【売れるコピー】の書き方とポイント

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【売れるコピー】の書き方とポイント

売れる文章の書き方を学ぼう

もしもあなたが売れるコピーを書けるようになると、仕事に不自由することはなくなります。

お金に困ることもなくなるでしょう。

道に迷ったり、ホームレスになる心配もなくなります。

仕事や将来に対するストレスも大幅に減少するはずです。

情報商材のセールスレターやアフィリエイトなど、さまざまな場面で活躍することができます。

もちろん、集客やマーケティングのスキルも必要ですが、お金をかければ集客はできます。

売れる文章を書けるようになれば、収入がほぼ安定するでしょう。

今日は、売れる文章の書き方をお伝えします。

この情報を活かせるかはあなた次第です。

ライティング力は努力によって向上します。

「ライティング力は筋力と同じ」です。

トレーニングを積むほど力がつくものです。

適正な読み書きの量が、自分のライティング力に直結します。

今回は、売れるコピーと文章の書き方について解説していきます。

 

売れる文章を書くために大切なのは商品の強みを理解し、魅力的に表現すること

文章が売れるかどうかは、まず売るべき商品があるかどうかから始まります。

そして、売れる文章を書くためには、その商品の「強み」を理解し、それをより魅力的に表現することが不可欠です。

文章のテクニカルな部分は重要ではありますが、それよりもまず商品の強みを理解し、魅力的に表現することが何よりも重要です。

コピーライティングの勉強をする際には、商品の特性や強みを見逃さないように注意が必要です。

売れるコピーを書くためには、商品を知り尽くした後者のような人が成功する傾向があります。

商品を十分に理解することなく、売り込む文章を書いても効果的ではありません。

そのため、商品をよく理解することがコピーを書く際に重要な要素となります。

商品の強みを理解することで、欲しがるターゲット層を見極めることができ、ターゲット層の反応を掴むことができます。

その反応を掴んでこそ、行動を促す文章を書くことができるのです。

そして、文章のテクニックはこの流れの後に来るものであり、最も重要なのは商品の強みを魅力的に表現していくことです。

より分かりやすく、臨場感があり、イメージしやすい言葉で商品の魅力を伝えることが重要です。

 

効果的な文章を書くための考え方

ここでは、文章作成におけるテクニックの重要性について話しています。

しかし、ただテクニックを習得するだけではなく、効果的な文章を書くためには、売れない文章の法則を知ることが重要だと言えます。

売れる文章を書くテクニックを追求するよりも、売れない文章の理由を理解しておくことの方が役立つのです。

特に、ライティングの分野においては、売れない文章の法則を知ることで、より早く成果を得ることができると言えます。

売れない文章の法則には様々な観点がありますが、今回は特に理解しやすい2つを取り上げます。

それは、「うるさい、ウザい」と「わかりにくい、イメージしにくい」です。

これらの要素が含まれる文章は、一般には良い結果をもたらしません。

しかし、情報商材の宣伝文やレビューを見ると、こうした文章が非常に多いのが実情です。

特に、「うるさくてウザい文章」は顕著で、「!」を多用したり、大げさに誇張したりする文章が目立ちます。

これらの文章は、本来の意図と異なる印象を与えてしまうことがあります。

著者自身は、意図的にうるさいやウザい文章を書こうとしているわけではないかもしれませんが、客観的に見ると、それらはしつこく感じられます。

そして、伝わらない文章は結局売れない理由につながります。

文章における売り込みは、押し付けがましく感じられると、読者に受け入れられにくくなります。

文章制作では相手の反応を見ることが難しいため、メッセージは一方的になりがちです。

 

文章でのセールスにおいて大切なこと

文章で商品を売り込む際、対面でのセールスとは異なり、相手の反応をリアルタイムで見ることができません。

このため、文章でのセールスは相手の心と気持ちに対して注意を払いながら文を構成することが求められます。

読者がどんな感情や考えを抱いているかを常に意識し、そのニーズに合った言葉を選ぶ必要があります。

文章のメッセージは一方通行であっても、読者に対する配慮が行き届いている文章は、読者から適切な反応を引き出します。

わかりやすい文章は共感を生み、共感があってこそ商品は売れるのです。

読者の心情を理解し、共感を得る文章を書くことが重要であり、逆にわかりにくい文章からは共感を得ることが難しく、結果的に商品の売れ行きも鈍るでしょう。

商品を購入する際は、その商品が持つメリットを想像できるかどうかが重要です。

したがって、商品の購買意欲を喚起する文章を書く際には、読者の気持ちを考慮に入れながら、わかりやすくイメージしやすい内容を心がけるべきです。

このようにして反応を得る文章を書くと、商品の売れ行きにも大きな違いが現れるでしょう。

文章でのセールスにおいて、商品の魅力を伝えるには、その「強み」を3つの視点からアピールする方法が効果的です。

例えば、「売れない文章の法則」と反対に、「売れる文章の法則」として、特に商品の「強み」をより魅力的に伝える方法が重要です。

具体的な手法として、その「強み」を3つの視点からアプローチすることが挙げられます。

 

情報発信における大切な視点

結論から言うと、商品やサービスを宣伝する際には、以下の3つの視点を大切にすることが重要です。

まず、第一に、商品の客観的特徴を明確に示すこと。

次に、その商品が直接提供するメリットを伝えること。

そして最後に、その商品が将来的にもたらすメリットや可能性を示すことです。

一般的に、多くの情報商材やセールスレターは、商品の客観的特徴だけを列挙して終わりになっていることがほとんどです。

直接的メリットや将来的メリットといった視点が欠けているか、あるいは薄い状況にあることが多いです。

実際には、読者に最も訴えるのは将来的メリットであり、この点がより明確に伝わるほど、商品の売れ行きも伸びるでしょう。

このような視点を強化するだけで、あなたが書くコピーの反応は大きく変わることが期待できます。

つまり、商品やサービスの魅力を伝える際には、客観的特徴だけでなく、直接的なメリットや将来的な可能性に焦点を当てることが重要です。

商品やサービス自体が持つ価値や効果を明確に伝えることで、より多くの顧客を惹きつけることができるでしょう。

 

商品の強みを伝える文章の書き方とは

商品の魅力を伝える上で大切なのは、その商品の強みを理解し、それを効果的に表現することです。

つまり、ウザくならない文章、煩わしい文章、分かりづらい文章では、商品はなかなか売れません。

文章を通じて商品を宣伝する際には、実際に対面して商品を売り込むよりも、相手の心に訴えかけることが肝要です。

商品の強みを伝える際には、以下の3つの視点を意識すると良いでしょう。

まず、その商品の客観的特徴を明確に示すこと、次に、その特徴から生まれる直接的な利点を伝えること、最後に、将来的なメリットをアピールすることが重要です。

特に、将来的メリットを読者にイメージさせることが最も効果的です。

次回の講座では、商品の強みを伝える際のさらなるポイントについてお伝えしますので、お楽しみにしていてくださいね。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP