【ヘッドコピー】を学ぶ:興味の壁と読まない壁

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【ヘッドコピー】を学ぶ:興味の壁と読まない壁

ヘッドコピーの重要性とは

セールスレターやランディングページなどのオファーページでは、最初に来る見出し部分のことを「ヘッドコピー」といいます。

これは、ページを訪れる見込み客が最初に目にする部分であり、その内容によって、

1. 興味を持って続きを読み進めるか

2. 興味を持たずにページを離れるか

が決まります。

ヘッドコピーが読者の興味を引けなければ、その後のコンテンツも読まれず、結果として反応や成約につながらないことがあります。

ヘッドコピーはセールスレターやランディングページの成約率に直結する重要な要素であるため、訪問者の興味を引きつけることが必要です。

読者がコピーを注意深く読むように促すために、ヘッドコピーはその先に続くコピーへの関心を喚起する必要があります。

これは、ヘッドコピーが訪問者の読む意欲を引き出す重要な役割を果たしていることを示しています。

多くのコピーライティングに関する資料で言及されているように、ヘッドコピーは読者の興味を引きつけて続きを読ませる役割を果たすことが期待される一般的なフォーマットと言えます。

 

ヘッドコピー作成のポイント:訪問者の属性と段階に合わせたアプローチ

通常、ヘッドコピーは興味を引き出すための重要な要素とされますが、必ずしもそうとは限りません。

それは、訪問者が特定されたオファーページにどのような背景で訪れるかによって異なります。

訪問者の属性や意識段階によって、ヘッドコピーのアプローチが変わってくるのです。

訪問者の属性とは、どのような分野に興味を持っているかを指し、意識段階とは、その訪問者がどの程度その分野について認識しているかを示します。

これらの要素は、ヘッドコピーだけでなく、オファーページ全体の構成や内容にも影響を与えます。

しかし、実際にセールスレターやオプトインページを作成している人々の多くは、訪問者の属性にフォーカスし、意識段階をあまり意識していない傾向があります。

そのため、単純に興味を引くことに重点を置いたヘッドコピーが頻繁に見られます。

訪問者の意識段階に沿ったコピーを作成することが重要です。

訪問者がどのような意識段階にあるのかを正しく把握し、それに合った情報やアプローチを考えることが、成功したヘッドコピーを作成する秘訣なのです。

 

訪問者の意識段階とは何を指すのか詳しく解説します

「訪問者の意識段階」とは、訪問者が特定のオファーに対してどれだけの興味を持っているかや、そのオファーを提示している提案者(あなた)にどれだけの関心を抱いているかといった、「事前段階の興味レベル」や「関心度」を指します。

言い換えると、訪問者がそのサイトを訪れる前の段階で持っている興味や関心の程度を指します。

通常、訪問者の意識段階が低い場合、つまり興味や関心がほとんどない状態であれば、ヘッドコピーを使って読者の関心を引き出し、続きを読んでもらうために工夫することが有効です。

これは、マーケティングの基本的な考え方であり、訪問者が検索エンジンやSNS、外部サイトなどを通じてサイトに訪れる場合、その意識段階が高いとは限らないため、オファーに対する興味を引き出す工夫や読者の意識を引き出し、続きを読ませるための工夫が必要です。

ただし、もし訪問者にすでに一定の興味や関心がある場合、特にヘッドコピーにおいて上記のような工夫をする必要はありません。

つまり、訪問者をオファーページに誘導する段階で既に興味や関心を引き出せている場合は、細かい工夫をする必要はないと言えます。

マーケティングコピーの重要性

集客を考える際に、十分な事前情報を提供しており興味を持ってアクセスしてくる見込み客に対しては、「興味の壁」や「読む意識」を超える必要がなく、より具体的なニーズに焦点を当てることが重要です。

見込み客が何を求め、何を知りたがっているかを考えながら、その時点でのニーズや関心を的確に伝えることが求められます。

つまり、興味を引くためのコピーを作る必要はなく、オファーと見込み客のニーズの合致やオファーの満たすべきニーズを明確に示すことが重要です。

したがって、事前の情報提供や教育を経た見込み客には、「求めていること」「知りたいこと」に焦点を当てたコピーを提示することで、反応を引き出すことが可能です。

興味や関心を引くよりも、見込み客のニーズを満たすことにフォーカスしたコピーが効果的なのです。

 

フォーマット化されたヘッドコピーの凝り固まった形について

ヘッドコピーは、読者の興味を引きつけ、続きを読んでもらうためのものです。

凝り固まった形でフォーマット化されたヘッドコピーは、必ずしも効果的であるとは限らないことを強調しました。

この視点を考慮していただければと思います。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP