【語尾を使い分け】ですます調とだ/である調をどう使い分けるべきか

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【語尾を使い分け】ですます調とだ/である調をどう使い分けるべきか

文章を書く上での「口調」について詳しく解説します

文章を書く際に、一般的には「です・ます調」や「だ・である調」のどちらかを基本として使うことになりますが、どちらを使った方が良いのか、どう使い分けるべきかといった疑問や相談を受けることがあります。

ここでは、この2つの口調について詳しく解説していきます。

「です・ます調」と「だ・である調」の使い分けに関して、このブログでは基本的に「です・ます調」が使用されています。

これは、単純に「だ・である調」よりも「です・ます調」の方が、このようなブログ記事に適しているためです。

一般的な感覚では、「だ・である調」の文章はどうしても「堅い」という印象を与え、距離を感じさせてしまいます。

「です・ます調」は、口語とも近いため、読み手に親しみやすい感じを与えることができます。

これは、例えば「ブランディング」を図りたい場合や、読み手との距離感を縮めたい場合に適しています。

一方、「だ・である調」の文章は、どこか「上から目線」であったり、堅苦しい印象を与えることがあるため、一般的にはあまり親しみやすい印象を与えません。

例えば、初対面で「だ・である調」で話しかけてくる人はほとんどいないでしょう。

もし初対面の挨拶が「だ・である調」だったら、かなり違和感を覚えることでしょうし、そういった人には親しみを感じることは難しいでしょう。

 

文章の口調を考慮して理解を深めよう

要するに、文章を読む上で大切なのは、読者との距離感を考慮して親しい感じを与えることです。

これは文章の理解度や読者の反応にも大きな影響を与えます。

ですから、ブログや文章などで親しみを感じさせたい場合には、「です・ます調」が適切だと言えます。

逆に、客観的な事実を冷静に伝えたい場合などは、「だ・である調」が適しています。

書き手自身の背景や人物像を意識させたくない場合にも、「だ・である調」を使うことで適切です。

文章内で口調が安定していることは、読者にとっても安心感を与えます。

また、口調が不安定だと、読者はなじみづらくなり、文章全体の理解度が下がってしまいます。

文章を書く時には、「だ・である調」と「です・ます調」の使い分けが重要ですが、混在させると読者にとって違和感を与え、文章の信頼性が損なわれます。

ですから、一貫した口調で文章をまとめることが大切です。

口調が安定している文章は、読者に対しても安心感を提供し、より意図したメッセージを伝えることができます。

 

文章の口調を統一することの重要性について

もしも、文章を自分で書いた後、意図的に読み返してみる機会があれば、自分が書いた文章がどのような口調で書かれているかに気付くことができるはずです。

そして、文章内で口調が一貫していないと、読み手に違和感を与えてしまうことがあります。

例えば、ブログなどで記事を書く際には、文章の中で「です・ます調」を一貫して使うよう心がけることが重要です。

逆に、「だ・である調」と「です・ます調」が混在してしまう文章は避けるべきです。

これらの点に気を配ることは、ブログを始める際に特に重要ですので、是非注意してみてください。

以上が、文中での口調統一の重要性についてのお話でした。

是非、これらを参考にしていただければと思います。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP