【ブログ記事、メルマガの書き方とコツ】効果的なテクニック

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【ブログ記事、メルマガの書き方とコツ】効果的なテクニック

ブログやメルマガの原稿作成における基本的なポイント

もしもブログの記事やメルマガの原稿を書く際に、「文章」に焦点を当てて書き方やポイントについてアドバイスをするならば、分かりやすく説明すること、「読みやすさ」を意識することなど、文章の面でのポイントだけでなく、「読者が求めている情報を提供すること」や「読者が価値を感じる情報を提供すること」など、内容面におけるポイントも重要です。

しかし、僕がこれまで多くのブログ記事やメルマガ原稿を見てアドバイスを行ってきた経験から言えるのは、多くの人がこれらの細かな点にとらわれすぎていて、「本質的なポイントが見過ごされている」ということです。

本日の講座では、こうした傾向にある多くのブロガーやアフィリエイターに向けて、「ブログやメルマガの原稿を書く上での基本的なポイント」についてお話ししていきたいと思います。

ブログやメルマガの文章を書く際に心掛けるべき「原則」とは何でしょうか。

文章や内容のポイントである分かりやすさ、読みやすさ、読者の求める話題提供、読者にとって価値のある情報提供は確かに重要ですが、実際に文章を起こしていく段階において最初に明確に把握しておくべきポイントがあります。

それは、以下の二つです。

まず一つ目は、対象と入口です。

対象とはどのような人々なのか、どこから彼らが訪れてくるのかを特定することです。

そして二つ目は、目的と出口です。

記事が何を伝えるのか、その記事の目的は何かを明確にすることです。

対象と入口における「対象(ターゲット)」とは、決して他ならぬ「どんな悩みを抱えているか」や「どのような情報を求めているか」を把握することが肝要です。

基本的には、その悩みや求める情報に対する解決策や価値ある情報を提供することが、記事やメルマガの目的となるでしょう。

 

ターゲットを明確にすることの重要性

したがって、ブログやメルマガを書く際には、どんな人に向けて情報を提供するのか、その「対象(ターゲット)」を明確にすることが不可欠です。

自分が伝えたい情報に価値を見出す人や、その情報を求める人を考えた上で、そのターゲットを定めることで、文章の方向性はぼやけず、明確になります。

ターゲットを想定しないまま文章を書いてしまうと、「誰に向けて語っているのか」が不明瞭になり、文章がまとまらなくなってしまうでしょう。

したがって、ターゲットをはっきりさせることは、文章を書く上で大前提となる原則です。

「伝えたい情報に対して、どんな人に向けて書くのか」という視点からターゲットを定めることも重要ですが、逆に「誰をターゲットにして、どんな内容を提供するか」の考え方でも問題ありません。

文章の内容と対象は相互に影響し合うものであり、「表と裏は一体」ということを念頭に置いておく必要があります。

また、ターゲットが記事やメルマガをどのような経路や段階で見るかという「入口」も重要です。

たとえば、検索エンジン経由の訪問を前提とするのか、その場合に想定する検索キーワードは何か、特定の記事から誘導されることを前提とするのか、メルマガの何通目の配信で、以前の情報はどのようなものかなど、情報の有無や内容によっても、記事の切り口や内容は大きく異なることに留意すべきです。

 

ブログやメルマガの執筆において考慮すべき要素

ブログやメルマガを執筆する際には、「対象」「入口」「内容」の3つが重要です。

特に検索エンジンからの訪問を前提とする場合、キーワードを対象として明確にすることが必要です。

これらの要素はお互いに関連し合っており、切り離して考えるべきではありません。

さらに、執筆する際は「目的」と「出口(伝えたいことや目的)」も明確にすることが重要です。

つまり、記事やメルマガを書く際には、何を伝えたいのか、そして何を目的としているのかを意識しなければなりません。

文章はその出口を目指して書かれるものであり、出口が定まらないと内容が曖昧になってしまいます。

したがって、ブログやメルマガを執筆する際には、「対象(入口)」と共に必ず「出口(目的)」を明確に定めることが重要です。

記事やメルマガの伝えたいことや目的を明確にし、それに向かって執筆することが大切です。

 

ビジネス文章における伝達と目的設定の重要性

文章を書く際には、何を伝えるかだけでなく、ビジネスの視点からはその文章が果たすべき「目的」をしっかりと見据える必要があります。

例えば、ブログ記事を書く場合には、「ブログ自体への興味を引くための価値提供」「読者をオプトインページに誘導するための内容」「特定の商品を売るための教育」など、伝えたいことの背後にある目的を定めることが重要です。

この目的を果たすために、一貫して伝えたいことを伝えていく必要があります。

したがって、ブログやメルマガの文章では、文章を書く際には常に、「読者層や目的を前提」として、どうやって読者を目的地へと誘導するかを考える必要があります。

この「対象」と「入口」、そして「出口」を繋げることが、重要な基本原則となります。

また、この入口と出口を明確に結ぶためには、伝えるべき情報や内容を的確に伝えていくことが肝要です。

文章を書く上で、入口(対象)と出口(目的)が定まっているかどうかは重要です。

明確な入口と出口があると、文章を書きやすくするだけでなく、読者も迷うことなく目的地に導かれます。

逆に、入口と出口が明確でない場合は、どんな読者をどこに導くかが不明瞭であり、文章は書きにくく、読者も迷ってしまう可能性が高くなります。

そのため、ブログやメルマガを書く際には、まず入口と出口を明確にし、読者を適切に誘導することが重要です。

読み手が求める情報を提供し、価値を感じさせる文章を書くためには、この入口と出口を結ぶことが不可欠です。

 

文章を書く際の必要な知識と情報

文章を書くとき、特定の目的や対象を設定した際、その目的と対象をつなぐ文章を書く必要があります。

しかし、そのためには適切な知識や情報が必要です。

自分でその知識や情報を持っていれば問題ありませんが、不足している場合もあります。

そのような場合は、実際に文章を書き進める中で必要な情報を収集していく必要があります。

このようにして、必要な情報を補いながら、目的と対象を最良の形でつなげていくことが理想的です。

つまり、目的と対象をつなぐ際に必要な知識や情報は、最適な案内として欠かせないものです。

これらが揃っていなければ、目的地への到達が難しいでしょう。

そのため、目的と対象をはっきりと定めた場合に、文章がなかなか上手く書けない場合は、足りていない知識や情報が原因かもしれません。

そういうときは、まず足りない知識を補充し、情報を集めることが重要です。

そして、それらの知識や情報を活かして、目的と対象を最良の形でつなぐことができれば、ブログの記事やメルマガから高い反応が期待できるでしょう。

また、そのために不可欠なスキルが、コピーライティングです。

それだけでなく、ブログやメルマガを書く際には、スキルだけでなく押さえるべき前提やポイントも重要です。

これらが欠けていても、どれだけスキルを持っていても思うような成果は得られません。

今日は、ブログやメルマガの文章を書く際に心掛けておくべき、基本的なポイントについてお話ししました。

これらは執筆の際の大前提とも言える原則的な考え方です。

これらのポイントを参考にして、これまで学んできたブログ講座と一緒に、執筆を行ってみてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP