【面白い記事】の必要性とコピーライティングのポイント

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【面白い記事】の必要性とコピーライティングのポイント

面白い記事を書く必要はない理由について

ブログを運営する際に、必ずしも「面白い記事」を書こうと努力する必要はありません。

実際に、ブログのコンサルティングを行うと、「どうやったら面白い記事を書けるか?」や「ブログを魅力的にする方法は?」といった相談を受けることがありますが、そのような努力は必要ありません。

なぜなら、ブログを面白くするためには必要条件ではないからです。

つまり、「ブログや記事を面白くしようとしなくても大丈夫ですよ」と最初に伝え、その理由やアドバイスを提供しています。

そこで重要なのは、どのような記事をブログに書くべきか、そしてなぜ面白い記事を書く必要がないのかを考えることです。

ブログにおいて「面白い記事」を書く必要がない理由は、以下の通りです。

・ブログを運営するうえで「面白い記事」を書こうとすることは具体性に欠け、曖昧です。

・ビジネス目的や営利目的でブログを運営している場合、単純な「面白さ」ではなく、テーマやジャンルに応じた信頼性や情報提供の重要性が求められます。

・訪問者は、自分が欲しい情報や役立つ情報を提供しているかを重視し、一般的な「面白さ」よりも情報の有益性を重要視します。

 

ブログを更新する際に大切なのは、訪問者のニーズを満たすこと

ブログを運営する上で重要なのは、読者のニーズを理解し、そのニーズに合った記事を提供することです。

例えば僕の場合、コピーライティングや文章に関する情報を求めている読者が多いと考えられます。

そのため、更新する記事は、役立つ情報や勉強になる情報を中心に据えることが必要です。

一般的に、「面白い」と感じる要素を求めてブログを訪れる読者には当てはまりません。

特定のテーマを持つブログには、そのテーマに関連したキーワードで検索して辿り着いたり、役立つ情報を提供しているからリピート訪問する人が多いでしょう。

そのため、記事を書く際には、「面白い」という点よりも、読者の役に立つ情報やタメになる情報を提供することに注力するべきです。

ブログの更新においては、訪問者のニーズを満たすことが何よりも重要です。

だからこそ、面白さよりも読者が求める「役立つ記事」や「タメになる記事」を書くことが肝要なのです。

 

記事作成における重要なポイント

実際に記事を執筆する際に意識するべき点は、訪問者のニーズに焦点を当てることです。

訪問者が満足する記事や役立つ情報を提供することが重要であり、それにフォーカスすることで問題はありません。

普遍的な「面白さ」を求める必要はなく、むしろ重視すべきはわかりやすさや読みやすさです。

記事を無理に「面白く」しようとすると、理解しにくくなる可能性もあります。

例えば、若者言葉や流行語を多用したり、アニメやドラマのキャラクターを引用すると、一部の読者には楽しい要素として受け入れられるかもしれませんが、他の読者には理解しにくくなってしまう可能性があります。

もちろん、特定の年齢層やターゲットを対象とする場合や、特定の読者にフォーカスする際は、その層に合ったわかりやすさを追求することは重要です。

そこに面白みやユニークさを加えることは問題ありません。

広く誰にでも理解される記事を書く場合には、面白さやユニークさが逆効果になることもあるため注意が必要です。

 

営利目的のブログを運営する上で大切な考え方

もし、特定のテーマに焦点を当てたビジネス用ブログを立ち上げることを考えているのであれば、 最も重要なのは、多くの読者にとって有益な情報を提供することです。

必死に面白おかしい記事を書こうとする前に、以下のことを徹底してください。

・ターゲットの要求に応える記事を書くこと

・ターゲットにとって実用的でためになる記事を書くこと

これらを実践できれば、自ずと、その範囲内で徹底されたブログは、 その特定のテーマを追い求める潜在顧客にとって「必要とされるブログ」に変わるはずです。

文章の中で「面白さ」「独自性」を追求することは、第二の段階であり、 その「大前提」をクリアしたうえで『一定の範囲内で意識することができれば良い』ということです。

ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP