【メールマガジン】の効果的な配信頻度

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【メールマガジン】の効果的な配信頻度

メールマガジンの読まれる最適な配信頻度とは

メールマガジンを効果的に読まれるためには、配信頻度(つまりメールを送る頻度)をどのように設定するかが重要です。

送りすぎると受け取る側が疲れてしまい、送りすぎないと情報が足りないと感じるかもしれませんが、適切なバランスを見つけることが大切です。

一般的な配信頻度は、以下のようなものが考えられます。

1. 毎日複数通のメールを送る人

2. 1日1通のメールを欠かさず送る人

3. 週に1通程度のメールを送る人

4. 1カ月に1通以下のメールを送る人

しかし、絶対的な「正解」は存在しません。

受け取る側の立場から考えると、どの程度の頻度が読みやすいか、どの程度がちょうどいいか、逆にどの程度だと疲れてしまうかなど、受け取る人の感覚に合わせて配信頻度を選定することが重要です。

ただし、配信頻度以上に重要なのは、実際にそのメールマガジンの質や内容です。

受け取った側がそのメールマガジンに興味を持ち、反応するかどうかは、送られてくるメールの中身や、その情報の魅力による部分が大きいでしょう。

ですから、「どれくらいの頻度で送られてくるか」よりも、「どんな内容のメールマガジンなのか」が、最終的な「反応」につながるキーとなるでしょう。

 

メールマガジンの質と配信頻度について

メールマガジンをお届けする際に大切なのは、その質と配信頻度のバランスです。

まず、購読者がそのメルマガを選択する際に重要な要素は、最初に受け取る段階での魅力的なオファーや提供されたコンテンツへの満足度です。

また、その後続くメルマガの面白さによるブランディングも重要な要素となります。

ブランド価値が高まっている場合、購読者はどんな配信頻度でも楽しみにして読むことでしょう。

しかし、ブランディングが確立されていても、面白みのないメルマガが続くと購読意欲は低下し、やがては読まなくなってしまいます。

配信頻度が高いか低いかよりも、メルマガの内容の面白さが重要です。

面白ければ継続して読み、つまらなければスルーされるというのが基本です。

したがって、メールマガジンを配信する際には、「頻度よりも質を重視すること」そして「質を保てる頻度で配信すること」が重要です。

配信頻度を上げて内容が薄くなるのは避けるべきです。

質が低下すれば反応も下がりますので、配信頻度よりも質を重視して内容を作成してください。

最適な配信頻度は、質を重視しつつ維持できる頻度です。

毎日送ることができる質の高いメルマガであれば、1日1通でも2通でも構いません。

しかし、質を維持することは容易なことではありません。

さらに、1日に多くのメールを送るのは、理由がない限りは避けるべきです。

 

メールマガジンの配信頻度を考える際のポイント

メルマガを送る際には、受け手の状況や生活リズムを考慮する必要があります。

通常、1日に複数通のメールが届くと、全てを目を通すことが難しい状況が生じる可能性があります。

そのため、メールマガジンの配信頻度は最大でも1日1通が適切だと考えられます。

たとえば、ステップメールを活用している場合も同様で、配信頻度は1日1通を超えないようにすることが重要です。

また、配信頻度が低くても質の高いコンテンツを提供することで、読者の反応に影響を与えることはありません。

一方で、メールを長期間送らない場合には、ブランディングが不十分な状態で読者に忘れられてしまう可能性も考えられます。

しかし、一定レベルでブランディングが確立されている場合には、読者を放置してもその存在を失うことはまずありません。

 

メールマガジンの理想的な配信頻度について

では、メールマガジンの配信頻度について、もう少し詳しくお話ししますね。

まず、オプトイン時から一定のブランディングを築く段階では、積極的にメールを送ることが大切です。

ただし、1日に何通も送るのは避けましょう。

この段階では1~2日に1通程度のペースでの配信が適しています。

ブランディングが少し進んだ後は、配信頻度を下げても問題ありません。

オプトインからブランディング構築までの段階では、「ステップメール」として用意した原稿を頻繁に送ることが効果的です。

一方、ブランディングができた後は、質を重視して自分のペースで配信していくことが重要です。

最適なメールマガジンの配信頻度は、結局「質」が重要です。

配信頻度にこだわり過ぎる必要はありません。

オプトイン初期段階では、定期的にメールを送ることで受け手に記憶してもらうことが大切です。

その後は、質を重視していきましょう。

メールマガジンの配信頻度は、DRMを考慮したり、ブランディングを重視する場合には適切な方法です。

ぜひ、これらを参考にしていただければと思います。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP