【宗教概念とコピーライティング】の効果的な活用法

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【宗教概念とコピーライティング】の効果的な活用法

宗教学とコピーライティングにおける普遍的な概念について

今回は、さらに深い視点から「宗教学」というテーマを取り上げて、コピーライティングにおける本質的な要素について探求してみたいと考えています。

宗教学という分野はやや理解が難しいかもしれませんが、そのようなテーマこそ、頭を鍛えるための良いトレーニングとなるので、ぜひ読んでみてください。

普遍的かつ潜在的な「宗教観」というものが、人々に備わっていると言えます。

生まれてから潜在的に吸収してきたと表現するのが適切かもしれませんが、世界中、どの国を訪れても、その土地や地域には、小さな部族や民族から国家規模のものまで、その土地独自の宗教観や文化が存在します。

そして、日本も例外ではないと考えられます。

歴史的な背景もありますが、日本に住む人々はキリスト教や仏教などさまざまな宗教を信仰し、その宗教の行事に違和感なく参加することが一般的です。

世界的に見れば、このような国は珍しいかもしれません。

私自身は、日本は最先端の宗教観を持つ国だと感じていますが、同時に、異なる視点から見ると、異常な宗教観を持つ国だとも思われるかもしれません。

日本人の感覚からすると、一つの宗教に深く帰依し、お祈りや断食などの宗教行事に厳密に従う人々は、合理性を欠いた謎めいた存在に映るかもしれません。

ですが、風土や文化が異なれば、宗教観も異なるものであり、それに伴う常識もまったく異なることがあるのです。

それでも、日本人は多くの点で共通した宗教観を持っていると言えます。

例えば、神や霊を信じず無神論者を自認する人でさえも、一人で墓地に行くという行為に抵抗を感じることがあるでしょう。

また、お地蔵さんや仏壇に冒涜的な行為をすることには躊躇いを覚えることでしょう。

 

コピーライティングにおける「潜在的宗教観」の重要性について

私はそういう考え方の方なので、よく理解できますが、神や霊をまったく信じていないというのは、意識の上での理屈です。

どこかには無意識にでも宗教的な考え方が影響を受けているのです。

これがいわゆる「潜在的宗教観」と呼ばれるもので、映画や小説などの物語だけでなく、コピーライティングにおいてもこの「潜在的宗教観」は非常に重要な要素となります。

例えば、次のようなコピーをご覧ください。

「あなたがこの手紙を読んでいるのは運命です。」

「神様があなたにチャンスを下さったのです。」

このようなコピーは、まさに「潜在的宗教観」に訴えかけるものであり、私のように神や霊を信じない立場の人にも何かを伝えようという意図が感じられます。

むしろ、私たちの内に眠る「潜在的宗教観」に反応を引き起こすものとなっています。

言わば、コピーライティングにおいてもこの「潜在的宗教観」は、賛否両論ある意味で使うことができる道具であると言えます。

中にはこの「潜在的宗教観」を悪用するような悪徳商法的な手法も存在しますが、適切に使われたコピーはその背景にある理屈を理解することが重要です。

理解されなければ、ただの怪しいコピーとして受け入れられるだけでしょう。

実際、ネット業界にはこのようなコピーが多く存在しています。

例えば、次の文を読んでみてください。

「人は死に至ると魂が体を離れ、天へと昇っていく。」

「神は存在する。毎週水曜日に現れる。」

どのような感情が湧き上がるでしょうか。

深く考えず、平静な意識で読んでみてください。

 

概念の違いが生じるのは、言葉による表現の違いに起因している可能性が考えられます

もしあなたが2つの文章を読んで、「違和感」を感じたならば、それは、あなた自身が持つ「潜在的宗教観」が、 誰かが水曜日に定期的に現れるという概念といった一定の時間・空間に縛られる考え方に抵抗を感じているからかもしれません。

一方で、魂や天国への昇天という概念には、 ある程度の神秘性を感じることができるかもしれません。

時に、宗教的な要素を刺激する言葉やフレーズを使用するとき、 多くの人達が抱える「潜在的宗教観」を見落としてしまうことで、 「不自然な感じのする表現」が生まれてしまいかねません。

もちろん、「魂」や「天へと昇る」といった概念は、 物理的な観点からは疑問符がつくかもしれませんが、 それが人々が持つ「潜在的宗教観」に合致している場合、 その表現には神秘性が宿り、人々の関心を惹きつけることができるのです。

宗教的信念だけでなく、一般的な「潜在的概念」にも、 古い物語や伝説などが影響を与える場合があります。

例えば、「動く植物」、「話す動物」、 「目に見えない存在」といった概念は、現実には存在し得ないものですが、 これらは昔話や神話において頻繁に登場し、 「潜在的概念」の中で受け入れられることがあります。

実在しないからこそ、 こうした要素が含まれる文章にも、「神秘性」を感じることができるでしょう。

「神秘性」と「非現実性」にも関わらず、実在する神や霊を信じない人々も、 様々な「神秘的な要素」に魅了されることがあります。

科学よりもUFO、化学よりも錬金術、ニュースよりも都市伝説、現実よりも占いなど、 未知の領域に関連するものには、人間は興味を持ち、 一旦その理解が深まると、それを信じ込む傾向が強いのです。

 

情報の使い方についての注意点

こういった内容が注目を集めたり、大きなビジネスの一翼を担っている例は少なくありません。

これらの要素は、使い方次第で神秘的で刺激的な要素として活用されることもあります。

深く理解し認識することで、信頼を築くための要素としても役立ちます。

ただ、このような要素は一方では危険な道具であり、誤った使い方をすれば疑わしいものになりかねません。

これは上級者向けの要素と言えるでしょうが、コピーライティングやその概念を熟知していない人ほど、このような材料を簡単に取り入れようとする傾向があります。

もしも非現実的な要素が強い材料や潜在的な宗教観に訴えかけるコピーを使用する場合は、その概念をよく吟味することから始めてください。

使い方次第では、強力な武器となるでしょう。

もちろん、悪用は絶対に避けるべきです。

それでは、また次回お会いしましょう。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP