【フロントエンド、バックエンド】商品のセールスコピーにおける違いとポイント

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【フロントエンド、バックエンド】商品のセールスコピーにおける違いとポイント

フロントエンド商品とバックエンド商品のセールスコピーを検討する際のポイント

マーケティングの視点から見ると、フロントエンドとバックエンドという用語は、販売戦略において異なる商品カテゴリを指します。

フロントエンド商品は、新規顧客に最初に提供される商品であり、一方、バックエンド商品は、フロントエンド商品を購入した顧客に向けて提供される商品です。

通常、フロントエンド商品は新規顧客を獲得するために重視されるため、価格帯が抑えられ、手軽に購入できる商品が多く含まれます。

一方、バックエンド商品は、既存顧客からの利益を最大化することを重視するため、一般的に高額な商品やサービスが提供されます。

フロントエンド商品とバックエンド商品の違いは、セールスコピーを書く際にも影響を及ぼします。

特に、商品の販売元(自社商品であれば自社)と顧客との信頼関係が重要なポイントです。

フロントエンド商品を販売する段階では、まだ販売元と顧客の間に確固たる信頼関係が築かれていないことが一般的です。

 

バックエンド商品の販売において重要な準備とは

バックエンド商品を販売する際には、まずフロントエンド商品を先に展開しておく必要があります。

この段階でフロントエンド商品とその購入者向けに提供される情報により、信頼関係が築かれます。

バックエンド商品の販売段階でも、これらの満足度が大きな影響を及ぼします。

バックエンド商品は、フロントエンド商品に満足している顧客や情報提供により信頼を得た顧客をターゲットとしています。

一方、不満足な顧客や不十分な情報提供からの顧客は、バックエンド商品の販売には至らないでしょう。

そのため、セールスコピーの重要性は高く、特にフロントエンド商品のセールスコピーが重要であり、それが成約率に大きな影響を与えます。

バックエンド商品の成約率は、フロント商品の満足度や情報提供によって左右されるのです。

こうした視点から、セールスコピーにおいて、フロントエンド商品のコピーの重要なポイントは、商品やオファーへの興味喚起や成果、リターンの認識です。

まずは商品に対する興味を引き出す"ヘッドコピー"が非常に重要となります。

 

フロントエンド商品の販売段階において重要なこと

現時点では、まだ見込み客との信頼関係も築かれておらず、彼らは商品自体にもあまり関心を持っていません。

彼らは商品を案内するオファーにも興味を持っておらず、それらを紹介するコピーを読む意欲も低い状況です。

このため、ますます重要になるのは、まずは商品やオファーに対して彼らに興味を持ってもらい、そしてそのセールスコピーそのものが見込み客を引きつけることです。

しかしながら、信頼関係がまだ薄い段階では、その成果を裏付ける客観的な証拠や既存の購入者からの声などが、信頼を築く材料となります。

そのため、これらの要素を強調したコピーを作成する必要があるのです。

具体的には、フロントエンド商品のコピーは「興味」と「客観的証明」にフォーカスを当てるべきです。

一方、バックエンド商品のセールスコピーでは、先行するフロントエンド商品によって得られた「満足度」や「リスト教育」によって築かれた信頼に基づき、「見込み客に対して明確なメリットがある商品」であれば、彼らは率直に興味を持つでしょう。

そのため、バックエンド商品のセールスコピーでは、「興味を引くこと」よりも、「料金」と「成果やリターン」のバランスや、「支払う金額に見合った価値がある商品であること」を強調し、納得してもらうことが成約につながります。

バックエンド商品は、利益を重視した商品やサービスを前提に考え、その価値を強調するコピーを作成することが重要です。

ただし、商品を高額に設定するほど、それに見合う付加価値や価値を認識させる難易度は高くなります。

 

適切な商品価値のアピールが重要です

価格に見合わない商品の価値を誇大にアピールすることは誇大広告となり、信頼関係を損ねる可能性があることを理解してください。

このような手法で一時的な売上を上げることもできますが、クレームやトラブルにつながる可能性があります。

このような短絡的なやり方は、長期的には顧客を失うことに繋がります。

そのため、商品の価値に見合った成果を提供し、それを正しく伝えるための適切なセールスコピーを作成することが重要です。

以上、フロントエンド商品とバックエンド商品におけるセールスコピー作成のポイントについて解説しましたので、参考にしてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP