【読み手を引き込む文章】書き方のコツ

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【読み手を引き込む文章】書き方のコツ

文章を魅力的にするためのポイント

読者の心をつかむ文章とは、誰もが興味を持たずにただ見た瞬間でも、その続きを読みたいと思わせる文章のことです。

これはセールスレターでは、最初のページに掲載されるヘッドコピーで示されます。

一方、メールマガジンやブログの場合は、件名や冒頭部分にその要素が欠かせません。

どれだけ読者の心を引き、興味を持たせられるかが重要です。

それができなければ、たとえ内容が素晴らしいメッセージであっても、伝えることができません。

つまり、読者の関心を引くことは、全ての文章の最初の課題となります。

例えば、商品を販売する場合でも、読者の興味や関心を引くことと、実際に商品を買ってもらうことはイコールではありませんが、前者がなければ後者もありえません。

このため、文章を読ませるスキルが必要です。

今回は、興味や関心を持たずに読んでいる読者に、どうやってその文章に興味や関心を持ってもらえるかを伝える原則やテクニックについてお話しします。

まず一つだけ勘違いしないでいただきたいのは、「興味や関心を引く」ということは、「目を引く」「注目を引く」ということではないということです。

重要なのは、メッセージそのものが、読者の関心を引きつけることです。

 

効果的な広告コピーの書き方:興味と関心を引き付ける方法

インパクトのあるイラストや目を引くデザインは、広告や宣伝において重要な役割を果たしますが、それだけでは十分ではありません。

読者や視聴者の興味や関心を引きつけるためには、適切なコピーが欠かせません。

まず、コピーが読者に与えるべきポイントとして挙げられるのが、「何故(Why)」を与えることです。

なぜこの商品やサービスが必要なのか、なぜ自分たちに関連性があるのか、といった疑問や関心を読者に抱かせることが重要です。

その疑問に答えることで興味や関心を引き起こし、彼らをコピーの続きを読ませる動機付けになります。

さらに、イメージを与えることも重要です。

読者に商品やサービスを使った際のイメージや体験を提供することで、彼らの興味を刺激し、関心を持たせることができます。

具体的なイメージや感情を伝えることで、読者は自分とその商品との関係性を感じ取り、興味を持つようになります。

したがって、効果的な広告コピーを書く際には、読者に疑問を持たせる「何故」という要素と、具体的なイメージを伝えることが必要不可欠です。

これらの要素を組み合わせることで、読者の興味と関心を引き付ける広告が実現できるのです。

 

効果的なコピーの作り方

映画やドラマの楽しみ方と、商品やサービスの売り込みにおけるコピーの違いについて 映画やドラマを楽しむ際には、物語やストーリーの途中で起こる展開に興味を持ち、その過程を楽しむことが大切です。

意図的にこのような作り方をして、物語の結末を伏せる映画やドラマも存在します。

人気作品では、「白夜行」や「クローズゼロ」などがその代表として挙げられます。

また、ジブリ映画の「蛍の墓」も、物語の結末よりも早い段階での情報の提供がポイントとなっています。

一方、商品やサービスの広告やコピーでは、結論をはっきりと示す方が興味を引きやすいと言えます。

コピーが商品の魅力を伝える際には、結論を先に示すことで反応を引き出しやすくなります。

例えば、「この美容液を3週間使ったらどうなったと思いますか」というコピーよりも、「たった3週間でこんなに肌ツヤが良くなった理由とは」というように、結果を明かしつつ何がその結果に繋がったのかを伝えるコピーの方が効果的です。

こうした違いがあるように、映画やドラマの結末を先に知りたくない人もいれば、商品のコピーでは結論を先に知りたいという人もいます。

興味や関心を引くためにはそれぞれのアプローチが重要であると言えるでしょう。

 

文章の構成における読み手との関係性の違い

前者と後者のコピーでは、読み手との関係性に大きな違いが現れます。

前者は、特定の美容液を使用した人の成果にフォーカスしており、読み手には直接的な関係性が生まれにくいです。

一方、後者は肌がツヤツヤになるための具体的な手段や理由に焦点を当てており、読み手にとっても関心のある情報となっています。

具体的な方法や理由を知ることで、読み手は自身の生活に取り入れることができるかもしれないため、興味を引きやすくなっています。

商品を紹介する際には、読み手が興味を持ちやすい「方法や理由」を伝えることが重要です。

このように、文章の構成が読み手との関係性に大きな影響を与えることを考えると、具体的な情報を伝える後者のアプローチが効果的であることが理解できます。

 

文章が読者のイメージを刺激することの重要性

あらゆる広告や文章だけでなく、解説書や小説などにおいても、読者のイメージを刺激することは極めて重要です。

例えば、恋愛小説や推理小説、SF小説などのベストセラーや面白い小説は、読者が内容をイメージしやすいように構成されています。

物語の世界に没入しているかのような感覚を味わえるほど、文章は読者の感情を揺さぶり、喜怒哀楽を体験させることができます。

逆に、イメージが伝わらない文章はつまらないものであり、読者を惹きつける文章には、その文章が生み出すイメージが不可欠です。

また、人間のイメージとは、読者自身の記憶を呼び覚まし、それらの記憶は五感を通じて蓄積されたものです。

文章が読者の感覚を喚起し、様々なイメージを想起させることで、読者は文章を通じてさまざまな感情を経験します。

時に不快感や幸福感、期待感、恐怖感などが生まれ、それらの感情を興味や関心につなげることが重要です。

読者に「知りたい」「気になる」と思わせる強烈で具体的なイメージを伝えることが、魅力的な文章を作る上で不可欠です。

このような感覚を刺激するコピーに関しては、こちらの記事で解説されていますので、参考にしてみてください。

五感を刺激し、読者のイメージを鮮明に描くテクニックが紹介されています。

【五感を刺激する】コピー作りのテクニック

https://soshikika.com/writing/stimulate-the-five-senses-copywriting-techniques/

 

読者を引き込む文章の書き方

もしも、あなたが自分の文章をより魅力的にする方法を模索しているのであれば、何故やイメージという2つの要素に着目してみてください。

・読者に「何故」の疑問を与えることで、彼らの興味を引き、その後の展開に期待を抱かせることができます。

・文章で具体的な「イメージ」を描写することで、読者の想像力を刺激し、文章に共感や興味を持ってもらえるでしょう。

・結論を最初に提示するのではなく、途中経過や過程を読者に楽しんでいただくことで、興味を引きつけることができます。

読者がそのプロセスに没入し、結論への興味や理解を高めることができるのです。

文章が具体的でイメージしやすい場合、読者はそれに共感しやすく、より強く反応する傾向があります。

ぜひ、これらのテクニックを取り入れて、あなたのビジネスやコンテンツに活かしてみてください。

次回の講座もお楽しみに。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP