【俯瞰】の視点を取り入れた効果的なコピーライティング

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【俯瞰】の視点を取り入れた効果的なコピーライティング

俯瞰的視点とは何を意味するのか

ウェブライティングやコピーライティングなどの文章作成においては、文章を読む人の心情や心理を理解し伝えるために、一般的な主観的視点や客観的視点とは異なる「俯瞰的視点」が重要とされます。

主観的な視点は書き手の意見や視点に基づき、客観的な視点は第三者の視点から物事を捉えますが、俯瞰的視点は全体を俯瞰して複数の視点から物事を捉えることを意味します。

例えば、商品のセールスコピーを作成する際には、主観的視点では自分が商品の良さを伝えたい気持ちで文章を書くかもしれませんし、客観的視点では単に商品の特徴を述べるような文章になるかもしれません。

しかし、俯瞰的視点では、読み手が商品をどのように見るか、どのような視点から興味を持つのかを考慮し、商品を多角的にアプローチする文章を書くことが大切なのです。

要するに、俯瞰的視点は読み手の視点に立ち、さまざまな角度から物事を捉えて伝える視点です。

主観的視点や客観的視点とは異なるこの俯瞰的視点を意識して文章を書くことで、より多くの読み手に訴求しやすくなると言えます。

 

多角的な視点と心情を持つことの重要性

この文章では、「客観的視点」とは一体どのようなものかについて詳しく説明されています。

ここでは、特定の個人の視点にこだわらず、あらゆる第3者の見方や捉え方を考慮することが「俯瞰的な視点」として提示されています。

この俯瞰的な視点は、ウェブライティングやコピーライティングにおいても重要であり、主観的な視点ではなく広い視野で文章を捉える必要があると説かれています。

例えば、ブログやメールマガジンの文章を書く際やセールスレターを作成する際には、読み手側の多様な心理や心情を想定し、それらを考慮した文章を書くことが不可欠です。

つまり、自分の立場や感情だけでなく、読む人全員を想定して伝えたいメッセージを文章に込めることが求められているのです。

それにより、より多くの人々に共感を呼び起こし、文章の理解や受容度を高めることが可能となります。

 

文章を書く際に読者の反応を考えることの重要性について

文章を書く際に、読者や見込み客が理解し納得してくれるようにするためには、その人たちが持つ疑問や不安を解消できるような文章を書くことが大切です。

これによって、訪問者や見込み客の反応を引き出すことができます。

そして、そのような文章を書くためには、読者側の心理や心情を広く捉える視点が必要です。

ただし、全ての人を対象にするのではなく、特定の人々、つまりターゲットや見込み客に焦点を当てる必要があります。

ブログやメルマガで情報を提供する場合やセールスコピーで商品を売り込む場合も同様で、ターゲットとなる人々の反応に焦点を当てる必要があります。

ターゲットとなる読者の心理や心情を俯瞰的に捉えることが必要ですが、これはその特定の人々にフォーカスすることを意味します。

したがって、ターゲットとなる読者の心理や心情を考慮しながら文章を書いていくためには、どのようなイメージで、どのようにアプローチしていくべきかを考える必要があります。

詳細なアプローチ方法や視点に関しては、別の記事で言及していますので、そちらもご参考にしてください。

読者の心理を俯瞰的に捉えながら文章を書く方法について解説しています。

【読者目線】を意識した文章の真理とは?

https://soshikika.com/writing/reader-perspective-truth/

是非、参考にしてみてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP