【論理的な文章を書く】上手な方法

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【論理的な文章を書く】上手な方法

論理的な文章を書く際のポイントを詳しく解説します

論理的な文章を書くことは、人を説得し納得させる上で非常に重要です。

論理的でない文章は受け入れられにくいため、文章を構築する際には論理的な筋道が必要です。

今回は、論理的な文章を作成するためのテクニックについて詳しくご説明します。

ポイントを意識して文章を書く習慣を身に付ければ、比較的短期間で論理的な文章を書けるようになりますので、ぜひ今回の内容をしっかりと覚えて実践してください。

以下では、具体的なポイントごとに解説していきます。

 

ポイント1:物事を提示する際は必ず理由を合わせて提示する

文章を構成する上で、何かを主張する場合にはその理由も必ず提示してください。

例えば、「この商品は優れています」という主張をする場合には、なぜそのように考えるのかを明確に説明する必要があります。

「この商品には返金保証をお付けします」という場合も同様に、その保証をなぜ提供するのかを説明することが重要です。

さらに、「90日間はいつでも返金に応じます」と具体的な期間を提示する際にもその理由を明確に示すべきです。

逆に言えば、「くどい」と感じるくらい物事に対して理由を添えることが必要です。

提示する文章が自然であればあるほど、理由を明確にすることで文の説得力が飛躍的に向上します。

この効果は、さまざまな事例で確認されており、影響力を持たせる方法としても有効です。

例えば、コピー機でコピーを取っている際に、「5枚なんですけど先にコピーを取らせてください」とお願いすると、コピー機を譲ってもらえる確率が約60%に上昇します。

さらに、「5枚なんですけど急いでいるので先にコピーを取らせてください」とお願いすると、さらに利用者が譲る確率を上げることができます。

このような具体的な事例を通じても、論理的な文章には理由を添えることが非常に重要であることが示されています。

ある海外の心理学者による実験では、コピー機を譲ってもらう成功率が、単に「急いでいるので」という理由を付け加えるだけで驚くほど上昇したことが示されています。

初めは約94%の成功率でしたが、その後の実験ではさらに成功率は上がり、なんと約93%にも達しました。

さらに、「コピーを取らなければならないので」という理由が付け加えられると、その成功率は更に飛躍的に高まることが判明しました。

この実験は、特定の理由を加えることでお願いの成功率が向上することを明確に示しています。

それは、理由がどれだけ納得がいくものであるかに関わらず、理由をつけることで人々がより協力的になることを示しています。

 

ポイント2:文章中の主語、動詞、述語を明確にすることの重要性

文章においても同様で、主語や動詞、述語を明確にすることは、読みやすさと理解しやすさに大きな影響を与えます。

特に、最も重要な「主語」が欠けている文章は理解が難しく、説得力も低下してしまいます。

つまり、文章の説得力を高めるためには、主語や理由をしっかりと付け加えることが重要なのです。

多くの人が文章を作成する際に過ちに陥る原因は、頭の中で想定している事柄が先行しすぎて、自分だけが理解できる文章を書いてしまっていることです。

文章を書く側は当然ながら、話題が何であるかを理解しており、その結論に基づいて文章を構築していきます。

しかし、読み手にとっては、文章を読みながら理解を深め、最終的な結論に至る過程を辿ることになります。

たとえば、次の文章をご覧ください。

私は友人2人と共に会社を興し、資金を出し合って新宿の一等地にオフィスを構えました。

その際、「絶対この会社を大きくしようぜ!」と言いました。

友人たちは大きく頷きました。

この文章はシンプルなので、不自然さを感じることはないかもしれません。

しかし、重要なポイントがあります。

文章中で「その際にこう言った。」

と書かれていますが、実際に誰がその言葉を発したのかが不明確です。

このような箇所が続くと、読み手は物事の経過や主体が把握しきれなくなります。

「その際にこう言った。」

という一文を読んだ時点で、友人の一人がその場面をイメージする読者もいるかもしれません。

その後にその発言者が「私」であることが明かされると、読者は自らのイメージを修正しなければならず、文章に没入する際の集中力や反応が薄れてしまう可能性があります。

そのため、文章を作成する際には、主語を明確に示すことが重要であると言えます。

文章を書く時、読者に分かりやすい表現を使うことが大切です。

最初に文章を書いた後は、客観的な視点で読み返すことをおすすめします。

特に文章の中心となる「主語」などは、省略せずにはっきり書くようにしてください。

 

ポイント3:文章を話すように書く

文章を作成する際、2つのポイントを押さえて、普段の会話のようなテイストで構成することが大切です。

ただし、論理的な構成を意識しすぎると、文章が堅苦しくなってしまうことがあります。

硬い文章も必要な時はありますが、読み手にストレスを与えないためには、論理的でも堅苦しくない文章を心がけて構成する必要があります。

私がクライアントにアドバイスしている方法は、まず自分が友人に説明しているイメージで、話す言葉をそのまま書き出すことです。

話す言葉を書くのが難しい場合は、話す言葉を録音して、それを文章に起こす方法もあります。

その際に前述した2つのポイントを押さえて、論理的な文章を柔軟に書いていきましょう。

是非試してみてください。

 

まとめ

文章をわかりやすく、論理的に書くには

・ストレスを与えない文章を心がける

・読者に理解してもらうためには、主語や動詞、述語をしっかりと書く

・客観的な視点で文章を読み返す ・堅苦しい文章になったら、話す言葉を元に構成する方法もある

次回の講座もお楽しみに。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP