【断言する文章】のポイントを押さえて効果的な表現を学ぶ

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【断言する文章】のポイントを押さえて効果的な表現を学ぶ

文章をより説得力のあるものにするための示唆

以前に取り上げた「【説得力のある文章】を書くための効果的な方法」というテーマにおいて、「文体から自信を感じさせる」という要素に焦点を当ててみました。

【説得力のある文章】を書くための効果的な方法   https://soshikika.com/writing/effective-methods-writing-persuasive-article/

具体的な方法としては、「曖昧な表現ではなく、断定的な表現を用いる」というアプローチを提案しました。

ここでは、「断定する際には必ず根拠を示すこと」や、「根拠のない断言や確たる根拠のない主張は避ける」といったポイントも重要であることを述べました。

これにもう一つ加えると、断言すべき内容とそうでない内容についての理解が広く共有されているようでされていないような状況が見られると感じましたので、この点についてさらに詳しく説明してみたいと思います。

断言するべき内容とそうでない内容を判別することは、説得力のある文章を構築する上できわめて重要であり、「自信を感じさせる文章」を作成するために不可欠です。

確かに、物事をはっきりと断言する姿勢は有効でありますが、根拠のない主張まで断言してしまうことは、文章全体に「不自然さ」をもたらすことがあります。

極端な例を挙げると、その主張が一方的で押しつけがましく、読者に対してまったく譲歩する余地のないものとなり、結果的に「説得力の欠如した文章」となってしまう可能性もあります。

では、具体的に、どのような主張が適切に断言されるべきであり、逆にどのような主張が断言するべきでないかについて考えてみましょう。

 

断言の適切性について詳しく解説

まず、断言が適切な主張というのは、自分の考えや意見に基づいてハッキリと主張することです。

たとえば、「私はラーメンを食べるでしょう」というように、自分の意見を明確に示すことが挙げられます。

しかし、この場合も注意が必要です。

なぜなら、その主張が自分の考えであることを読み手に理解してもらう必要があるからです。

文中で、「私の意見はラーメンを選ぶということだ」と明確に伝えないと、読み手に誤解を与えてしまう可能性があります。

それに対して、断言が不適切な主張とは、読み手が理解している客観的事実でないことや、読み手の認識や考えを元に主張することを指します。

たとえば、どちらが食べやすいかは個人の好みによるので、一般論として「ラーメンを食べるべき」とするのは不適切です。

客観的事実ではなく個人の意見や考え方を主張する場合は、断言が不適切と言えるでしょう。

 

断言する際には自分の意見であることを明確に伝える必要がある

この文章では、「私は」という一文が省略されることにより、読み手がその主張が著者自身の意見であることを明確に理解できない可能性があります。

このような場合、文章が他者に対して当たり障りのない一般的な事柄を断言しているように誤解されるおそれがあります。

これは、読み手の立場や認識、また正解のない事柄や一般論など、断言を避けるべき点において問題が生じる可能性があります。

つまり、自分の意見や主張を述べる際には、それが著者個人のものであることを明確に示すことが重要です。

単に「自分は」という一文が欠落するだけでも、文章は読み手に対して押し付けがましい印象を与えることになります。

したがって、自らの見解を述べる際には、必ずそれが個人の考えであることを明示する重要性があります。

読者が著者の主張を正確に理解しやすくするよう、文章を慎重に推敲してみてください。

 

適切な主張には断言が必要?

言葉や文章において、自分の考えや意見に基づく主張や客観的事実を述べる際には、断言することが適切であるとされることがあります。

しかしながら、一方で「断言することが不自然な主張」も存在します。

この場合、他者の考えや認識を断言することは、しばしば単なる押しつけや決めつけと受け取られ、説得力を欠いたり反感を招いたりする可能性があります。

例えば、「あなたはラーメンが好きですよね」と断言された際、その根拠が不明確であったり自分の意志が尊重されないように感じるかもしれません。

人は、他者に押しつけられたり決めつけられたりすることに対して、一般的に反感を覚える傾向があります。

このように、主張や断言を行う際には、相手の立場や考えを考慮し、誠実なコミュニケーションが求められることがあります。

 

客観的事実を読み手に伝える際の注意点

もしそれが客観的な事実であっても、それを「事実」として認識していない読者が多い場合、その事実をただ主張するだけの文章は適切ではありません。

たとえば、一般的にピラニアは人を襲う肉食の魚として知られていますが、実際には人を襲った記録はないとされています。

そのため、「ピラニアは人を襲わない」と断言することは、多くの人にとって意外に感じられるでしょう。

このような場合、読者が持つ定着したイメージに合わせつつ、客観的事実を伝える文章の方が適切です。

サンマやヒラメも同様に、人を襲うイメージが一般的ではないため、読者に違和感を与える可能性があるからです。

こうした場合は、客観的事実と読者の認識のギャップを認識し、配慮した文体で情報を提供することが重要です。

読者が事実を認識できるよう注意深く伝えることで、誤解や違和感を回避できるでしょう。

 

正解のない主張に対する注意

もしも「ラーメンとカレーライスなら、ラーメンを選ぶでしょう」とか、「努力すれば必ず成功する」といった、絶対の答えがない命題に断言する主張をする場合、それは適切とは言えません。

未知の物事や一般的なトピックに関して人々が陥りがちなのが、「努力は報われる」というような論調です。

確かに、世間ではこのような言葉を耳にすることがあるでしょうが、そうした断定的な主張にすんなりと同意する人は言わば一般的ではないのです。

このような「努力は報われる」という言葉は、絶対の答えではないという見解があるかと思います。

だからこそ、根拠もなく確かな事実のように語る文章は、読者から不快感を招くことがあるでしょう。

ですから、このような主張をする際は、自身の立場を読者に認識させる文章にすべきです。

具体的には、前提として自らの立場を示す文か、論点が一般論であることを前提とした文章のどちらかのスタイルが適しているでしょう。

以下は前述の例文に対するこの2つのアプローチに基づく修正例です。

(自身の意見として一般論を提示する文章)

まずは努力をお願いします。

私個人としては、努力は必ず報われると信じていますので。

(一般論を前提とした主張をする文章)

一般的にみて、努力は良い結果をもたらします。

そのため、まずは努力をしてください。

 

主張を慎重に表現する重要性について

文章を書く際には、主張を表現する際に注意が必要です。

自身の意見や一般論を述べる際に、それがあくまでも個人の見解や広く言われている考えであることを読者に伝えることが重要です。

なぜなら、断言的で根拠のない主張は読者に受け入れられず、共感を得られない可能性が高いからです。

断言すべき内容とそうでない内容、説得力のある文章を書く際には、必ずしも全てを断言する必要はないのです。

文章を書く際に慎重に表現することが必要なケースとしては、読者の考えや認識に合わないこと、多くの人が共有していない客観的な事実、明確な正解のない議論や一般論が考えられます。

一方、断言すべき内容は、自身の意見や意見を述べる際には適しており、読者の多くが共有している客観的事実を述べる際にも適しています。

説得力のある文章を書く際には、このようなポイントを意識することが重要です。

それぞれの主張や考えを明確に伝えるために、慎重な表現を心がけることが望ましいです。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP