【文章の重要性】縦長のオプトインページ、セールスレターは古い?

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【文章の重要性】縦長のオプトインページ、セールスレターは古い?

縦長のセールスレターやオプトインページは時代遅れなのか。

最近、多くの方が「縦長のセールスレターは古い」と言われる傾向があります。

このような意見が出てくるのは、最近は動画を使用したプロモーションやセールスが増えてきたからです。

新しい方法が登場すると、それまでの方法が古いと言われることはよくあることです。

しかし、僕たちが追求しているコピーライティングというスキルが今後通用しなくなる可能性はあるのでしょうか。

今日はこのテーマについて考えてみたいと思います。

 

コピーライティングの有効性は今後も変わらないでしょう

将来、どんなプロモーション方法やセールススタイルが出現しようとも、コピーライティングというスキルはいつまでも重要であると考えられます。

なぜなら、コピーライティングは文章を通じて人々の心をつかみ、行動を促すスキルであり、その有用性は常に変わることがありません。

コピーライティングが通用しなくなるということは、つまり人々が文章から何も感じなくなるということを意味します。

しかし、文章が人の感情を揺さぶる限り、コピーライティングの重要性は失われることはありません。

また、プロモーションやセールス活動は、消費者心理に訴えかけるために情報を伝え、行動を促すことが目的です。

そのため、文章は情報伝達の重要な手段であり、これが使えなくなることは考えにくいでしょう。

コピーライティングが通用しなくなるということは、文による感情移入がなくなることを意味するため、小説や新聞、書籍などが廃れることに繋がります。

しかし、これは将来起こる可能性が低いと考えられます。

したがって、どんな新しいプロモーション手法やセールス戦略が登場しようとも、文章によるコピーライティングの重要性が薄れることはないでしょう。

 

コピーライティングの重要性と動画と文章の違いについて

文章による情報伝達は、読み手が感じる余地があります。

このため、コピーライティングは今後も有効であると考えられます。

最近は、縦長のオプトインページやセールスレターが古いと言われますが、情報商材のセールスではまだ有効な場合もあります。

プレゼンテーション動画が重視される中、文章による説明が省かれる傾向もありますが、どちらが有効かは作り方や見せ方によるものです。

動画か文章かによる情報伝達の違いは、伝える情報量に直結しないこともあります。

したがって、どちらが有効かは状況によって異なります。

 

プレゼンテーションにおける文章の重要性

プレゼンテーションを行う際には、文章の作り方や用い方、示し方が非常に重要です。

どちらかというと、プレゼンテーションを成功させるポイントは、どのように自分自身がプロモーションを行うかや、どんな商品にその手法が適しているか、自分が得意とする作成方法かにあります。

たとえば、観覧者を引き付けるためには、クオリティの高い文章を書くことや、読者の心をつかむ能力が必要です。

文章の方が労力やスキル的な面で優れていると考えます。

プロモーションやセールス動画を作成するには高度なスキルや技術が求められる一方、文章であればコピーライティングのスキルさえあれば、キーワードを使って文字を綴ることで表現できます。

プロモーションやセールス動画を作成する際、言葉を使って視聴者に訴求する力は非常に重要です。

文章と動画の両方で共通するスキルが必要となるでしょう。

例えば、「言葉で反応を誘い、行動につなげる」能力は、文章でも動画でも重要な要素です。

したがって、動画が主流になっても、伝統的な縦長のセールスレターが通用しなくなることは基本的にないでしょう。

どちらも情報を伝える手段の違いにすぎません。

そのため、コピーライティングや縦長のセールスレターが有効ではなくなることはなく、また、文章と動画のどちらが優れているとも一概に言えません。

縦長のオプトインページやセールスレターがもはや時代遅れなのか、そのようなテーマでコピーライティングに触れました。

是非、参考にしてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP