【ブログのターゲット、テーマ】の絞り方と最適化

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【ブログのターゲット、テーマ】の絞り方と最適化

ブログのテーマとターゲットの設定について

ブログを始める際、どのようなテーマを扱い、どのようなターゲット層に向けて情報を提供するかを考えることが重要です。

テーマとターゲットを設定する際には、大まかに2つの考え方があります。

1つ目は、テーマやジャンルを広げるか狭めるかという視点です。

一方で、特定のテーマやジャンルを決めた上で、その中のターゲット層を広げるか狭めるかという考え方もあります。

この2つの視点をもとに、私の立場からの結論として、「ジャンルの範囲はできるだけ狭め、ターゲット層の範囲はできるだけ広げるべき」と考えます。

つまり、ブログで扱うテーマは1つに絞り込み、その中で可能な限り多くのターゲット層をカバーするべきであるということです。

テーマを狭める理由としては、例えばダイエットとアフィリエイトなど複数のテーマを扱う場合、興味を持つターゲットはダイエットに興味がある人やアフィリエイトに興味がある人など両方の層になります。

しかし、どちらか一方のテーマに興味を持っている人でも興味を持ってもらえれば、ブログにアクセスしてもらう可能性があり、より幅広い層に訴求できると考えられます。

 

興味や関心は複数のテーマに分散されず、特定のジャンルに集中する傾向にある理由について

通常、人は複数のテーマの中で強い関心を持つことは稀であり、大抵の場合、1つのテーマに注力します。

一方で、人々はさまざまな情報に興味を持つ可能性がありますが、未知の人からの情報を受け取ることがあっても、複数のジャンルの情報や知識を積極的に取り入れる人は少数派です。

このように、複数のテーマに関心を持っているとしても、多くの場合、その中の1つに焦点を絞ります。

例えば、ある人はダイエット関連の情報に興味を持ち、別の人はアフィリエイト関連の情報に興味を持っているかもしれません。

このようにして、自分のブログに集まる読者は大まかに2つのカテゴリに分かれることになります。

このような視点から見た場合、見込み客の客層が分散することにはデメリットがあります。

例えば、僕が提唱している情報発信ビジネスでは、ブログを集客の手段とし、その後にDRM(Direct Response Marketing)を展開し、最終的にはメールマガジンに読者を誘導するという考え方があります。

ここで重要なのは、メールマガジンでの情報発信において、特定のテーマに興味を持つ読者がいる場合に、その興味を引く情報を提供することが必要です。

つまり、メールマガジンでダイエットについて言及すれば、ダイエットに興味がある読者が興味を持ちますが、アフィリエイトに興味を持つ読者にとっては興味深くない情報となります。

逆にアフィリエイトについて言及すれば、アフィリエイトに興味を持つ読者は興味を持ちますが、ダイエットに興味を持つ読者には退屈な内容になります。

つまり、どちらかのテーマを取り上げると、常に一部の読者が興味を持たずに退屈する可能性があるということです。

 

ブログにおけるテーマの選定とターゲットの広げ方

複数の分野にまたがる情報を1つのブログで提供する際には、それぞれの情報が受け取り手に適した形で発信されるべきです。

例えば、アフィリエイトに興味がある読者向けの情報とダイエットに興味がある読者向けの情報は、異なるオプトイン方法で誘導するべきです。

これにより、ブログの出口が複数になることから、入口も1つに絞る方が良いと考えます。

ブログのテーマを絞ることで、読者への誘導がスムーズになり、検索エンジンからの評価も高くなります。

複数のテーマを扱いたい場合は、複数のブログを立ち上げるか、1つのブログに1つのテーマを絞ることが望ましいです。

あなたがブログのテーマを「広げたい」と考える場合、その1つのテーマ内で広くターゲットを捉えていくことをお勧めします。

例えば、コピーライティングをテーマに選んだ場合、初心者にも上級者にも役立つ情報を提供することで、幅広い読者に価値を提供できます。

異なる層へのアプローチ方法をコンテンツ毎に考え、情報発信を行ってみてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP