【インプットとアウトプット】どちらを重視すべきか

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【インプットとアウトプット】どちらを重視すべきか

アウトプットを重視する理由

ネットビジネスにおいて、実力と結果は比例すると考えられるため、アウトプットを重視すべきです。

実力が高ければそれに見合った結果を得られるため、ネットビジネス業界は実力至上主義の市場と言えます。

時世を見る目や人脈なども含めた「実力」がビジネス成功の鍵となります。

 

ネットビジネスにおける実力と結果の関係性について

ネットビジネスの世界では、個人の能力が最重要視され、その能力に応じて結果が出せるという点が特徴です。

つまり、ここでは「実力が全ての業界」と言っても過言ではありません。

この業界においては、一般的に「実力はあるけれど稼げない」という人はほとんど存在しません。

収入を得られていないのは、単純に「実力が不足しているから」ということに尽きます。

しかし、その実力を活かすためにどれだけ積極的な行動を取るかは別問題であり、基本的には実力さえあれば結果を出せないということはありえません。

この点で、僕が個人の能力だけで莫大な収入を得続けているのは、まさに「実力と行動力」がしっかりと備わっているからだと言えます。

つい少し話がそれてしまいましたが、言いたいことは、ネットビジネスの世界が実力と結果が比例していく市場であるということです。

ここでは、「実力=結果」という関係性が成立しているのです。

そういった視点から見ると、今回のテーマである「インプットよりもアウトプットこそが重要」という結論が導き出されます。

例えば、コピーライティングスキルを向上させる際には、知識や理論をただ詰め込んでいくことよりも、実際に実践を重ねていくことが重要とされます。

僕自身も、文章のスキルを向上させるためには実践を積み重ねることが不可欠だと考えています。

 

実際の文章の作成において重要な要素

ブログやメルマガなどで読者を誘導し、自己ブランディングを行うための文章や、商品やサービスの成約を目指して書かれる文章は、何らかの成果を生むことを目指して真剣に取り組む必要があります。

この取り組みが重要である理由は、文章を創造するのは脳の働きであり、脳科学的な見地から考えると、脳の未使用部位は発達しないと言われています。

つまり、文章を生み出すプロセスを繰り返すことで、脳の文章作成領域が活性化され柔軟性が高まっていくのです。

脳も筋肉と同様に、反復練習によって活性化されなければ退化してしまい、活性化されればますます強靭になります。

このように、文章を作り出す脳は、文章作成を通じてのみ鍛えることができるのです。

同様に、スポーツの例えを挙げると、知識や理論をたくさん詰め込んでも、実際の実践によってホームランを打つことや速球を投げることはできません。

むしろ、知識や理論に頼らずに実践的な練習を繰り返し鍛えた選手の方が、成功する可能性が高くなります。

つまり、身体能力の向上は実践的な活動を通じてのみ可能であり、ビジネスにおける実践的なスキルも同様に、経験を積むことで感覚を身に付けていく必要があると言えます。

 

経験と実践を積み重ねることの重要性

僕は、単に「理論」を叩き込むだけでなく、その基になる「経験」と「実践」に時間をかけて取り組むことが重要だと考えています。

長期間にわたる継続的な実践は、脳を活性化させ、ビジネスにおける本質的な能力を向上させると信じています。

これがなぜ、インプットよりもアウトプットを重視するのか、その根拠です。

ただし、必要なのは単に「適切な理論のインプット」を行うことで、実践における「効率的なアウトプット」が可能になるようにすることです。

言い換えれば、バランスが大切なのです。

野球の理屈と同じく、「インプットだけ」では本物の“実力”は身につかず、「実力」をつけなければ業績を出すことはできません。

結局、結果を出すためには実力が必要であり、「稼ぐこと」よりも「実力をつけること」を意識すべきなのです。

一方で、ただ稼ぐことばかりを意識すると、望まない結果が出た時にモチベーションが下がり、逆効果になることもあります。

そのため、意識を「実力をつけること」に集中し、自らのスキルアップに努めることで、モチベーションを保つことができるでしょう。

 

実践的にスキルを高めて結果を得るためには

学びと経験を積み重ねることで、自己のスキルが向上することは、実感できるものです。

この自己スキルの向上を望む行動を、実際に実践し継続することができれば、結果は自然とついてくることがほとんどです。

特に、コピーライティングなどのスキルを中心に、ブログやメールマガジンなどのメディアを積極的に育てていくことで、スキルアップが期待でき、それに伴い結果も見えてくるでしょう。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP