【接続助詞】の使い方と注意点

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【接続助詞】の使い方と注意点

接続助詞の使い方と特徴について説明します

これまでのブログ講座では、助詞や接続詞に関する使い方や注意点について解説してきました。

今回は、その中でも「接続助詞」という品詞に焦点を当てて、その使い方や特徴について詳しくお伝えしていきます。

接続助詞というのは、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、実際に文章中で使われる頻度は決して低くはありません。

そのため、正しい使い方を知らないことが原因で文章がうまくまとまらないこともあります。

ですので、しっかりとした注意点を押さえることで、全体として文章がよりスムーズに読まれるようになるでしょう。

接続助詞は、文と文の関係をつなげるために使用されます。

例えば、「ので」「が」などが代表的な接続助詞ですが、これらは文全体の意味関係を表現する役割を果たします。

助詞が主語や他の単語に付くのに対して、接続助詞は一つの文章全体に対して使われることが特徴です。

つまり、文章のつながりを作るために非常に重要な役割を果たしていると言えます。

 

接続助詞の使用について

接続助詞とは、文と文をつなぐために使われる助詞のことです。

普段、誰もが日常会話や文章作成で使っている言葉ですが、本来は特定の単語に対してではなく、文章そのものに対して使用される点がポイントです。

そのため、文章をつないでいく上で非常に重要な役割を果たしています。

接続助詞を使う際に特に注意すべき点は、順接や逆接を正しく使うこと、1つの文章内での接続助詞の過剰な使用を避けること、そして敬語や丁寧語の使用を一貫させることです。

順接と逆接を使い分けることは重要で、次に続く文章が前の文章に続く内容を補足するか、逆説的な関係にあるかによって、使う接続助詞が異なります。

例えば、「雨が降ったので、傘をさした」や「雨が降ったから、傘をさした」といった文は、順接関係にある文章をつなぐ際には適切な接続助詞が使われています。

しかし、「雨が降ったのに、傘をさした」と「雨が降ったが、傘をさした」といった文では、違和感が生じる可能性があります。

これらの適切な接続助詞の使用を意識することで、文章がさらに分かりやすくなるでしょう。

 

接続助詞の使い方について

「のに」「が」という接続助詞は、逆接の文脈で使うのが適切です。

例えば、「雨が降ったのに、傘をささなかった」や「雨が降ったが、傘をささなかった」といった文にこの接続助詞が使われると、読み手にとってスムーズに意味を伝えることができます。

つまり、接続助詞は読み手が何を予測したり解釈したりするかを考えて、その予測に沿った文章(順接)を示すか、逆の展開をする文章(逆接)を示すかを決める際に適切に使われるべきです。

日本語を母国語とする人にとっては、このような接続助詞の使い方は自然と身についている場合が多いですが、普段意識する必要があることではありません。

実際には、より重要な注意点が存在します。

1つの文章内で接続助詞の多用を避けることが重要です。

多くの人が陥りがちな傾向であり、接続助詞は1つの主張と次の主張をつなぐためのものであるため、過剰に使用すると、「〇〇ですが、〇〇なので、〇〇なのですが、〇〇ですけど・・・」などと続けて使ってしまうことがあります。

このような文は1つの主張が過度に長くなり、読み手にとって理解しにくくなる結果をもたらします。

特に順接と逆接が混ざって使用されると、読者は混乱しやすくなり、文章の主旨が伝わりにくくなります。

そのため、1つの主張に対して1つの接続助詞までとし、過度な接続は避けるべきです。

 

接続詞の使い方について

接続詞を使うと、文をつなぐことができる部分で、 接続詞を省略しても、普通に意味の通った文になります。

例えば、先ほどの文を例に挙げても、

雨が降ったから、傘をさした
→ 雨が降った。(だから)傘をさした

雨が降ったのに、傘をささなかった
→ 雨が降った。(しかし)傘をささなかった

接続詞を使って文をつないでいる部分は、 実際には文をそのまま区切ることができるため、「接続詞が必要な文」というのは基本的には存在しません。

文を分けた場合は、後の文の冒頭に接続詞を置けば、 だいたい、自然な形で文を続けることができます。

言い換えれば、接続詞を使いすぎる文は、 文を分割して構成した方が適している可能性がありますので、 そのような文は、分けて作成するのが良いでしょう。

いずれにせよ、順接や逆接が繰り返される文は、 ただ「わかりにくくなる」可能性が高いですので、 その点でも、接続詞は1つの文で1回のみ使用し、 2回以上は使わないようにすることが望ましいです。

もし、自分の文を振り返って、 1つの文で接続詞が2回または3回使われているようであれば、 すぐに文を分け直すことをお勧めします。

丁寧語や敬語を使った文は一貫させる。

これらのポイントは状況によって異なりますが、 もし文が堅い敬語や丁寧語で構成されている場合は、 接続詞を使う部分でも口調が乱れないように気を配ってください。

全体的にかなり堅い敬語や丁寧語で書かれた文において、 以下のような文が現れると、若干の違和感が生じることがあります。

 

接続助詞の使い方と注意点

私は、あなたが希望を捨てずにいてくださると信じております。

あなたの未来には輝かしい成功が待っているので、
その希望の光だけは、絶対に見失ってはなりません。

 

この文章では「待っているので」という表現が使われていますが、その言い回しは比較的一般的なものであり、 周囲の敬語や丁寧語の使い方とあまり調和しないかもしれません。

この1文だけを見ると、違和感を感じないかもしれませんが、 文章全体が堅い言葉や敬語で構成されている場合、 このような「普通の言い回し」が浮いてしまうことがあります。

したがって、「待っているので」というような接続助詞の部分も、 しっかりと敬語や丁寧語でまとめるべきであると思います。

 

私は、あなたが希望を捨てずにいてくださると信じております。

あなたの未来には輝かしい成功が待っていますので、
その希望の光だけは、絶対に見失ってはなりません。

 

文章全体が比較的フランクな敬語である場合は、 この点にはそこまで神経質にならなくてもよいかもしれませんが、 全体的に硬い印象を与えている文章の中で、 急に普通の言い回しが出てくる文章をブログなどでしばしば見かけることがあります。

そのため、自身のブログやメールマガジンが 概して硬い文章である場合は、 このような部分にも留意することが大切だと考えられます。

接続助詞の適切な使用法と留意点をまとめると、

・順接や逆接を適切に使うこと

・文章1つの中での頻繁な使用を避ける

・敬語や丁寧語の統一を保つ

といった注意点が挙げられます。

 

接続助詞の過剰使用に気をつけよう

最初に挙げたポイントや3番目のポイントは、あまり気にする必要がないかと思います。

しかし、2番目のポイントである「接続助詞が多用され過ぎている文章」については、多くのブログで見かけることがあります。

この点には意識を向けることが大切です。

適切に接続助詞を使うことで、文章がわかりやすくなるだけでなく、読み手にとっても理解しやすくなります。

この指摘を参考にして、文章を改善してみてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP