【注意を引く事】と【興味を引く事】違いのポイント

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【注意を引く事】と【興味を引く事】違いのポイント

コピーライティングにおける興味と注意の違いについて詳しく解説します

以前のブログ講座で取り上げられた「【コピーライティング】興味と疑問の境界線を解説」のテーマでは、コピーを書く側と読む側の間で発生する「興味」と「疑問」の差異、そしてその境界線をどのように捉えるべきかが議論されました。

https://soshikika.com/writing/copywriting-explaining-the-boundaries-between-interest-and-curiosity/

さらに、読者の「興味」と「疑問」の違いを理解した上で、効果的なコピーを作成する方法についても講座が行われました。

今回は、以前の講座内容に関連して、「コピーライティングにおける興味と注意の違い」、そして「興味を引くことと注意を引くことの違い」に焦点を当てて講座を行いたいと思います。

多くのコピーライターがしばしば混同してしまう「注意を引くこと」と「興味を引くこと」の違いについて言及します。

興味と疑問に関する前述の講座でも触れられたように、「興味」や「疑問」という心理、そしてそれらを引き起こすプロセスは、コピーライティングにおいて非常に重要な要素であり、どんなコピーも最初に読者の興味を引かなければ、その目的を果たすことは不可能です。

読者の興味を引くことができるからこそ、提案やメッセージを伝えることが可能となるのです。

しかしながら、「興味を引くこと」と類似した概念として「注意を引くこと」という心理やプロセスも存在します。

これらの概念は辞書的には異なる意味を持っていますが、残念ながら多くのコピーライターやコピー作成者がこれらを混同してしまっている傾向があります。

つまり、多くのコピーライターやコピー作成者が、「注意を引くこと」と「興味を引くこと」を意図的に区別し、その心理的違いを有効に活用できていないということです。

 

コピーライティングにおける注意と興味の違いと心理的プロセスの重要性

コピーライティングにおいて、注意と興味は異なる概念であり、それぞれを引き出すコピーも異なる要素を含んでいます。

この違いを最も的確に表現するとすれば、注意は衝動的に引き出せるものであり、一方で興味は意識的に引き出せるものです。

この大前提となる重要な境界線を理解することが、効果的なコピー作成の鍵となります。

注意を引き出すコピーは衝動的な反応を意識し、興味を引き出すコピーは意識的な反応を考慮する必要があります。

注意と興味の心理プロセスが異なるため、それぞれに合ったコピーを作成することが不可欠です。

注意は基本的に興味の前段階に位置し、1つのコピーにおいて興味が注意の先に来ることは稀です。

コピー作成においては、まず衝動的な注意を引き、その後に意識的な興味を引くことが重要です。

この心理的な流れを理解し、コピーを作成することで、高い反応が期待できるでしょう。

衝動的な注意を引きつつ、意識的な興味を引くことが鍵となります。

衝動的な注意と意識的な興味を引き出すためのコピーには違いがあります。

衝動は直感的な印象や感覚から生まれ、深い思考や論理を伴いません。

一方、興味は直感の先にある情報を論理的に解釈し、メリットを感じ取る状態から生まれるものです。

 

商品のコピーにおける注意と興味の違いについて詳しく説明します

要するに、コピーに書かれている情報が与える影響によって引き起こされるのが「注意」であり、 その後に生まれるのが「興味」と言えます。

つまり、注意は情報のインパクトによって生まれるものであり、 興味はその情報から生まれるイメージによって引き出されるものなのです。

コピーを作成する際に、 この違いを意識すると、効果的な広告が生まれるポイントがいくつかあります。

まず、注意を引くためのコピーには、直感的な印象を重視して構成することが重要です。

インパクトを与えるフレーズを使って、衝動的な注意を引くことが効果的です。

一方、興味を引くためのコピーは、 ある程度論理的に捉えられる構成にする必要があります。

読み手が利益やメリットをイメージできるようなコピーを作成すると、 興味を引きつけることができます。

言い換えると、インパクトだけを重視したコピーは注意を引きつけることはできても、 興味を引くことはできないということです。

逆に、論理的なメリットを強調したコピーだけでは、 注意を引くのは難しいかもしれません。

インパクトを重視したフレーズのみを並べたコピーは、一時的に注意を引くことができるかもしれませんが、 興味を引き出すことはできません。

一方で、論理的なメリットを伝えるだけのコピーは、 衝動的な注目を集めることが難しいため、 ある程度既に興味を持った読者以外にはコピーを読んでもらうことが難しいでしょう。

 

コピー作成における注意を引くコピーと興味を引くコピーの違いについて

したがって、ある程度でも、自分のコピーまたはメッセージを読んでくれる意識の高い見込み客に焦点を当てるためのメルマガ読者限定のオファーや、既に教育を受けたターゲットを対象とするコピーでは、注意を引くためのフレーズを示す必要はありません。

しかし、見込み客の意識がそれほど高くないケースに対するオファーのコピーにおいては、ますますそのコピー自体に注目を集める必要があります。

そのため、「まずは衝動的な注意を引き、その後意識的な興味を引く」という方針でコピーを構築することが重要となります。

ただし、この業界では、インパクトを重視するコピーばかりか、その逆の傾向のコピーばかりかなど、かなり偏った種類のコピーが存在する場合が多いことが現実です。

そのため、少なくともコピーライターとしては、コピーを作成する段階で「このコピーが注意を引くためのフレーズなのか」「このコピーが興味を引くためのフレーズなのか」を十分に意識して構成していくべきです。

もし、そのあたりが曖昧である場合は、「線引き」を明確にすることが重要だと思います。

今日は、このようなコピーライターが把握しておくべき、注意を引くコピーと興味を引くコピーの違いについての講座でした。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP