当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【誇大広告】とは無縁のコピーライティング術

コピーライティングと誇大広告の関係性について

コピーライティングは誇大広告を生み出すためのスキルではありません。

一般的に、「コピーライティングって、つまり文章で"10"の価値があるものを、15や20の価値があるように魅力的に見せるスキルってこと?」と考える人もいるかもしれません。

このような捉え方も理解できる一面がありますが、それは誇大広告と同じ考え方かもしれません。

つまり、「広告を通じて商品を魅力的に見せて売る」という点を、消費者目線で批判的にとらえると、確かにそう思えるかもしれません。

しかし、この点については基本的な議論になってしまいます。

なぜなら、商品の持つ「10」という価値は、最終的には誰がどのようにして決定するのかということを考える必要があります。

結局のところ、その商品の本質的な価値は、実際に商品を利用した消費者がどのように感じるかが重要だと思います。

つまり、広告を見ている段階では商品が15や20の価値があるように感じられたとしても、実際に商品を手に入れてみると「10」程度の価値しかないと感じた場合、その広告が誇大広告とされる状況となります。

特に、「情報商材」にはこのような状況が多く見られます。

情報商材の広告もセールスレターと呼ばれ、読者に20や30の価値を感じさせながら高額な値段を提示し、その実際の内容が10以下や5以下であることも少なくありません。

したがって、たとえば「高額塾」などは、セールスレター段階で期待された価値と実際に提供される価値との間に大きなギャップがあることから、トラブルが発生することがよくあります。

 

コピーライティングの本質とは

コピーライティングとは、広告やセールスレターを書く際に使われるスキルのことです。

一般的には、商品やサービスの価値を上手に表現して消費者に魅力を伝えるために重要な役割を果たします。

しかし、その本質は単に誇大広告を作成することではありません。

実際には、商品の持つ本質的な価値を引き出し、消費者がそれを十分に認識できるように伝えることが求められます。

情報業界や情報商材業界では、しばしば「10のものを15、20に感じさせる」というような誇大表現が用いられることがあります。

しかし、本来のコピーライティングの目的は、消費者が商品を手にした時にもその価値を感じてもらえるようにすることです。

つまり、広告を読ませる段階だけでなく、実際に商品を体験した際にも消費者に真の価値を伝えることが重要なのです。

商品の価値は消費者が決めるものであり、その本質的な価値を的確に伝えることがコピーライティングの本質です。

消費者それぞれが価値観を持っており、同じ商品でもそれぞれが異なる価値を感じることがあります。

そのため、単に誇大広告を作成するのではなく、商品の本質的な価値を消費者に伝え、「広告段階だけでなく、商品を手にした際も価値を感じさせるコピー」を作ることが重要です。

これこそが、コピーライティングの真の意味であり、実践することが可能なスキルでもあります。

 

コピーライティングにおける大事な原則とは

情報商材のセールスレターやコピーには、単なる商品の魅力を強調するだけではなく、読み手に商品の本質的な価値や必要性を理解させる教育的な役割があります。

そのため、コピーライティングのスキルは、読み手が商品の価値を内面から引き出せるよう導くためのものでもあります。

多くの人がコピーライティングを商品の魅力を引き立てるためのスキルと捉えていますが、その本質は商品の内在的な価値を引き出すスキルであることを忘れてはいけません。

コピーを作成する上で重要な視点の1つは、「外から価値を与えるだけでなく、内面から価値を引き出す」ことです。

僕のブログやメルマガにおけるコピーライティングの講座も、この原理原則を中心に展開されています。

他のコピーライティング講座と比べて独自性を感じる理由の1つとして、価値は単に与えるだけでなく、読み手からも価値を引き出すようなコピーを作成することが重要であるという考え方が挙げられます。

コピーライティングを単なる誇大広告にしないためにも、価値を読み手から引き出す視点を意識していくことが重要です。

これを念頭に、是非コピーライティングのスキルを磨いていってください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP