【実名か匿名か】ブログの効果的な戦略とは

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【実名か匿名か】ブログの効果的な戦略とは

ブログの運営において実名と匿名の選択について

ブログを運営する際、実名を使用するか匿名(ハンドルネーム)を使うか。

この問題に関して、実名を使用する人も匿名を選択する人もいます。

一方で、「どちらが良いのか」と迷う人や法的規定に不安を感じる人も存在します。

今回はそのメリットとデメリット、法的規定について詳しく説明していきます。

まず、「どちらが良いのか」という点について率直に述べると、僕の経験から言えることは、「実名か匿名かで結果や実績が大きく異なることは稀である」という点です。

コンサルティングを通じて様々なブログを見てきた経験から言えることは、ブログの運営者が実名である場合も匿名である場合も、その結果や実績に大きな差はないということです。

実名で成功を収めているブログもありますし、匿名でも同様の成果を出しているブログもたくさん存在しています。

匿名であることが明確に分かるブログもあれば、実名風の匿名を使用しているブログもありますが、それらの違いが結果や実績に影響を与えることはほとんどありません。

結局のところ、肝心なのはブログの中身であるというのが僕の結論です。

ですので、結果や成果を追求する際には、実名を使うか匿名を使うかに悩む必要はほとんどないと考えます。

そのため、「実名でブログを運営するのに抵抗がある」と感じる場合は、迷わず匿名でブログを始めても問題はありません。

 

匿名ブログとアフィリエイト活動における法的観点について

多くの方が、アフィリエイトを目的にブログを始める際に、匿名での運営が可能かという点で悩むことがあるようです。

法的観点からその疑問にお応えします。

現在の法律では、アフィリエイトを目的とするブログでも、運営者の実名を公開する義務はありません。

つまり、匿名でブログを運営することに法的な問題はありません。

ただし、インターネット上で商品やサービスを提供する場合には、「特定商法に基づく表記」を掲載する必要がありますが、これは主に商品やサービスを提供する事業者に対しての義務であり、アフィリエイターには直接関係ありません。

したがって、ブログの運営方法については、匿名で行うことが許容されています。

ただし、ブログで集めた読者に対してメールマガジンを送信する場合には、「特定電子メール法」が適用されることがあります。

詳細については関連の記事をご参照ください。

要するに、アフィリエイトを目的とするブログにおいては、実名を公開する必要はありません。

アフィリエイターには「特定商法」が適用されないことを覚えておくと良いでしょう。

つまり、ブログを実名で運営するか匿名で行うかは、自由に決めて構いません。

 

ブログの実名と匿名の選択について

実は、ブログを運営する上で最も重要なのは、SEOやSNSでの露出などの要素ではなく、コンテンツの質なんです。

つまり、記事1つ1つの内容が大切なのです。

ただし、ブログの運営方針や運営者の印象については、実名か匿名かで微妙に違いが出てくるかもしれません。

その場合、重要になるのは、どの方向性でブログを進めたいか、ということ。

基本的には、ブログの方針に合った形で実名か匿名かを決めると良いでしょう。

実名か匿名かを判断する基準は、自分がブログをどのような方向性で展開していきたいかということです。

フランクで親しみやすいハンドルネームを使って、読者との親近感を重視する方針も良いですし、本名を使って堅実な印象を与えたい場合もあります。

この選択によって、ブログのトーンや方向性が変わってきます。

そして、ここで大事なのは、どちらが正解かではなく、自分がどの方向性でブログを展開したいか、ということです。

例えば、フランクなブログも堅実なブログも、どちらもビジネス的に成功している例があります。

僕のブログは、比較的硬派な印象で、堅実な方針で運営しています。

もしも、僕が「ウザ吉」のようなハンドルネームを使っていたら、ブログの印象がガラリと異なったことでしょう。

もちろん、実名を使いたいけれど本業上の理由で匿名を希望する人もいます。

その際は、実名っぽいハンドルネームを使えば問題ありません。

要するに、匿名でも、一目で匿名とわかるものもあれば、本名なのかハンドルネームなのかわからないものもあります。

どちらでも問題はないのです。

ブログの運営方針や印象を決める際には、自分の理念や目的に忠実であることが重要です。

 

個人情報の扱いについて考える

情報を公開する際に、本名や匿名のどちらを選択するかについて悩むことがあります。

本名を公開することに抵抗がある場合、匿名(ハンドルネーム)を使用することになります。

ただし、匿名でもあまりにも個人を特定できるようなハンドルネームを選択することも避けるべきです。

ハンドルネームが明らかであるからと言って信用を失ったり、売上が上がらなくなるということはありません。

ブログを読む人々は、運営者の名前が本当の本名であるかどうかにはそこまでこだわらず、提供される情報の信憑性や有益さを重視します。

結局のところ、本名か匿名かよりも重要なのは、自分が提供する情報が読者にとって有益であるかどうかです。

自身の活動方針に合った形で名前を選ぶことが重要であり、名前の選択基準はこの点に集約されると言えます。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP