【オプトインページのメルマガ登録フォーム】の効果的な設置方法とポイント

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【オプトインページのメルマガ登録フォーム】の効果的な設置方法とポイント

オプトインページにメルマガ登録フォームをどう設置するか

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を展開する際には、顧客からのメールアドレスのリストを集めることが非常に重要です。

そのためには、通常はメールマガジンへの登録を促すための「オプトインページ(ランディングページ)」を作成します。

この段階でよくいただく質問が、「メルマガ登録フォームはどこに配置するべきか」「何箇所に設置すべきか」という「メルマガ登録フォームの設置」に関するものです。

そこで今回は、オプトインページ(ランディングページ)におけるメルマガ登録フォームの設置について詳しく説明させていただきます。

メルマガ登録フォームの設置基準は、実際に「フォーム」を設置する際に、そのオプトインページ全体の「構成」を考慮する必要があります。

大まかに分けると、以下の2つのタイプがあります。

1. ページをスクロールしない短いオプトインページ

この場合、通常はページ全体をスクロールする必要がないため、メルマガ登録フォームの設置場所や数について迷う余地はあまりありません。

最下部にフォームを配置するのが一般的です。

実質的に、オファーを構成するヘッダーコピーがページ全体のほぼすべてを占めることになるため、この位置にフォームを配置することで問題ないでしょう。

2. ページをスクロールして読む必要がある長いオプトインページ

ページをスクロールして読む必要がある場合は、フォームの設置場所についてはもう少し検討が必要です。

こういった場合は、読み進めるうちにフォームが現れるように配置すると、顧客が自然にフォームに目を通すことができます。

このように、オプトインページ内にメルマガ登録フォームを適切に配置することで、効果的なリストの収集を図ることができます。

 

オプトインページの構成における手短なページと長いページの使い分け

オプトインページを設計する際には、どの段階の見込み客に対してオプトインオファーを提示するのか、そしてどの程度の情報を提供してからオプトインを獲得したいのかという2つの視点から検討する必要があります。

最初の視点、つまり「どの段階の見込み客に提示するのか」という点では、まず、既にメルマガへの登録意欲が高い見込み客を対象とするオファーと、全く興味がない一般的な見込み客を対象とするオファーとがあります。

例えば、ブログやウェブサイトのヘッダーやサイドバーに掲載された「メールマガジンの登録はこちら」というリンクから訪れる見込み客は、既に登録意欲が高いと考えられます。

このような見込み客に対しては、オプトインページが短くても十分であり、オファーや説得はほとんど不要です。

一方、SNSや外部サイトの広告バナーなどを通じて、まったく興味のない一般的な見込み客を集める場合は、オプトインページで登録意欲を引き出す必要があります。

この場合、情報量が多い方がオファーの内容やメリットが伝わりやすくなるため、長めのオプトインページを構成することでオプトイン率を向上させることができます。

ただし、登録意欲が高い見込み客に対しても、「オプトイン前に伝えておきたいこと」がある場合は、その内容を適切に伝えるために長いオプトインページを作成することが必要です。

 

オプトインページとは?

オプトインページとは、ウェブサイト上で訪問者に自分のメールマガジンに登録してもらうためのページのことです。

このページは、メールマガジンの魅力や登録のメリットを伝え、訪問者に登録を促す役割を果たします。

言わば、オプトインページは訪問者がまだメールマガジンを購読していない段階で、登録に興味を持ってもらうためのページであり、そのためには十分な情報を提供し、登録への意欲を高める工夫が必要です。

例えば、長いオプトインページを作成して、その中でメールマガジンの魅力や登録の利点を伝えることが重要です。

オプトインページにおいては、登録フォームの配置も重要なポイントとなります。

訪問者に情報を提供し、その後に登録フォームを提示することで、登録や購読の意欲を高めることができます。

そのため、オプトインページでは、まず訪問者に十分な情報を提供し、全ての情報が伝わった後に登録フォームを提示することが効果的です。

一般的に、ヘッダー部分に最初の登録フォームを配置するようなオプトインページの構成がよく見られます。

訪問者が最初に目にする部分に登録フォームを配置することで、登録への導線がスムーズになり、効果的なオプトインページとなります。

 

オプトインページの構成における効果的な戦略

オプトインページを設計する際に、訪問者の種類に応じて戦略を立てることが重要です。

例えば、既にメルマガ登録意欲の高い訪問者や、そうでないフラットな訪問者が訪れる可能性がある場合、オプトインページのヘッダーに長いフォームを配置することで効果的な構成が可能です。

この戦略は、登録意欲の高い訪問者が簡単に登録できるようになり、登録意欲の低い訪問者はコンテンツを読み進める形になります。

つまり、オプトインページで登録フォームを配置する位置としては、伝えるべき情報を伝えた後に登録フォームを表示することが重要です。

さらに、全ての訪問者に読んでもらいたい内容と、特定の人に向けた内容がある場合は、まず全体的な内容を展開した後にフォームを表示し、その後に特定の内容を紹介する形が効果的です。

最終的には再びフォームを配置することで、訪問者が最も登録意欲を高めている段階でフォームが表示されるようにしましょう。

これにより、オプトインページの登録率や訪問者の精読率を向上させることができます。

訪問者の状況や動向を考慮した効果的なフォーム配置は、オプトインページの成功に欠かせない要素ですので、ぜひ工夫して取り入れてみてください。

 

オプトインページにおける登録意欲を高めるための情報やメッセージを追加しましょう

オプトインページに訪れたユーザーの中には、まだメルマガの登録を迷っている方もいらっしゃるかもしれません。

登録を迷っている方に対して、登録の意欲を高めるための情報やメッセージを用意しておくことが大切です。

例えば、「このメルマガに登録すると特別なプレゼントがもらえます」「最新のコンテンツ情報をいち早く受け取れます」など、魅力的な登録メリットを明確に伝えることで、未登録の方も興味を持ってくれる可能性があります。

オプトインページの改善に役立つ情報ですので、ぜひ参考にしてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP