【メルマガ教育・ブランディング】段階の重要性と注意点

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【メルマガ教育・ブランディング】段階の重要性と注意点

DRM講座: メルマガ教育・ブランディング段階で重要なポイント

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)において、ハウスリストを収集した後の「メルマガ教育」の段階では、ブランディングを強化していくことが重要です。

メルマガ教育は実質的には信頼関係の構築であり、マーケッターの力量が問われる局面です。

DRMの基本的な3段階は、集客(リスト収集)、教育(ブランディング)、販売(セールス)ですが、集客と販売は比較的情報が得やすい部分です。

一方で、教育(ブランディング)に関する情報は限られており、多くの人がこの段階で課題を抱えています。

これから、メルマガ教育・ブランディング段階で重要な事項について詳しく解説していきます。

僕自身、DRMコンサルやメルマガ原稿の添削を経験してきた中で気づいたことは、成功していないメールマガジンには次のような特徴が見られます。

それは、常に自社商品の売り込みに終始し、読者に提供されるメリットや学びが乏しい点です。

 

メルマガ教育における読者の期待に応える重要性

確かに、ダイレクトレスポンスマーケティングにおけるメルマガ教育は、将来のセールスを考えて実施されますが、それはただ単に商品の興味を引き立てるだけではありません。

読者の視点に立てば、ただ引っ張るようなタイトルで興味を引こうとするだけのメルマガは、いつまで続いても読者にとってつまらないものとなります。

読者がわざわざ登録するのは、おそらくそのメルマガを通じて何か有益な情報を得るためであり、その期待が登録の動機や理由となっているはずです。

したがって、メルマガ教育においてはまず、その期待に応えることが必要であり、その期待に応えることで信頼関係が築かれていきます。

最終的には、商品に対する興味を引き出すことも重要ですが、それはダイレクトレスポンスマーケティングにおけるセールスの段階で行うべきであり、教育やブランディングの段階ではありません。

まずは読者の期待に応えるために価値を提供する必要があり、メールマガジンを通じて提供できる価値は新たな気づきや学びなどです。

読者がその価値を自覚できる段階で、それが価値の認識に繋がることになります。

実際に価値のある情報を提供していても、読者がその価値を認識できなければ意味がありません。

 

メールマガジンを通じた教育における信頼構築の重要性

メールマガジンを使った教育の取り組みでは、読者が新しい学びや気づきを得られる具体的な情報を提供することや、その情報を通じて読者が得られるメリットについて明確に伝えることが重要です。

これにより、読者が提供された情報やメリットを理解しやすくし、読者側に自覚を持たせることで信頼関係が築かれます。

この信頼関係の積み重ねこそが、ブランディングにおいて欠かせない要素なのです。

メールマガジンの継続的な読者獲得において最も重要なのは、ただ興味を引くことではなく、各送信されるメールマガジンごとの読者満足度を向上させることです。

1通のメールマガジンで期待を超える満足度を提供することができれば、読者は自ずと次回のメルマガを楽しみに待つようになるでしょう。

もし興味を引くことが必要な場面があれば、その際には、前回の学びや気づきに基づいて、次に知るべき内容やテーマを事前に予告することで、読者の期待や興味を高めることができます。

そして、その期待や興味を次のメールマガジンで満たしていくことで、信頼関係が一層深まるのです。

これによって、信頼関係を築くことが、DRMにおけるブランディングにつながるのです。

興味を持ってもらいたい商品に関しては、実際のセールスの直前において興味を引くことはもちろん重要ですが、ブランディングが成功していれば、セールス活動も成功する可能性が高まります。

 

DRMにおける効果的なセールスのためのブランディングとリストの活用

むしろDRMにおいて、「セールス」の成果や反応は、大部分がブランディングの段階で既に決まっていると言っても過言ではありません。

つまり、売り込みの段階は最終的な一押しに過ぎません。

ですから、実際に売り上げを左右するのは、「メルマガ教育の段階でリストへの反応率を高めること」であると言えます。

もちろん、セールスの過程でのアプローチも重要ですが、成功を収めるためには、それよりも先にブランディングをしっかりと行うことが不可欠です。

しかし、多くの情報販売者やアフィリエイターは、「エセDRM」を行っており、ブランディングの段階からほぼセールスが開始されている傾向にあります。

このようなケースでは、常に売り込みばかりに力を注いでいるため、本来の成果を上げることが難しくなります。

したがって、ここでは「メルマガ教育の適切な方法」について注意を払い、読者に確かな「価値」を提供し、信頼関係を築いていくことが重要です。

DRMにおけるメルマガ教育やブランディングに関する詳細な流れについては、別の記事でも触れられていますので、ぜひ合わせてご参考にしていただければと思います。

【メルマガにおけるリスト教育】最適な進め方と重要なポイント

https://soshikika.com/writing/list-education-in-email-newsletters-optimal-progression-and-key-points/

要するに、DRMにおいてセールスを成功させるためには、適切なブランディングとリストの活用が欠かせないのです。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP