【オプトインページ/ランディングページ】の効果的な作成方法

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【オプトインページ/ランディングページ】の効果的な作成方法

オプトインページ/ランディングページの効果的な作成方法と重要なポイントについて

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を展開していく際に、リスト(お客様のメールアドレス)の収集は非常に重要です。

そのため、通常はメールマガジンなどへの登録を促すため、オプトインページ(ランディングページ)を作成します。

ただし、オプトインページ(ランディングページ)は単に「読者リスト(ハウスリスト)を収集するためのページ」という定義であり、必ずしも情報商材のセールスレターのように長いページである必要はありません。

実際に、WordPressや無料ブログなどの1つの投稿記事の中にメールマガジンへの「登録フォーム」を埋め込むことで、それ自体が効果的なオプトインページ(ランディングページ)となり得ます。

しかしながら、オプトインページ(ランディングページ)の本質的な「役割」と「目的」は、「そのページを介してメールマガジンの読者リストを拡大すること」と「訪問者にメールマガジンへのオプトイン登録を促すこと」に他なりません。

従って、これらの目標を達成しなければ、オプトインページの意味は薄れてしまいます。

そこで、今回の講座では、実際にオプトインページを作成する際に、どのようなオプトインページが最適かを詳しく説明していきます。

具体的にオプトインページ(ランディングページ)を作成する際に重要な点は、「どのような訪問者を対象としているのか」という、いわゆる見込み客(ターゲット)に関する前提です。

彼らのニーズや興味に合わせたオプトインページを作成することがポイントとなります。

 

マーケティング戦略に応じたオプトインページの構成

まず、今回お話しするのは、「オプトインページを作る上で考慮すべき見込み客の前提」という点です。

つまり、どのような人々をターゲットに設定するかや、どのような問題を抱えている人々をターゲットにするかといったオファーの提案には触れません。

この講座は、既にベースの前提が確立された状態で、例えば、フラットな見込み客が対象となるのか、あるいは既に興味を持った人が対象となるのか、といった前提が置かれている場合を考えています。

この「前提」によって、オプトインページの構成は大きく左右されます。

つまり、どのようなマーケティング戦略の元で、どのような見込み客をオプトインページに誘導するかが想定されているかによって、作るべきオプトインページの構造は異なってきます。

要するに、適切なオプトインページを作成するためには、そのオプトインページに見込み客を誘導するマーケティング戦略や、その戦略の中で見込み客を誘導する方法を考慮する必要があります。

これらの要素によって、オプトインページの適切な構成が変わるので、これらが明確に定義されていなければ、適切なオプトインページを作成することは難しいでしょう。

ただし、それほど複雑な話ではありません。

一般的には、外部サイトや広告を利用したマーケティング戦略と、自身で運営するブログやSNSなどを利用したマーケティング戦略の2つが基本になることが多く、前者の場合は、自然とフラットな見込み客がオプトインページに訪れる形になるでしょう。

 

オプトインページの作り方について

一方、もう一つのケースでは、既にSNSやブログを通じて興味を持った読者が、その興味の対象になるオプトインページを訪れることになるでしょう。

したがって、上記のマーケティング仮定に基づいた適切なオプトインページは、以下のようなアプローチが考えられます。

・第三者の外部サイトや広告を活用したマーケティング戦略 → 興味を持つ見込み客をターゲットにしたオプトインページを作成

・自らが管理するブログやSNSなどを使用したマーケティング戦略 → 既に興味を持っている読者が対象となるオプトインページを作成

このような観点が基本となります。

ただし、自分が運営しているブログやSNSを活用する場合には、次のようなアクションが考えられます。

・ブログの目立つ場所にオプトインページへの案内バナーを掲示

・SNSのプロフィールページなどにオプトインページへのリンクを掲載

これらはいわば「一見の顧客」を誘導する段階であり、結果として実質的には、ほぼ同格の訪問者が集まることになります。

そのため、このような「誘導戦略」を採用する際には、興味を持つ見込み客をターゲットにしたオプトインページを用意し、また、「自身のメディア内でどのように読者を誘導するか」という誘導戦略によって、オプトインページの作り方も異なることになります。

最初に、オプトインページにおける「集客前提」と「誘導前提」を明確にすることが重要です。

 

ブログ内のコンテンツを活用したメルマガ集客戦略について

おそらくお気づきかと思いますが、僕のブログでは、特定のマーケティング戦略を駆使しております。

まず、皆さんには多彩な内容をお楽しみいただいた上で、最終的にはメルマガにご登録いただくことを望んでおります。

そのため、「オプトインページへのリンク」を設置し、そのリンクを目に留めていただけるよう配慮しております。

例えば、ヘッダーやサイドバーの目立つ場所に「メルマガ登録はこちら!」といったバナーを配置すると、一見興味を持ってクリックする方が増えるかもしれませんが、その時点でクリックされる方々は主に「興味本位」である可能性が高いです。

彼らはブログ記事を読まずに直接移動してしまうため、僕が提供する情報やスタンスを理解する前にオプトインページに遷移します。

もちろん、そのような訪問者にも対応できるオプトインページを設けることで、彼らからの登録も可能です。

しかし、僕は自身のブログコンテンツに自信を持っているため、オプトインページでの新規リスト構築よりも「まずはブログ記事をしっかり読んでもらうことで、質の高いリストを形成する」という方針を取っております。

そのため、僕の戦略では、オプトインページへの誘導(集客)を図る際、オプトインページを長々としたセールスページのようにする必要はありません。

 

メールマガジンや無料講座のリンクについて考える

通常、メールマガジンや無料講座などのリンクは、目立たない場所に配置されていることが多いです。

しかし、実際にそのリンクをクリックしてオプトインページにたどり着いてくれる方は、すでに登録する意思を持っている可能性が高いです。

そのため、ブログ記事の中にそのまま登録フォームを掲載しておくだけで、十分にオプトインを得ることができるでしょう。

一般的に、セールスレターのような長いオプトインページは、外部サイトや広告を利用して集客を行う場合や、ブログのヘッダーやサイドバーにバナーを掲載する場合に必要です。

しかし、僕のような誘導戦略を取るブログでは、短い誘導文と登録フォームだけで役割を果たすことができます。

オプトインオファーやオプトインページを作成する際、長いセールスレターが必要だと思われている方もいますが、実際には集客の戦略によって異なります。

僕のブログの構成や戦略を参考にして、自分のオプトインページを最適化してみてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP