【ですます調の落とし穴】文章の語尾が単調にならないコツ

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【ですます調の落とし穴】文章の語尾が単調にならないコツ

文章を魅力的にするために気を付けるべきポイント

文章を書く際に、語尾や構成に注意を払うことは非常に基本的なポイントですが、ここではその重要性について詳しく解説していきたいと思います。

日常的に「ですます調」で文章を書くブログやメルマガを運営している方々の中には、実はこのポイントを見落としてしまっている方が多いのです。

自身の文章に反省点があると感じる方は、このポイントを意識するだけで、読みやすさや反応が飛躍的に向上することができるでしょう。

 

文章の語尾や構成が単調になる落とし穴

ブログやメールマガジンなどでの文章は、読者が臨場感を感じやすいものであるほど、文章全体が読みやすく、伝えたいメッセージも効果的に伝わります。

例えば、読者が筆者から直接話を聞いているかのような感覚を覚えられる文章が最適なのです。

しかし、このような臨場感を演出できず、むしろ単調で冷たい文章を書いてしまうことが少なくありません。

その結果、多くの読者が反応せず、特にアフィリエイトを目的とする場合は売上にも影響が出る可能性が高いです。

臨場感のない文章は読み手にとって以下のような印象を与えます。

・興味を引かれない

・理解が難しい

・心に響かない

したがって、同じ内容であっても、書き方ひとつで読者の印象や反応は大きく異なってくることを理解しておくことが重要です。

文章を魅力的にするためには、内容だけでなく、言葉遣いや構成にも注意を払うことが欠かせません。

 

文章を単調にしてしまう要因とは

多くの方が文章を単調にしてしまう原因は、文章の構成とそれに伴う語尾にあります。

ここで言う語尾とは、句点を打つ箇所である、文章の最後の部分を指します。

つまり、この例で言えば「します。」

の部分です。

先に述べてきた臨場感とは、分かりやすく言えば文章全体のメリハリのことです。

したがって、重要なのは文章全体のメリハリを付けるためのポイントであり、そのために文章全体を構成していく際、一文ごとの語尾が非常に重要なのです。

具体的には、同じ語尾が続くことで文章が単調になってしまう理由です。

文章全体にメリハリを持たせるためには、一文ごとの語尾が重要であり、同じ語尾が続くと、メリハリがなくなり単調な印象を与えてしまいます。

たとえば、以下の文章はその例です。

 

コピーライティングスキルを高めれば、商品をより魅力的にアピールする事ができます。

逆にこのスキルを高めない事には、商品の魅力的なアピールは出来ないと思います。

実際に魅力的に商品をアピール出来るようになれば、それだけ商品を売り込んでいき易くなります。

だからこそ私はこれからもコピーライティングを勉強していきます。

 

この文章では、全ての文の語尾が「ます。」

となっているため、読んでいてもメリハリがなく、単調な印象を受けると思います。

一方、以下の改善文はメリハリを持たせることで、文章全体の魅力を高めています。

 

私はネットビジネスでは、コピーライティングが非常に重要だと思っています。

インターネットでモノを売っていくうえで、コピーライティングのスキルは必要不可欠だからです。

コピーライティングのスキルを高めれば、商品をより魅力的にアピールする事が可能になります。

逆にこのスキルを高めない事には、商品の魅力的なアピールは出来ません。

実際に魅力的に商品をアピール出来るようになれば、それだけ商品の売り上げが伸び易くなるのです。

だからこそ私はこれからもコピーライティングを勉強していきます。

 

この文章をよりメリハリや臨場感のあるものにするためには、接続詞や接続助詞をうまく活用することが重要です。

しかし、この改善文では、わざと語尾の修正のみを行い、段落の最後の言葉に注目しました。

実際に修正した文章が以下の3つあります。

例えば、「インターネットでモノを売っていくうえで、コピーライティングのスキルは必要不可欠だからです。」という文は、前文に対しての根拠を示すための一文と考えられます。

また、「逆にこのスキルを高めない事には、商品の魅力的なアピールは出来ません。」という文は、前文に対する逆説を示す部分として捉えられます。

最後に、「実際に魅力的に商品をアピール出来るようになれば、それだけ商品の売り上げが伸び易くなるのです。」という文は、主張の結論を示す一文として考えることができます。

「~なるのです。」

のような語尾を使うことで、主張や結論を強調し、読者に明確に伝えることができます。

一つ一つの改善により、文章の印象やメリハリが大きく変わることを体験できます。

文章を明確に伝えるために、語尾の使い方や選択が大きな影響を及ぼすことがわかります。

このように、文章がどのような趣旨で書かれたものか、読者に明確に伝えるためには、言葉の使い方にも細心の注意を払う必要があるのです。

 

文章の語尾が単調にならないようにするには

「~のです。」「~ました。」「~です。」

という語尾の連続は、文章を単調で魅力のないものにしてしまいます。

自分が書いた文章で、どのような語尾を使っているかを意識的に確認しましょう。

同じ語尾ばかりが続く場合、文章構成に問題があるか、本来なら違った語尾がふさわしい箇所に間違った語尾が使われている可能性があります。

また、このようなメリハリのない文章をただ目で読むだけではなく、声に出して読んでみるか、読み上げた音声を聞いてみましょう。

これによって、不自然さに気づきやすくなります。

多くの人が言葉や言語を耳で聞く慣れているため、耳で聞くことで違和感に気づきやすくなります。

つまり、文章全体にリズムや生気を与えるためには「1つ1つの文章の語尾を単調にしない」ことが重要です。

文章の主張構成を整合性のあるものにしていけば、語尾が単調になることはありません。

逆に、文章の語尾が単調である場合、その文章の主張構成に問題がある可能性があります。

この点を参考にして、文章を書く際に工夫してみてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP