」「この著者のメールはこれからも読みたい」と感じるような反応を引き出すことが目標です。

配信時間を気にする前に、ブランディングや読者との関係構築に注力することが重要です。

メルマガの内容が適切であれば、配信時間の微調整にこだわる必要はありません。

むしろ、クオリティや精度を向上させることに力を入れるべきです。

スパムメールとは異なり、読者に価値ある情報を提供することが重要なので、配信時間にこだわる必要性は極めて低いと言えます。

以上がメルマガ配信のポイントであり、これが成功するための鍵となるでしょう。

是非、参考にしてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP