【キャッチコピー】と【文章】の違いを感覚と論理から学ぶ

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【キャッチコピー】と【文章】の違いを感覚と論理から学ぶ

キャッチコピーと文章の違いとは

コピーライティングとは、主に二つのスキルに分けることができます。

一つは感覚的な興味や関心を引き出すための「コピー」を作るスキルであり、もう一つは論理的な納得や共感を生むための「文章」を書くスキルです。

広告のキャッチコピーやLPのヘッドコピーなどは、前者である「コピーを作るスキル」が重要とされます。

一方、ブログ記事やセールスレターなどの文章は後者である「文章を書くスキル」が必要です。

ネットビジネスの世界では、主に後者のスキルが活用されることが多く、このブログでも後者のスキルに焦点を当てています。

しかし、この二つのスキルの重要性について考えると、どちらも同じくらいの重要性があると言えます。

ただし、どちらかが活用される頻度が高いということと、そのスキルが重要であるということは必ずしも比例しないことも理解しておく必要があります。

論理的な文章をしっかりと読ませるためには、読む側の意識を引き出すことが欠かせません。

読む意識を引き出すためには、まずは興味や関心を抱かせることが必要であり、その後に論理的な説得力を持った文章を書くことができるのです。

 

文章の効果的な伝え方の重要性

お話の内容や文章を相手に伝える際に、相手の興味や関心を引き出すことは非常に大切です。

そのためには、最初に使う「コピー」という手法が欠かせません。

先ほどの話を聞いていただくためには、まずは相手に興味や関心を持たせることが不可欠です。

LPやセールスレターなどで言えば、最初に相手の興味を引かなければ、その後のメッセージや文章は読まれないでしょう。

要するに、全ての内容や文章には相手が引き付けられる要素が必要であり、その要素を作るためには「感覚的に興味や関心を引き出すコピーを作るスキル」が最初に必要となります。

「1」がなければ「2」も存在しないように、どんなに論理的で納得させる文章を書いても、最初に読んでもらえなければ意味がありません。

論理的な文章は、一つひとつの言葉に注意を払い、高い意識で読んでもらう必要があります。

そのため、その高い意識を作り出す上でも、相手の興味や関心を引くこと、感覚的なコピーを作るスキルが不可欠なのです。

共感や納得を引き出す論理的な文章を書くスキルと、興味や関心を引き出す感覚的なコピーを作るスキルは、使われる頻度には大きな差がありますが、どちらも同じくらいの重要性を持ち、不可欠なスキルであると言えます。

ただし、情報業界では論理的な文章を書く人や媒体が比較的多い一方で、感覚的なコピー(キャッチコピー)を上手く書けていない傾向が見られます。

 

コピーライティングにおける感覚的なコピーの重要性

論理的に考えて文章を整理し伝えることは、日常会話の中でもよく行われる行為です。

そのため、多くの人が比較的得意としており「書ける」と感じることが多いでしょう。

しかし、注意を引くために必要な「感覚的なコピー」は、コピーライティング特有のスキルであり、一般の日常会話の経験だけでは不十分です。

感覚的なコピーは、一般的に洋書の翻訳などで紹介されることがあり、その書き方が解説されています。

しかし、これらの書籍では主に広告コピーを対象としており、インターネット上のビジネスにおけるコピーとは異なる側面が存在します。

共通して活用できる原則はあるものの、広告コピーとインターネット上のコピーは、読み手の意識や受け取り方が異なるという根本的な相違があります。

そのため、一部のライターやアフィリエイターは、リアルな広告を主題とする書籍に基づいてキャッチコピーを作成することがあり、ネット上での反応を得られない結果となることがあります。

この業界においては、ネット上のコピーにおける感覚的なスキルが不足している傾向があり、業界全体でその低さが問題視されています。

 

コピーライティングの重要性と役割について

コピーライティングとは、興味や関心を感覚的に引き出すための「コピー」を作成するスキルと、納得や共感を論理的に引き出すための「文章」を書くスキルのことです。

コピーライティングのスキルを大きく分類すると、この2つの要素に分類されます。

「LPやセールスレターの反応が思ったように上がらない」

「ブログにアクセスが集まらない」

「メールマガジンの開封率が低い」

「X(旧Twitter)の反応が鈍い」

このような悩みを抱えている人は、興味や関心を感覚的に引き出すコピーが上手く書けていない可能性があります。

訪問者や読者の反応を引き出すのは、まず興味や関心を喚起することから始まります。

そのため、コピーを書く際には、この段階における「興味や関心を感覚的に引き出す」スキルが欠かせません。

コピーライティングにはさまざまなスキルが必要ですので、自分のライティングスキルに不足している部分を見極め、どのスキルが不足しているのかを考え、それを補うために学びを深めることが重要です。

このような学びを通じて、効果的なコピーを書くためのスキルを磨いていきましょう。

当ブログでは、コピーライティングに必要なスキルを補うための講座や情報が提供されていますので、ぜひ参考にしてください。

以上、コピーライティングのスキルについて論理的な文章と感覚的なコピーの両面から考えてみました。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP