【情報商材ビジネス】の稼げる未来は?

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【情報商材ビジネス】の稼げる未来は?

情報商材の将来性について

情報商材業界には興味があるけれど、今から参入して本当に稼げるのか、この市場にどの程度可能性があるのか、そういった疑問を抱える方も多いのではないでしょうか。

また、業界内では「情報商材業界はもはや収益を上げるのが難しい」といった噂も聞こえてきます。

そのため、今回は「情報商材市場」について、顕在市場と潜在市場の両方の視点から詳しくお話ししたいと思います。

結論から言うと、情報商材業界が完全に消滅することはないと僕は考えていますし、業界全体が収縮するという事態もほとんどないのではないかと思います。

なぜなら、情報商材が扱う商品が「情報」である以上、それ自体が需要として根強く存在するからです。

過去も現在もそして未来も、僕たちが生活していくうえで情報を必要としないという状況は考えにくいでしょう。

確かにインターネットの普及により、情報が簡単に入手できる時代になりましたが、その結果、情報が過剰に存在するという側面も否めません。

何が正しい情報であり、何が正しくない情報なのか、見極めることがますます困難になっていると感じています。

 

情報市場における価値と需要

近年、インターネット上で情報があふれる中、真実や本質を追求するために本当に価値のある情報が重要視されています。

このような背景から、「情報市場」において有益な情報や価値のある情報に対する需要が生まれ、それに伴い価値も付加されています。

情報を求める人々が支払いを続ける限り、それらの情報には確かな需要が存在し、市場も存在し続けます。

『情報』に対する需要が消失することは考えられず、この「情報市場」は不変の存在であると言えます。

例えば、書籍として販売される情報は小説からビジネス書、ハウツー本まで多岐にわたりますが、全ての情報が詰め込まれた商品だと言えます。

紙媒体の書籍と情報商材における違いは、出版形式と販売方法に過ぎず、本質的には「情報を商品化したもの」であるという共通点があります。

したがって、書店での書籍販売も、情報商材の販売も、情報を求める需要がある限り存続し続けるでしょう。

これらは、相互に補完し合うものであり、将来的には両者の境界が曖昧になり淘汰される可能性がありますが、情報そのものの価値や需要が失われることはないと考えられます。

 

情報商材業界の可能性と現状

要するに、将来でも「情報」という分野が消えることは考えにくいということです。

現在、「CDが陳腐化した」という時代においても、確かにデジタルダウンロードや動画サイトの普及によりCDの販売が減少したかもしれません。

しかし、音楽への需要そのものは変わらず、CDが売れなくなっただけで音楽の需要がなくなったわけではありません。

同様に、インターネットの普及が進んでも「本が売れなくなった」というニュースはあまり耳にしません。

現在でも何百万部売れる本が存在することから、言語によって情報をまとめた商品は今も変わらず需要があることがわかります。

情報商材とは何かというと、例え「ヒット商品」と言われるものであっても、売り上げはほぼ1万部ほどであり、情報商材業界の「顕在市場」は、本の市場に比べて小さい市場だと言えます。

ただし、情報商材も本と同じく、言語によって情報を提供するという点で同じ商品と言えます。

要するに、情報商材の「潜在市場」は本の市場であり、その区別がなくなれば、将来的には何十万部もの情報商材が売れる可能性があると考えられます。

ただ、本の場合、100万部を超えても印税は売上の5〜10%ほどしか得られません。

 

情報商材と書籍の収益性の比較

もしも100万部もの書籍が1000円で売れた場合、筆者は5千万円から1億円ほどしか受け取れません。

しかし、情報商材の場合はそのほぼ全額が筆者のもとに入ります。

つまり、1万円ほどの情報商材が1万本売れるだけで1億円になります。

仮に10万本も売れれば、5~10億円もの収益が筆者に入ることになります。

このように考えると、情報商材がどれだけ筆者にとって「おいしい」かが明白です。

しかし、売れ続ける情報商材とそうでない情報商材が存在します。

情報商材業界では、長期間にわたって人気が続く商品は数えるほどしかありません。

その主な理由は次の2つです。

・価格に見合わない内容で悪評を集めること

・情報の有用性が薄れることです。

一つ目の理由は、内容が貧弱なためにオンラインで悪評が拡散され、商品が注目されなくなることを指します。

これは情報商材に限らず、どんな商品でも言えることです。

評判の悪い商品は継続的な売り上げを期待することは難しく、口コミの影響力が大きいことを示しています。

多くの情報商材が価格に対して内容が不十分であり、その悪評が売り上げを阻害する傾向があるのも実情です。

また、二つ目の理由は一つ目の理由と関連していますが、情報商材の中には「一時的に価値のある情報」を提供するものが多く存在します。

当然、このような情報は長期的な需要を獲得することは難しいです。

情報の有益性が薄れれば、それに応じて売り上げも減少していくのは当然のことです。

 

情報商材の持続的な売れ行きを支える要因

反対の角度から考えると、長期間にわたって売れ続ける情報商材は、高い評価を受け続ける内容を持つ商品であり、さらにその情報の有用性が失われない商品であることです。

このような商品は、情報商材として長期間にわたって市場で成功を収めることができます。

 

情報商材の将来性について

情報商材の需要が今後も続くというのが僕の見解です。

情報への需要は今後も途切れることなく、その市場はまだまだ広がっていると考えられます。

したがって、インフォプレーナーやアフィリエイター、コピーライターとして活動する場合は、高い評価を得続ける商品や有効性のある情報を取り扱うことが重要です。

このような商品を扱うことで、長期的な利益を見込むことが可能です。

僕はこの視点から情報商材ビジネスを展開しており、これらの教材やマーケティングを参考にすることで、新たな気づきを得ることができるかもしれません。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP