当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

コピーライティングの将来性についての熱い討論

最近、僕のメールマガジンの読者様から、非常に興味深い質問をいただきました。

具体的には、「コピーライティングの将来性」についての疑問でした。

この方は、あるマーケティング会社の社長から、コピーライティングのスキルに疑問を持たれた経験をお持ちであり、その主張に対して僕の意見を求めてくれました。

この質問が非常に興味深いものであると感じ、僕は他の方々にも意見を尋ね、さらに議論を深めていくことにしました。

これについての話題を共有し、一緒に考えてみたいと思います。

今回のテーマは、「コピーライティング終焉論」への反論です。

早速、その議論を紐解いていきたいと思います。

読者様からの質問は、以下のような内容でした。

「コピーライティングの将来性についてどう思われますでしょうか。

私は数年間、中途半端なノウハウを集めるだけの状態でした。

最近、自分が何を欠いていたのか、はっきりと気づくことができました。

これからはコピーライティングのスキルを磨いて、自己実現を果たしていきたいと考えています。

しかし、このような抱負を抱いた直後に、知人のあるウェブマーケティング会社の社長から、コピーライティングの将来性について疑問を投げかけられました。

(中略)彼の主張によると、コピーライティングは商品を実際以上に魅力的に見せかけ、購買意欲をそそる手法であり、その偽装性に疑問を持っているとのことです。

近年、Webサービスの進化が目覚ましく、商品やサービスに対する口コミや評判がますます増えていきます。

これにより、信頼性の高い情報を見つけることが難しくなり、特に"ちゃんとした"情報を見つけるのが難しくなっています。

また、今後のWeb環境では、テキストベースの情報よりも、音声や動画が重要視される傾向があります。

ポータブルデバイスの進化やテクノロジーの発展により、文章を自動生成するロボットやITテクノロジーが台頭する可能性もあります。

そのため、コピーライティングの主戦場である情報商材市場も縮小傾向にあります。

このような状況の中で、コピーライティングの将来性についてお尋ねしたいと思います。

今後の業界の変化ついてどのように考えていらっしゃるのでしょうか。

重要な話題ですので、ぜひご意見をお聞かせいただければ幸いです。」

 

コピーライティングとは広告テクニックの一部であり、商品を必要としている顧客に訴えかける重要性がある

ウェブマーケティング業界において長いキャリアを持ち、優れた実力を持つ社長がいるということは、非常に興味深いですね。

アフィリエイトはメインビジネスではないかもしれませんが、情報商材業界に関しても深い知識をお持ちのようですね。

彼のご意見はそれぞれ一理ありますが、僕たちの意見をまとめてみました。

この議論は正解を求めるものではなく、両極端の議論を俯瞰して、あなた独自の感覚で将来のインターネット市場の動向やコピーライティングの重要性を考えることができるでしょう。

では、社長のご意見に対して、僕たちなりの見解を総括して述べていきましょう。

コピーライティングには商品を15や20というように魅力的に見せかけて購入を促す側面もありますが、それは単なる誇大広告ではなく、広告としての適切なコピーが重要だと思います。

重要なのは、「その商品を実際に必要とするであろう顧客」を特定し、そのような顧客に反応を引き出すことができる広告コピーを作ることです。

「10のものを15、20に見せる」という点を取り上げるだけでなく、以下のような側面も考慮されるべきです。

・必要としている人に商品の必要性をアピールする

・必要性を認識していない人にもその必要性を示すこと

コピーライティングの真価は、このような顧客の心に訴えかける能力にあると考えます。

 

Webサービスの進化による口コミの将来

今後、ますますWebサービスが進化していくと、商品に関する信頼性のある口コミや評判がWeb上で網羅される環境が整備されることが期待されます。

しかし、そのためには適切な口コミを見極める難しさも増していくでしょう。

今のインターネット上では、口コミは主にTwitterやFacebookなどのSNS、匿名の掲示板サイト、個人ブログやコメントで展開されていますが、これらの媒体が今後も変わることはあまりないと考えられます。

個人が情報を発信しやすくなった一方で、適切な情報を見極めることは難しくなっており、「ステルスマーケティング」といった手法が広まっている実態があります。

ただし、適切な評判が網羅されたWeb環境が整備されれば状況は変わる可能性もありますが、その実現は難しいと考えられます。

例えば、実名を使用するサイトが広く支配するような状況が考えられますが、それでも匿名性の議論や偽名での発言は消えることは難しいでしょう。

一方で口コミの重要性が高まっていくことは否定できません。

こうした状況の中で、私たちがアフィリエイターとして、正確な情報発信を行い、ビジネス展開を進めていくことが重要であると考えています。

 

情報過多になる中でのコピーライティングアフィリエイトプログラムの信頼性について

どんどん情報が溢れる中で、誰の意見を信じれば良いのか分からなくなることがあります。

そのため、信頼性のある意見や納得のいく意見が大切になります。

文章の力が、情報の信憑性や説得力に大きく影響するでしょう。

僕たちは、そう考えます。

最近では「音声や動画が主流になる」「Web上でのテキストの役割が減少する」「ネットはテキストベースの媒体ではなくなる」といった意見が出ていますが、これは情報を発信する側と受け取る側の関係によって変わってきます。

インターネットは情報の発信場であり、情報発信者と受け取る人との関係で成り立っています。

もちろん、「動画で情報を受け取りたい」という需要が増えれば、動画で情報を発信する人も増えるでしょう。

しかし、すべてのネットユーザーが常に動画で情報を求めるとは限りません。

テキストで情報を求める人もいることは間違いありません。

動画は受け取る側のペースで情報処理ができず、学習においてもテキストを好む人が多いのが現状です。

たとえば、ウィキペディアが全て動画だったらどうでしょうか。

面白さはあるかもしれませんが、情報を素早く収集するためにはテキストも必要不可欠です。

情報を発信する側も同様で、テキストよりも動画で情報を提供するのは手間がかかります。

つまり、情報過多の時代においても、コピーライティングやアフィリエイトプログラムで信頼性を持つためには、文章の力を重要視することが欠かせません。

 

動画の需要と比重:コピーの重要性

情報を迅速かつ効果的に発信するためには、コストや時間を節約する方法が欠かせません。

動画で情報を提供することは、テキストよりも優れた手段であると考えられます。

動画のウェブ上での需要が高まるにつれて、その内容を補足し解説するコピーの役割も重要性を増していくと我々は見ています。

つまり、「動画の需要と比重=適切なテキスト(コピー)の需要と比重」が同等であると言えるでしょう。

動画コンテンツが支配的になっても、同じ比率でコピーの重要性が存在し、両者のバランスは半々くらいが限界だと考えられます。

実際、動画が圧倒的に優位になった場合、ユーザーがどの動画を再生するかや、自分の動画を視聴させる方法は最終的にはコピーにかかってくると思われます。

文章で人を説得し感動させるIT技術の進歩から、同様の効果をもたらすロボットやテクノロジーが生まれることを考えると、動画でも同様の進歩が期待されます。

むしろ、テクノロジーの進化が動画よりもコピーに重きを置く可能性さえ考えられます。

ただし、この点に関しては議論が進むと「ドラえもんレベル」に到達する可能性が高いため、深入りは避けた方がよいかもしれません。

コピーライティングの主要な市場である情報商材市場の縮小については、コピーライティングと情報商材の関係を捉え方によるものと考えることができます。

その結果、ある社長の考えるコピーライティングと情報商材の位置付けは、他の視点と異なる可能性があると感じました。

 

情報商材と書籍の境界の曖昧性について

現在、情報商材と書籍というものの区別は、僕たちの見解からするとあいまいな部分があります。

具体的には、現在はインターネット上で販売される情報商材と書店で販売される書籍の違いを言及することができますが、その本質的な面では区別が困難であるという考え方があります。

要するに、「情報」という付加価値を持って販売される点では、書籍と情報商材は異なる形態や販売方法を持つものの、商品としての性質は全く同じだと言えます。

例えば、電子書籍が情報商材の一形態とされることもあります。

したがって、情報商材が消滅すれば、その結果として書籍自体がなくなるということは考えにくいでしょう。

むしろ、書籍がますます電子化され、現在の情報商材のような形態になっていく可能性があると考えられます。

そのため、今後は本や情報商材の境界が薄れ、真に価値のある「情報」だけが取引される時代に向かっていくでしょう。

このような変化により、現在溢れる情報商材が次第に取り残されていく可能性も否定できません。

将来的には、書籍と情報商材の区別がなくなり、真に価値のある情報だけが売買されるようになると考えられます。

そのような状況下では、情報商材市場の淘汰が起こる可能性がありますが、ITやWebの世界の急速な進化により、未来はさらなる驚異的な変化が予想されます。

現在は急激な成長の段階にあると言われ、今後5年から10年でITやWebの進化は我々の想像を超えるものになるかもしれません。

このような状況は、多くの人々が今しがた指摘している普遍的なトレンドであると言えます。

 

IT業界の変遷と進化

過去5年、10年、20年におけるIT業界の変化を振り返りますと、進化の速度が著しく向上していることが伺えます。

すでに数年前から、IT業界は驚異的な速さで進化を遂げていたのです。

今回僕たちが反論する「コピーライティング終焉論」に関して、僕たちの立場は、総じて「コピーライティングの重要性が一層高まる」ことだと考えています。

この見解は、コピーライター自身のエゴからではなく、将来の状況を見据えたものです。

そして、どれほど衰退していると言われても、あらゆる業界には依然として成功を収めている企業が存在します。

例えば、訪問販売やマルチ商法などの販売手法を用いて莫大な利益を上げている企業も珍しくありません。

したがって、他者の意見や社会の風潮に流される必要性は必ずしもないと思われます。

実際、動画コンテンツが注目を浴びている今日においても、「文章を書くだけ」で成功を収めるコピーライターたちが存在していることを認識していただければ幸いです。

今回の話題が、あなたの将来のネットビジネスへのアプローチやコピーライティングへの取り組み方を考える上での一つの指標となれば幸いです。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP