【松本人志に学ぶ】お笑いとコピーライティングの共通点

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【松本人志に学ぶ】お笑いとコピーライティングの共通点

ダウンタウン松本人志によるお笑い論とコピーライティングの関係について

僕は普段、仕事を途中で休憩することは滅多にありません。

仕事に取り組む際は一気に集中して取り組むことを重んじます。

ただ、その仕事中に、お気に入りの音楽を流しながら、モニターの片側でDVDを再生したりするなど、比較的新しい映画やドラマも見逃さずチェックしています。

つまり、仕事中でも自分の気分転換も同時進行で行っているのです。

この中でYouTube動画を見ていた際に、ダウンタウン松本人志の密着ドキュメントに出くわしました。

そこで、松本人志が自身の話芸やお笑いに関する考え方、さらにはコピーライターとしての興味深いアプローチについて話していたんです。

その名も、「ダウンタウン松本人志のお笑い論とコピーライティング」。

今日はこのテーマについてお話ししたいと思います。

実際、その動画はNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で放送されており、他局の「すべらない話」を取り上げた際に、松本人志が「話芸」というものについて熱く語っていました。

彼は、話術で人を笑わせる際に、まるでトランプのカードを並べるようなものだと表現していました。

つまり、どのような順序で話を展開し、カードを次々に切っていくか。

どこで重要なカードを止めておくべきか。

そしていつ、どこでそれらの重要なカードを出すべきか。

一つの話にはさまざまな「カード」があり、その「順番」や意図的に隠すべきカード、そしてカードを出すタイミングが非常に重要だと、松本人志は自身の話芸をそうした視点から自己分析していたのです。

時には戦略的に、重要なカードを最初にさらけ出してみたり、予想もつかないタイミングで切り出したりすることもあると語っていました。

 

コピーライティングとお笑い論

松本人志さんのお笑い論は、コピーライティングにも関連があると考えられます。

セールスレターであろうとメールマガジンであろうと、人々に「影響」を与え、「反応」を引き出す文章には、まさに松本人志さんが語る「七並べ論」がぴったり当てはまるのです。

セールスレターなどを作成する際の感覚は、まるで将棋と似ています。

松本人志さんのお笑い論と非常に近しいものであり、お笑いの話芸とコピーライティングには、言葉で人々を反応させるという共通点があるからこそ、その「ロジック」も共通しているのです。

コピーライティングと将棋の理論を結びつける点は、将棋のルールを知らない方には少々わかりにくいかもしれませんが、人々を最終的に「反応」させて「行動」させるコピーは、常に自らの話の流れに合わせて「最善の一手」にあたる適切なプレゼンテーションを行う必要があるのです。

商品を売り込むためのコピーの場合、商品の特性や強みをどのような流れやタイミングで伝え、どのように話していくか。

このプレゼンテーションの1つ1つを文章としてどのような順序で伝えていくかが、コピーライティングの本質であり、その文章の流れの中にはいつも「最善の一文」が存在します。

その最善の一文を見つけ、適切な文章に仕上げることが、コピーライターの力量だと考えております。

コピーライティングを「将棋」と例えたのは、商品を売り込むという目的にとらわれるのではなく、初めからその目的に縛られずに文章を作成していくことが重要であるためです。

商品を売り込むためには、その商品を最適にアピールする文を作成することが重要であり、そのためには緻密な構成や語り口を考えることが欠かせません。

 

コピーライティングと将棋:効果的な戦略の共通点

将棋とコピーライティングには、意外と共通点があるんですよ。

将棋では勝利のために敵の王を取ることが目的ですが、ただ全ての駒を王に向かわせていてもうまくいかないんですよね。

敵の陣形を崩し、他の駒を取っていく必要があるんです。

同じように、コピーライティングも売り込むことだけを考えて文章を書いても、最終的な目的である商品を売り込むことができないんです。

読者が知りたいことや興味を持つこと、疑問や不安を推察しながら、適切な言葉を選んで文章を構築するスキルが重要なんです。

さらに、セールスのための文章も同様で、読者が新たな興味や疑問を持つたびに、それに対応して文章を継続していかなければなりません。

将棋と同様、コピーライティングも戦略的なアプローチが必要なんですね。

もちろん、将棋が苦手な方にはオセロのような例えも使えます。

オセロも勝利にはポイントがありますが、ただたくさんの石をひっくり返していても勝てません。

要は、どちらも最終的な目標に向かって、戦略的に行動することが重要なんですね。

 

松本人志とコピーライティング将棋の共通点

お笑い芸人である松本人志の「お笑い七並べ論」と、コピーライティング将棋理論は、話の展開において共通点があります。

言える共通点として挙げられるのは、

1. 常に最適なポイントを押さえる話の順序

2. その重要なポイントをいつ切り出すか

お笑いは観客を笑わせるための話術であり、コピーライティングは読者に行動を起こさせる文章術であると言えます。

どちらも対象が「人」である以上、最適なプロセスを通すためには共通点が存在します。

松本人志のファンや将棋好きの方にとって、この理論はそれぞれしっくりと理解できるものであったことでしょう。

次回もお楽しみに。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP