【漫画(マンガ)のセールスレター】効果的なライティング

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【漫画(マンガ)のセールスレター】効果的なライティング

漫画形式のセールスレターの効果的な活用について

最近、受講生からとても興味深い質問をいただきましたので、その内容についてお話ししたいと思います。

「漫画で描かれた販売ページはどう思いますか?」という質問です。

漫画形式のセールスレターはわかりやすくて飽きがこないため、イメージがしやすいという利点があります。

ですが、実際にその効果や需要はどの程度なのでしょうか? 漫画形式のセールスレターを作成するためには、外注サイトでの依頼やライティング講座を受講するなどの方法がありますが、企業や起業家が実際に活用している場面も多く見受けられます。

ただ、それが消費者にどのような反応をもたらしているのか、きちんと評価されているかどうかは疑問です。

多くの起業家たちは、漫画形式を取り入れたセールスレターを「試しに入れてみた」という程度の感覚で使用しており、根拠に乏しいケースも少なくないように思われます。

漫画形式のセールスレターの有効性や効果について、きちんと検証された情報や意見が少ないのが現状です。

一般的に漫画形式のセールスレターは、局部的なポイントを漫画化する形式が多く、全体を漫画で構成することは珍しいと言えます。

新しい形のセールスレターとしての有用性を検討する際には、「全体をこの形式で表現した場合にどのような反応が得られるか」という視点が重要です。

セールスレター自体は、読者の興味を引きつけ、共感を得て、商品やサービスの魅力を伝えるものであるため、情報の発信が肝要です。

漫画形式を取り入れる際も、効果的な情報の伝達が行われることが求められます。

 

漫画形式の情報発信について考える

もしも、あらゆる情報発信の形を漫画に限定して、その反応を試みるという発想に至ったとき、その可能性について考えてみましょう。

例えば、情報を伝える手段として動画があるように、全ての情報を漫画で表現することで、それにより一定の反応が得られる可能性もあると思われます。

しかし、教育やセールスに関して漫画のみで成り立つのかは疑問が残ります。

教育やセールスにおいて、漫画だけのアプローチで成功するのは難しいと考えます。

漫画だけのセールスレターで商品を販売することは難しく、漫画での教育が可能であれば、すべてのビジネス書を漫画にすればよい、という意見もありますが、それは実現が難しいと言わざるを得ません。

極端な考え方かもしれませんが、本質的な有効性を追及するためには、異なる形式の情報発信が必要とされることもあるでしょう。

漫画形式のセールスレターが果たして有効な手段なのか、それを追求するには、漫画形式に適したストーリーテリングやコピーライティングを徹底的に研究し、実践する必要があると考えます。

しかし、そのような徹底的なアプローチを取っている人が現在の市場でどれだけ存在するのか疑問です。

そういった取り組みを行っている人は普通に漫画家として活躍しているのではないかと考えられます。

漫画の読みやすさや絵柄の好みなど、個人個人の好みが影響する要素が多いため、漫画形式が必ずしも全ての人に有効な解決策とは言えないと感じます。

 

セールスレターにおける漫画の使用について考える

僕は個人的に、セールスレターの中に漫画が登場すると、そのレベルでも全く読む気になれません。

なぜなら、セールスレターというとセールスのための漫画として捉えられてしまうからです。

僕は漫画自体は好きな方ですが、セールス目的の漫画が途中に出てきても、それを読もうという気持ちになれません。

そして何よりも、絵と文章が同時に与えられる漫画は、コピーライターにとって非常に重要なポイントである「読者の頭の中でイメージを作り出す」という作用が完全に失われてしまうことが大きな障害だと考えます。

なぜなら、イメージが無理やり押し付けられると、読者個々の想像力が損なわれてしまうからです。

時には効果がある場合もありますが、読者の想像力を刺激することで、より効果的なコピーになる可能性があると思います。

僕は、そうしたコピーを書いています。

そのため、漫画が下手に使われると、反応が確実に鈍ってしまうと考えます。

これらが、僕が漫画をセールスレターで使わない理由の一つです。

勘違いされがちですが、一概に「漫画入りセールスレターが反応を落とす」とは言えません。

ただし、その指標の一つになる可能性はあります。

漫画入りセールスレターの有効性について疑問を持つ方もいますが、好き嫌いや主観的感覚に左右される部分もあるかもしれません。

僕は漫画が入ったセールスレターは全く読む気にならないタイプです。

それでは、次回もお会いしましょう。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP