【メールマガジン文章量の最適化】長さ、文字数の重要性

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【メールマガジン文章量の最適化】長さ、文字数の重要性

メールマガジンの効果的な文章量と長さについて考えてみよう

今回は、メールマガジンを作成する際の文章量や長さに焦点を当てて、詳しくご説明させていただきます。

メールマガジンとは、ブログと異なり、検索エンジン対策やSEO対策を考慮する必要がないのが特徴です。

ブログ記事はウェブ上で公開され、検索エンジンからのアクセスを集めることが主な目的となるため、キーワードの選定や文章量に一定の配慮が必要です。

しかし、メールマガジンでは、読者に直接届けることが重要です。

そのため、読者の反応を重視し、反応を最大化する文章を心掛けることが重要です。

メールマガジンを通じてDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を行い、読者を集め、情報を提供する場合の主な目的について解説します。

 

メールマガジンの効果的な文量について

メールマガジンを作成する際には、読者との信頼関係を築くためのブランディングや商品の売り込みを行うためのセールスのいずれかの目的を果たす必要があります。

その際、重要なのが読者の反応です。

では、メールマガジンの文章量はどれくらいが最適なのでしょうか?今日の講座ではこの点が重要視されます。

メールマガジンの最適な文章量は、その目的によって異なります。

ブランディングの場合は読者に価値ある情報を提供し、セールスの場合は読者に価値ある商品を提案します。

どちらの目的も、読者が内容に価値を感じることが重要であり、それが反応を生む要素となるのです。

つまり、読者に「価値の提供」「価値の提案」ができるか、そして読者がその価値を感じ取れるかが重要なのです。

話を聞いて価値を感じるかどうかは、最終的に話の内容が重要であり、話の長さがその評価を左右するわけではありません。

これはブログの記事やメールマガジンでも同様であり、内容に価値を感じるかどうかが重要で、文の長さは関係がないのです。

 

文章の「長さ」とその中身の関係について

文章の長さが重要な理由は、それに含まれる内容の価値を伝えるためには、それ相応の説得力や論理が必要であるからです。

文章が短くても十分に伝えられる情報や主張であれば、強引に長くする必要はありません。

しかし、読者を納得させるためには、論理的な展開や根拠、事例の提供が不可欠です。

そのため、一つの主張に対して理路整然と説明すると、文章は自ずと長くなっていくのです。

短い文章で深い理解を促すには、より洗練された表現や情報の提供が必要となります。

一方で、長文で読者を説得する場合は、より高い難易度が求められるでしょう。

ただ、読者の受け入れ容量には限界があるため、無理に情報を詰め込んだり長文化することは避けるべきです。

適切な長さで伝えることが、読者の理解を促し、反応を高めるポイントなのです。

 

情報を効果的に伝えるためのメールマガジンのコツ

もし話が非常に興味深く、「価値」を感じる内容であっても、膨大な時間を費やしてしゃべり続けると、聞き手は次第に「疲れ」や「飽き」を感じてしまいます。

たとえその話が自分にとって非常に価値のあるものだと思っていても、人は集中力には限界があります。

どんなに最後まで聞きたい話であっても、数時間も続けば、集中力は途切れてしまいます。

個人的には「メールマガジン」の場合、読むのを中断して休憩することもできますが、メールボックスに届いた1通のメールを後で再び読んで、全力で集中してもらう可能性は低いと思います。

非常に長文のメールマガジンを一時的に閉じる段階では、「後で続きを読もう」と決意していても、時間が経つと、未読のままになる可能性が高いです。

したがって、情報の伝達を効果的に行うためには、1通のメールに過剰な情報や文章を詰め込むのを避け、1つのテーマや情報を1通に絞って、コンテンツを提供することが重要です。

言い換えれば、そのメール1通で伝えたい「主題」を明確に定め、その一点だけを丁寧に伝え、次の展開は次回のメールに持ち越すようにしてください。

 

メールマガジンを活用する際のポイント

事実、メールマガジンは1通のメールを長文にする必要がなく、数時間後や数日後でもいつでもメールを送ることができます。

そのため、この特性を最大限に活かすことができるはずです。

1通のメールで伝えるべき内容は1つのテーマに絞るべきであり、セールスを目的とする場合でも、何度も直接情報を伝えることができるメールマガジンなので、1通のメールで教育とセールスを同時に行う必要はありません。

例えば、ウェブ上で訪問者を待つスタイルのセールスレターはその場ですぐに成約を取らなければならず、そのため、読者の興味を引くだけでなく、「商品の価値を理解してもらうための教育」も必要になることがあります。

その結果、セールスレターは非常に長くなる傾向があります。

一方、メールマガジンを通じて読者に商品を売り込む場合は、全ての情報を1通のメールに無理に詰め込む必要はありません。

むしろ、「教育」の段階と「セールス」の段階を分け、複数通のメールで段階を踏んで情報を提供する方が、反応が高まります。

適切な情報量で順を追って教育とセールスを進められるからです。

 

DRMの重要性とメールマガジンの講座

セールスの観点から見ても、DRMは非常に効果的な要素です。

そして、商品を販売する際に読者に情報を提供し、彼らを教育していくことが重要な流れです。

この流れを1通の手紙に凝縮したものが「セールスレター」ですね。

特にメールマガジンにおいては、「長さ」や「文章量」にこだわるよりも、その中身つまり「情報量」に焦点を当てるべきです。

1通のメールには1つのテーマや情報に集中し、連続して情報提供を行っていくことが重要です。

これこそがDRMのマーケティング戦略の本質であり、その目的を達成するためには、メールの回数と内容を通じて読者にアプローチしていくことが重要です。

メールマガジンは、情報を効果的に伝えるために適切な文章量を持つべきです。

あまり多くの情報を含めすぎると、文章が膨大になってしまいます。

たとえ1つのテーマに絞った場合でも、読者にしっかりと理解と納得を得るためには一定の文章量が必要です。

メディアとしてのメールマガジンの特性を最大限に活用し、ブランディングやセールスを成功させるために、今日の講座で学んだポイントをしっかり押さえてください。

以上が、文章量や長さに関するメールマガジン講座の要点でした。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP