【情報弱者向けコピー】を見直して理想の表現に

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【情報弱者向けコピー】を見直して理想の表現に

情報弱者層へのコピー作成について

セールスレターやランディングページなどに記載するコピーは、受け手の反応を引き出すためには、そのターゲット層に合わせた内容を書くことが基本です。

しかし、ターゲットとなるお客様にも様々な段階があります。

たとえばアフィリエイト教材やオファーを対象とした場合、既存のアフィリエイターや興味のある人々を対象にすることが一般的です。

ただし、その中でも中級者以上を対象にするか、初心者のみに焦点を合わせるかによってコピーのスタイルは異なります。

さらに、情報商材を提供する場合は、お客様の「情報への免疫度」もコピーの内容に影響を与える要素のひとつです。

今日は、お客様の段階やレベルに応じたコピーについて話を進めていきます。

私たちは「情報弱者層にウケるコピー」を推奨することはありません。

言い換えると、ある意味「初心者全般」を指すこともできますが、初心者であっても「情報弱者層」には含まれない方もいらっしゃいます。

今回取り上げる「情報弱者層」とは、率直に申し上げると「低レベルでビジネスにおける意識が低い層」と言えるかもしれません。

具体的には、簡単にお金を稼ぎたがる欲求が高く、魅力的に見せかけた高額オファーに簡単に飛びついてしまう層を指します。

 

情報弱者層とは?情報起業家にとってのビジネスチャンス

あなたのブログやメルマガを積極的に読んでいる人は、おそらく初心者層ではなく、ビジネスや情報の本質を理解し、冷静に判断できる層に属していると思われます。

このような人々は一般的に「情報弱者層」とは呼ばれません。

一方で、残念ながら情報業界では、情報弱者層と呼ばれるグループの消費力が大きく、高額な情報商材などはこの層に支えられていることが多いのが実態です。

情報起業家たちは、情報弱者層をターゲットにし、彼らが魅力を感じるプランや教材を提供し、適切なプロモーションを展開しています。

なぜなら、情報弱者層は、効果的にお金を払い、楽をして稼ぐことに興味を持つ傾向があるため、彼らは起業家にとって取引がしやすい顧客層と言えるでしょう。

情報弱者層には、ネットビジネスやビジネスの本質を理解していない人々が多く含まれているため、質の高い教材やノウハウを求めることは少ないのが特徴です。

そのため、情報起業家は、商品を売ることに力を注ぐことでビジネスを成り立たせることができるのです。

 

情報弱者層をターゲットにする情報商材のコピーについて分析してみよう

最近、情報商材業界では、「情報弱者層」と呼ばれる人々を対象にしたビジネスが多く見られます。

こうした「情報弱者層」を惹きつけるコピーの書き方について考えてみましょう。

例えば、「初月から11,4380円の日当が簡単に稼げる方法」とか、「自動集金装置で楽に稼ぎ続ける方法」といった表現は、「情報弱者層」には効果的です。

実は、このようなコピーは私たちにとっては恥ずかしいものかもしれませんが、実際には「情報弱者層」には受け入れられています。

もしも「こんな胡散臭いコピーに反応するの?」と疑問を持ったなら、それはあなたが「情報弱者層」ではない可能性があると言えます。

では、なぜこのようなコピーが「情報弱者層」に効果的なのか、そうでない人にとってはなぜ胡散臭いと感じるのか、これについて分析していきたいと思います。

先ほどのような「胡散臭いコピー」は、コピーライティングを始めたばかりの人や、コピーを書く経験の少ない人にとっては意外と一般的なものです。

私自身、指導者として多くの人々のコピーを修正したり共同で作業を行ってきましたが、このようなコピーの傾向は非常によく見受けられます。

今日のレッスンは、このような人々をターゲットにしたものですが、まず「情報弱者層」が反応する要因と、そうでない人が冷めた目で見る要因は、それぞれのフレーズに確かな根拠があります。

例えば、11,4380円といった細かい数字を使ったコピーは、あなたも何度か見たことがあるかもしれません。

さらに、数字を細かく提示することによって効果を上げると主張するコピーライティング教材も存在していますが、これには私たちから見ると笑ってしまうような理屈があるかもしれません。

 

細かい数字が持つ効果と異なる読者の反応

「細かい数字を用いた情報は、何故情報弱者層に訴えるのか」という疑問がありますね。

実は、細かい数字を羅列することにより情報が信憑性を持つと感じる人が多いからなんです。

このような人たちは、あまり深く考えずに情報を受け入れてしまう傾向があるのです。

しかし、一方で冷静な目を持った読者は、逆に疑問を抱くことがあります。

「数字は具体的だけど、それが何を意味するのか?」と疑念を持つわけです。

つまり、情報に対して敏感な人は、細かい数字だけを提示されても、その情報の根拠や裏付けが不十分であると疑念を抱くことがあるのです。

このような考え方は、情報を深く理解しようとする人々の特徴です。

ですから、情報を広く受け入れたい場合は、根拠や裏付けを提示することが重要なのです。

情報弱者層をターゲットにする場合は、細かい数字だけを提示することでうまく情報を伝えることができます。

しかし、それ以外の読者の理解を得たい場合は、根拠や証明を提示することが必要です。

そうでなければ、逆効果になる可能性があります。

つまり、適当な数字を並べて信憑性を装う手法は、批判的な読者には通用しないのです。

そして、同様のパターンは他のフレーズにも見られます。

「簡単に稼げる方法」「ほったらかしで稼ぎ続けてくれる」「自動集金装置」といったフレーズも、情報弱者層には非常に魅力的に映るでしょう。

こうしたフレーズを用いることで、情報弱者層に訴える効果が期待できるのです。

 

コピーで使われる媚びたフレーズの問題点と、より魅力的なコピーを書くための考え方について

一部の人たちにとっては、販売者やライターが読者に対してただ口軽い言葉を並べているだけに見えるかもしれません。

そのため、なぜ完全に稼げるのか、なぜ放置していても収入を得られるのか、なぜ自動でお金が入ってくるのか、といった根拠や理由を明確に示さない限り、一般の人々は反応しづらいとされています。

反対に、根拠や理由を示すことで、読者が自ら考え、「引き出す」ことができるような内容を提供すれば、むしろウェブサイト等において「ほったらかし」などのフレーズを使わずとも、より効果的に読者の興味を引くことができるでしょう。

勧誘文に書かれた「これなら、自分でも簡単に稼げるかもしれない。」

「これって要するにほったらかしって事かもしれない。」

などのフレーズは、読者に何かを伝えるのではなく、考えさせることで、コンテンツに対する興味を引き出すために使用されます。

例え、コピーが「簡単」「ほったらかし」といった言葉で構成されていても、それ自体が“簡単”であるかもしれません。

ただし、ストレートにアピールしても反応するのは、真に情報を鵜呑みにする人々だけです。

そうではない層からも反応を引き出すためには、読者自身からそれらのフレーズを引き出せるようなコピーを書く必要があります。

一般的に、このようなアプローチができるコピーライターは、情報関連の業界では非常に稀な存在と言えるでしょう。

また、「情報弱者層」が反応するような「怪しいコピー」の分析や総括を行うことも大切です。

さらに、「禁断の」「魔法の」「秘密の」といったフレーズもよく使用されますが、これらは必ずしも効果的なフレーズとは限りません。

 

情報弱者層向けコピーの現状

最初に説明させていただきますが、"情報弱者層"というのは、あまり情報に詳しくない人たちを指す言葉です。

例えて言うならば、インターネットやビジネスの世界に詳しくない方々のことです。

さて、今回はその"情報弱者層"向けのコピーについて考えてみましょう。

通常、誰かが「これは禁断の秘訣です!」などと言われたとき、それが一体何を指しているのか、皆さまはどのように感じますか?多くの場合、それは信頼性に欠けるただの言葉の並びとして受け取られることがあります。

なぜなら、禁断とされるノウハウなのに公開されている理由が不明瞭だったり、情報提供者の信用性が疑わしい場合があるからです。

実際、このように考える方はたくさんおられるでしょう。

とくに、情報への知識が豊富な方々からは、そうしたコピーはただの空虚なものとして捉えられることもあります。

しかし、情報商材業界では、情報に疎い人たちが購買意欲が高い傾向にあるため、そのような内容でも売り上げが伸びることがあります。

しかし、近年ではそうした低品質なコピーに反応する層が減少傾向にあります。

かつては、即金を謳って「情報弱者層」をターゲットとしたコピーが多数見受けられましたが、今日ではほとんど見かけなくなりました。

同様に、高額な情報商材も次々にリリースされることが減少しています。

これには単純な理由があります。

つまり、情報を販売することで利益が見込めなくなってきているからです。

つまるところ、「情報弱者層」も次第に騙されることに慣れてきており、賢く情報を選ぶようになってきたということです。

このように、コピーに対する反応も変化してきているのです。

 

情報教育とコピーの重要性

最近、アフィリエイターの中には、「情報弱者層」向けの教材を批判する人や、「甘い認識を捨てろ」と本質的なことを指摘する人たちが増えています。

このような人たちが市場を教育する中で、情報弱者層が減少する傾向にあります。

その結果、以前は効果のあった「胡散臭いコピー」などは徐々に反応を得にくくなってきています。

しかし、まだその本質を理解していない偽のコピーライターやマーケッターは、自身のコピーが反応を得られなくなった原因に気づいていません。

彼らが書いていたのは単に「胡散臭いコピー」で、低レベルな人々に向けたものだったのです。

彼らは、時代の変化についていけず、収入を得る機会を失っていくことになるでしょう。

情報業界は常に世代交代が行われており、低いレベルの範囲ではこれまで何度も起こってきました。

しかし、ようやく高いレベルでの世代交代が始まりつつあり、その兆候が見えてきています。

もし、あなたがまだ「情報弱者層」をターゲットに安易なコピーを書いて収入を得たいと思うのであれば、それも自由です。

なお、現在でもそのような層が市場に存在しています。

ただし、そのような層に対して無理やり情報を売りつけようとすると、多くの場合、クレームが発生するでしょう。

なぜなら、コピーに問題があるだけでなく、購入者側にも問題があるからです。

稀に、一気に売り逃げするような高額な塾を提供し、低レベルな人々を標的にする商売を行っている例もあります。

しかし、私たちはそのような方針のビジネスには将来的なメリットを見出していません。

情報教育の重要性を理解し、適切なコピーとビジネス戦略を用いることが、持続可能なビジネスのために不可欠です。

 

コピーライティングの重要性と成功のために必要なスキル

もしも文章を書くのであれば、自分の言いたいことを伝えられて、そしてそれが長く人々に好評を得て売れ続けるようなコピーを書く方が、確かに建設的だと思いませんか?将来的に成功を収めるためには、そのようなアプローチが欠かせません。

実際には、それを実現するためには、本質的なコピーライティングのスキルを磨く必要があります。

もし、適切な方向性で反応を引き出せるコピーが書けなければ、情報起業家としても、アフィリエイターとしても成功するのは難しいでしょう。

ですので、この本質を理解し、正しいコピーライティングのスキルを習得しようとする人たちだけが、この旅に参加できると言っても過言ではありません。

皆さんも、この素晴らしい旅にぜひご一緒に参加いただければと思います。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP