【インターネット動画時代】における新たな視点:コピーライティングの可能性

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【インターネット動画時代】における新たな視点:コピーライティングの可能性

動画コンテンツの台頭とテキストの役割

今日は、インターネット上で動画コンテンツがますます主流となっている状況を考えてみましょう。

近年、多くの起業家やマーケッターたちが、「これからのインターネットは動画の時代だ」と口を揃えて言うようになっています。

確かに、インターネット上での情報発信において、動画の比率は以前よりも大きくなってきているのは事実です。

動画を使ったマーケティング活動が成功を収めた例も多くありますが、最近では消費者もより賢くなってきており、動画だけで何でも売れるという時代は過ぎ去っています。

それでも、動画マーケティングの効果は健在であり、今後も多くの起業家がこの手法を取り入れていくことが予想されます。

事実、インフォトップなどのASPでも、YouTubeなど動画プラットフォームを利用したビジネス関連の教材が継続的に売れ続けています。

しかし、このように動画が主流となる中で、現在インターネット上を占める大部分を占める「テキスト」というコンテンツの存在はどうなるのでしょうか。

 

動画とテキストの重要性について解説します

コピーライティングとは、商品やサービスを宣伝する際に使用する文章や広告の文案作成のスキルです。

しかし、このスキルの重要性が今後薄れていく可能性があるのではないかという疑問が浮かびます。

現在のインターネット業界において、動画とテキストの比重や、コピーライティングの将来について考察してみたいと思います。

まず、インターネット上の情報発信は、「動画」「音声」「テキスト」といった形式のいずれかを介して行われます。

これらは単なる情報の形態であり、情報発信者と受け手の間で情報が伝わる手段に過ぎません。

したがって、インターネットは情報発信のプラットフォームであり、情報は需要と供給に基づいて形作られていきます。

具体的には、受け手が求める情報の形式(テキスト、音声、動画)によって、情報の発信が適切に行われるべきです。

例えば、動画コンテンツの需要が高まれば、自然と動画での情報発信が増えていくでしょう。

これは、過去においても、ラジオやテレビが情報媒体として主流となった経緯と似ています。

しかしながら、全ての受け手が動画情報を求めるわけではありません。

現在でも新聞などのテキスト情報媒体は存在し続けています。

特に、テレビを主体とするメディアから、インターネットへ多くの人が移行していることも考慮すると、テキスト情報の需要がなくなることはありません。

つまり、インターネット業界においてコピーライティングの重要性が薄れる可能性はあるものの、テキスト情報が消滅することはないと考えられます。

需要と供給のバランスを意識しながら、適切な情報形式を提供していくことが重要です。

 

情報の形よりも情報の「利便性」が重要

もちろん、これはテキストであるか動画であるかという点以上に、インターネットの大きな利点は「必要な情報を手に入れる」という点にあります。

ただ、ひとつ言えることは「情報を取得する際に、人々は映像よりもテキストに基づいた情報を選ぶ傾向がある」ということです。

ユーザーが求めるのは情報の「形」ではなく「利便性」です。

つまり、インターネットユーザーが重視するのは、映像(動画)か活字(テキスト)かという情報の形ではなく、必要な情報を自由に取得できる「利便性」です。

では、その利便性に優れている情報の形は、動画かテキストか、あなたはどちらが良いと考えますか? これはきわめて重要な問題であり、単なるコピーライティングの持論ではありません。

大量の情報から的確な情報を引き出す能力において、動画よりもむしろ「テキスト」の方が適していると私は考えます。

特に、インターネットの検索機能はその点に特化しており、大量の情報を目で追う判断力が必要な場合においても、動画では受け手のペースで情報処理をすることが難しいのです。

一方、テキストならばある程度自分のペースで情報を処理することが可能です。

だからこそ、物事を「学ぶ」際には、動画よりもむしろ「テキスト」を重視する人が圧倒的に多いのです。

例えば、もしウィキペディアが全て動画だったらどうでしょうか?もし「辞書」が動画で構成されていたらどうでしょうか?それぞれにおいては、「面白さ」は異なるでしょうが、ウィキペディアのようなサイトであれば必要な情報を自由に検索し、抽出していく利便性が失われてしまうでしょう。

辞書においても同様のことが言え、聖書については想像力を絶する内容でも、もしそれがすべて「動画」だったら、単なる映像作品や映画として終わってしまったかもしれません。

 

テキストと動画における情報伝達の特性

昔、聖書は文字によって広められ、人々の想像力を刺激し、キリスト教の信仰を広めました。

文字による情報伝達の便益は重要で、動画よりも優れていると考えられます。

インターネットの時代において、動画コンテンツの需要が高まる中、文字情報の需要がなくなる可能性は低いでしょう。

情報を発信する側も同様で、文章と映像のどちらを使用するかは需要に関わる重要なポイントです。

僕は文章(テキスト)を選びます。

ビジネス的には、検索エンジンからのアクセス性が高まるからです。

個人的には、適切な情報を提供するのが簡単であるからです。

動画は作成に時間とコストがかかるため、テキストよりも効率的に情報を発信することが難しいと考えます。

また、インターネット上で動画の比率が増えるにつれ、動画の内容や意図を説明する「コピー」の重要性が高まると予想されます。

 

適切なコピーが動画の需要を左右する?

インターネット上での動画の需要が高まると、それに伴って「適切なコピー」の需要も高まると考えられます。

つまり、利用者がどの動画を選択するかや、自分の動画をどう魅力的にアピールするかといった点において、コピーライティングが重要な役割を果たすことがあるのです。

インターネット上の動画がますます普及する中で、コピーライターにとっても恐れるべき事態ではないと言えます。

情報の多様化や量が増えるにつれ、コピーライティングの重要性と可能性はさらに伸びていくと考えられます。

将来、動画を活用したマーケティングがますます重要視される中で、コピーライティングのスペシャリストも需要が高まるでしょう。

最先端であるためには、さまざまなスキルを取り入れるだけでは十分でなく、僕たちはいつもコピーライティングこそがあらゆるマーケティングスキルの「最先端」であると信じています。

次回もお楽しみに。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP